ドイツで働く!ビザ取得しても日本人が就職可能な求人は?【海外就職体験談】

いろいろな就職体験についてインタビューを取っている職×ストリート×ジャーナルだが、海外で働く日本人の働き方について、今回ドイツで働く日本人のWさんに偶然インタビューを取ることが出来たのでご紹介する。

Wさんはドイツ人の男性と結婚し、現在ドイツに住んでいる。Wさんはドイツのハンブルクにある、シアターを運営、ミュージカル公演、併設のレストランおよびバーの運営などを行っている会社で働いている。

ビザの取得条件とドイツで働く方法

「私はレストランの寿司職人として勤務しております。海外で働くって、夢があるようで聞こえはいいですが、仕事は限られます。

日本人がドイツの現地企業で働く場合のビザ取得条件は、基本的には仕事内容に関連する分野について『ドイツで』修了したかの証明が必要になります。たとえば日本でいくら写真家としての実績があっても、ドイツの写真科を修了していなければ未経験者として扱われます。

一方、日本人でなければならない職業と証明された場合は簡単にビザがもらえます。定番なのが『寿司レストラン』のスタッフです。結果、ドイツでの修了証明はない日本人の多くはココで働くことになります。

私の場合は配偶者がドイツ人ではじめから配偶者ビザを所有しておりますのでビザ取得の問題はないのですが、正社員で働く場合にはやはり“ドイツ”での修了証明が必要になります。

ドイツでは飲食業は一番底辺の仕事なので同僚も移民が多く、社内での見られ方は『下の方の人』という風だと思います。事業がら、ミュージカル関係者などに会うこともあるのですが、特にミュージカル俳優などは自分が世界の中心人物だと思って生きているような人が多いので、やはり差別感は感じてしまいます。」

就職活動時の面接はどんなふうでしたか?

「さきほどもお話ししましたが、ドイツでの就職にはドイツでの学歴が必要になります。唯一学歴が必要ないのが飲食業です。必然的に私のようにフラッとドイツにやってきた外国人は主に飲食業で働くことになります。

なので、ここで働きたい理由は『他に仕事がないのでしょうがなかった』というのが正しいです。雇用主(ドイツ人)とは就職時に面談がありましたが、正直に『他に仕事がないからやらせてください』と言いましたね。雇用主もそういう国の事情を知ってるので、と言っても快く受け入れてくれました。このあたりはドイツならではのように思います。」

仕事をしていた大変だったところは?

「ほとんどの同僚がやりがいもなく、ただただ生活のために仕方なく働いているような環境だったので、自分一人が気を吐いて頑張っても報われないというのが大変なところでした。

頑張れば頑張るほど同僚に『そんなにやっても給料上がるわけじゃないし、やめとけやめとけ!』と言われる始末です。

そんな状況の中、唯一やりがいと言えるのは自分に負けない力がついてきているということでしょうか。周りがどんなにダメでも自分だけは誰に見られても恥ずかしくないよう、やるべきことはやる、それだけは守り続けています。そもそも当たり前のことなのですが。」

残業時間・仕事に対する考え方について

「ドイツは残業にとても厳しい国ですので従業員の残業はありえません。なので社内の残業は月にゼロ時間ということになります。それどころか規定の時間もちゃんと働いていないというのが事実です。

同僚が移民ばかりだからかもしれませんが、とにかく隙あらばすぐにサボります。ドイツは真面目な国と聞いていたのですが、労働実態はさまざまな人種がおり、一概には言えないと思います。うちの職場については、サボりが多くて、実際に働いてびっくりしました。

わたしの周囲のドイツ人の働き方としても、まず彼らに会社のためという考えはありませんので、残業はしません。同じ理由により自分の担当以上のことはしません。会社のルールにあることだけを淡々とこなすのみです。毎年必ず3~4週間のバカンスをとりますし、病欠もお医者さんにお願いしてできるだけ多めに取得します。

日本人の場合であれば、まず否応なく会社のために残業をします。これは、周囲の目が気になると言う日本人の特徴によるものだとは思いますが。同じ理由により自分の担当以上のことを引きうけてしまいます。

もちろん、会社のルールにあることだけではなく、仕事の効率を上げるために良かれと思ったことなどがあれば自主的に行う人もいます。このような姿は欧米諸国から見るととても異様に映るようで、こちらの友人によく『日本人はどうしてそんなに仕事が好きなのか』『日本人はなんて真面目なんだ』と質問されます。大半の場合は、仕方なくやっているというのが日本人の本音のような気もしますが。」

年収・福利厚生などの待遇はどのようでしたか?

