前澤給装工業株式会社の年収・昇給・仕事の評判【口コミ】

前澤給装工業株式会社は、水道用給水装置の製造メーカーで、給水装置業界ではその製品は日本でトップシェアを誇る。東証一部にも上場しており、東京都目黒区に本社をかまえる。

前澤給装工業株式会社でBさんは営業事務として勤務している。前澤給装工業株式会社は水道関連の専門メーカーであり、Bさんの所属部署の仕事内容は、埋設の水道メーター周りの継手や金具などの部材や、水道管(塩ビ、鋼管、鉄管、ステンレス管など)をつなぐ継手や補修部品などを商社へ卸すことだ。

sponsored link
「わたしの営業事務としての仕事内容は、受発注業務、見積書の作成、請求書・納品書の発行、電話対応、売上データの作成、与信確認、入金確認、営業資料の作成などです。一人あたり10社ほど担当の商社を受持ちます。各営業のアシスタント業務として上記仕事以外にもそれぞれ依頼された仕事があれば、幅広く行っています。」

Bさんに、その仕事のたいへんなところとやりがいを伺うと、
「業界自体がニッチな業界でしたので、製品知識をつけるのに時間がかかります。埋設の水道メーター周りの継手や水道管の部材など、身近でありながら、普段の生活でまず目に触れることはほとんどありません。よって、それらの扱うメーカーとして、商社からの問い合わせはきちんと対応しなければいけません。営業に丸投げすることはできず、営業は外回りで外出していることも多いので、その際の問い合わせの電話はすべてアシスタントが対応します。納期が間に合わないことや、誤註文などで、工事が滞ってしまい、すぐに部材が必要であるようなトラブルも多々発生します。工場や他メーカーや倉庫など様々な場所と連携、調整に苦労します。ただ、こちらの苦労や努力は必ず、信頼となって、営業やお客様との深い関係を築き、感謝されると、大きなやりがいを感じます。」とBさんは語る。

Bさんの残業時間は月に20時間~30時間ほどだ。そのうち、毎週水曜日はノー残業デーだそうだ。繁忙期は、おもに決算月(四半期決算)で、その時期に残業がどうしても多くなってしまうという。担当する商社の毎月の締め日が、それぞれ異なる(末日、15日、20日)そうで、そのタイミングで請求書を発行するため忙しくなるという。

Bさんの雇用形態は正社員の一般職で、年齢は29歳である。年収は320万ほどだ。なお、入社した23歳のころは、年収は300万円だったそうだ。

「ボーナスは、年に2回きちんと出ます。一般職の昇給は年功序列で微々たるものでしたが、きちんと上がっていきます。
なお、評価制度は総合職なのか、一般職なのかで、評価は変わってきます。総合職の場合は営業職なのでやはり結果重視です。とはいえ、古い会社なのでまだまだ縦割りの制度であり、結局のところは年功序列の部分もあると感じます。
私自身は、一般職であったので、評価は他の一般職(事務職)と大きく変わることはありません。与えらえた仕事を従順に、正確に迅速にこなしていくだけです。一般職のキャリアアップに関しては、数年に何回か提携している民間の教育機関で、安い価格でパソコンスキルアップや英会話や簿記など、基本的な事務に必要なコースを受講することができます。しかし、内容が薄いため、受講する人はあまりいませんでした。特に一般職に関してはキャリアアップというのは期待されていないかもしれません。
営業職は、相当成果を発揮すれば、評価されますが、通常は年功序列というように感じました。」

なお、女性の活躍について伺うと、Bさんは以下のように語る。
「女性は働きやすいですが、女性管理職の道は開けません。古い制度が残っており、あくまでも女性は事務のアシスタント業務というスタンスでした。相当、専門的な知識やスキルがなくては、出産後も復帰して働くことは難しいかもしれません。というか、私が在籍期間において、育休をとる方は皆無です。結婚、出産を機に退職というのが、通常で、そこに疑問や不満を感じる方もいません。」

最後に、Bさんに前澤給装工業株式会社への就職を他の方にお勧めするか伺った。
「他の方にお勧めします。良い点は、働いている人たちも、関わるお客様(商社)も会社自体も温かいからです。そして、努力や苦労は、仕事上の出世や給料で評価というより、人間関係の深まり、信頼関係の構築、やりがい、自己成長につながる部分があるからです。それは一過性のものではなく、不変的なものです。女性であれば、コツコツと縁の下の力持ちとして、誰かのサポートを頑張りたいという性格に合っていると思います。私はそうでしたので、おすすめします。しかし、向上心がとても高い方、出世して女性管理職として、生涯男性と方を並べてバリバリ仕事をしたい方はあわないかもしれません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事