「わたしは40歳になりますが、年収は日本円で300万円くらいです。役職はもちろんありません。昇級については定期的に行われる社内面談で自己アピールをしてあげていきます。野球選手みたいですね。福利厚生については、主だったところではドイツ語習得のための語学学校日補助、年金、健康保険、年間24日の有給休暇といったところです。」

社内教育や研修などはありますか?

「会社の補助で料理学校に通うことができます。ただドイツ自体の料理のレベルはひどいもので、学校行こうが行くまいが大した差はないように思います。ドイツの料理は非常に大味で、繊細な味は理解できない方が多いように思います。

今思うのは、日本でいろいろ繊細な味を食べながら育って良かったなということですね。やはり食文化って大事です。お吸い物をお湯と言っちゃうドイツの料理人が何人いることか!」

評価制度や昇進について教えてください。

「年功序列か成果主義かについては完璧に成果主義です。歳だけとっても仕事ができない人は、いつまでたっても昇進せず、最初の待遇のままウロウロしています。若くても真面目に仕事に取り組み結果を残した人は昇進していきます。とはいえ飲食業自体が低所得者向けの職業なので、昇進してもそこまでよい待遇にはならないのですが。

なお、日本では新卒・中途の間で評価に差がある企業もあるかと思いますが、ドイツではまず、『新卒』という考えがあまりありません。おそらくこの考えはとても日本的なものだと思います。

社内の昇進コースにのるにはとにかく自己アピールに限ります。『私はこれだけ頑張っており、これだけ会社に貢献しているんだ』ということをことあるごとに上司に伝え、印象付けます。その積み重ねで上へ上へと昇っていきます。黙って黙々と仕事をするのはドイツでは何も仕事をしていないのと同じなのです。私は日本人だからか、いまだに自分を売り込むことに気が引けてしまうところはあります(笑)」

女性の待遇は日本とは違いますか?

「日本と違い、『女性の』待遇なんていう言葉が出ること自体が問題になるような国なので、女性の働きやすさについては問題ありません。育児休暇はみなさんとられるし、育児に関する周りの対応はとても優しいです。

女性の出世も男性と同等で、なんといっても首相が女性の国です!逆に出世の影響があった場合、その会社は法の裁きを受けることになると思います。大げさな表現ですが、よくアメリカなどで『マック食べ過ぎて病気になったから100億円賠償しろ!』といったようなダメ元の裁判を起こす人がいると聞きます。ドイツ人はそこまでメチャクチャはしませんが、かなりしっかり自己主張をします。しかも昇進について“育児休暇で差がつく”なんていう、会社側としても社会的に明らかに不利になるようなことをする企業は無いと思います。とにかく『人種、性、思想』に対しての差別は、ここドイツではご法度です。」

社内恋愛は問題になりますか?

「社内恋愛はOKです。恋愛に規制なんてない、好きになったもんはしょうがないじゃないか、というのがドイツ人の考えです。そのため勢いで付き合ってすぐ冷めるというパターンも非常に多いようです。ちなみにドイツの離婚率は50%を超えます。」

ドイツであなたの仕事をお勧めしますか?

「ドイツで飲食業をする場合、資格も学歴もいらないし、へんな話誰でもできるので気楽に働けるのがオススメポイントだと思います。向き不向きでいうと気楽に働きたい人にはオススメの職業です。

逆に上昇志向のある人には向かないと思います。とにかく飲食業はドイツでは下層の職業なので、尊敬もされないですし給料も安いです。全体的にあまりオススメできませんが、唯一、起業して自分のお店を持つのでしたらオススメできます。その場合は自分の頑張りが反映されるからです。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事