株式会社JTBパブリッシングの28歳総合職の採用後の年収・仕事評判は?【就職・転職口コミ】

旅行
サービスのクオリティが高い分、取り扱う商品価格もやや高めとされる旅行会社のJTBグループ。JTBグループは、海外旅行ではルックJTB、国内旅行ではエースJTBなどのパッケージツアーを提供する旅行業の他に、グループ会社である株式会社JTBパブリッシングから「るるぶ」などの旅行雑誌を出版する出版業などの事業も展開している。

別途、JTBグループ会社の社員の方々の記事を以下でご紹介しているが、今回は株式会社JTBパブリッシングの制作担当、Rさんに就職評判についてお伺いすることが出来た。

▼株式会社JTB首都圏のコールセンターで勤務するCさんの就職評判はこちら▼

株式会社JTB首都圏の就職評判、年収「優待でお得に旅行に行ける」
海外旅行、国内旅行、鉄道チケット、航空券、旅行保険などの旅行の相談、手配、販売、外貨両替などしています。私の勤務部署はコールセンターで電話やメールでの販売勤務です。

▼JTBグループの教育旅行専門の営業職、Mさん就職評判はこちら▼

株式会社JTBの就職評判・年収「修学旅行・遠足は景気に左右されない」
私は教育旅行の専門で、主に公立中学校、高校、私立中学校、高校の旅行の営業をしています。教育旅行の営業となるとメインは修学旅行や海外留学(ホームステイ)や遠足などになります。その学校の旅行を獲得するためには日頃の地道な営業はもちろんのこと、企画提案も重要で、旅行獲得後は旅行の添乗も行います。

株式会社JTBパブリッシングで勤務しているRさんは、旅行情報誌の編集の仕事を行っている。最多発行部数でギネス登録もされている「るるぶ」で、「るるぶ東京」「るるぶ北海道」など、日本全国の観光地の旅行ガイドブックの制作を担当している。
「編集者は、ライター・デザイナー・イラストレーターなどのクリエイターを動かしながら時間とお金の管理も同時に進めて一冊の本を作り上げます。一人あたり年間5冊は制作するので、常に2~3冊の本を並行して進めています。取材などが多いイメージがあると思いますが、基本的にはデスクワークが主です。」

Rさんは28歳、正社員のスタッフで、年収は580万円ほどだ。昇給はほぼ年功序列で、同期入社はほぼ横一線だという。
「ただ30歳以降にほぼ全員が主任に昇格するのですが、そこからの昇給はほぼ横ばいになるので、このタイミングで離職していく人が非常に多いです。
評価制度については社内では成果主義ということになっていますが、実際の運用はは年功序列になっていると周囲の社員はみんな思っていると思います。入社歴に応じて上からA(非常に良い)~E(非常に悪い)まで5段階で評価が定められるのですが、どんなに成果を上げても、結局は実際的な査定に結びつかないことは往々にしてあります。特に編集は、外的要因で売上が左右されるので運によるところも大きく、そのため結局年功序列の評価体制になっているのも、ある種うなずけるんですけどね。社内でのキャリアップコースは、労働組合への貢献度が暗黙の了解で、一定の比例関係にあるかと思います。労働組合のそれなりの立場になり、役員とうまく折衝した方で、課長・部長へと昇進していく人は実際に多いかな。」

なお、株式会社JTBパブリッシングは女性が多い会社ということもあり、女性の育休の取りやすさや、職場復帰のしやすさは、他の会社と比べても郡を抜いて良いとRさんは語る。ただ、それを多用する女性が多く、残された男性社員がそのしわ寄せを受けることも多々あり、トラブルにはならないまでも、危うい雰囲気が漂うことがあるそうだ。

業務が比較的楽であればそのようなこともないかもしれないが、業務が忙しいとそうはいかないだろう。
「私自身の残業は平均して40時間~50時間くらいです。社内平均でも、40時間~50時間だと思います。ただ、編集職は営業職などにくらべて残業時間が多い傾向にあり、同僚には平均して70時間~80時間の方もいます。特にページ数の膨大な本の担当になると、朝方まで徹夜を繰り返すことも珍しくはありません。」

業務の忙しさは担当する情報誌によるようだが、旅行情報誌の発行は出版不況で薄利多売に拍車がかかっており、現場の忙しさは年々凄惨をきわめているとRさんは語る。
「なかでも多くの人々のコミュニケーションが必要な編集の仕事は、時間が読めない作業が多く、体力・精神力の疲労に伴い良いものを作りたいという気持ちがすり減っていく人が多いように思います。とはいえ、苦労して作り上げた一冊は喜びもひとしおで、それが麻薬となり、気付けば再び戦地へ赴いていた…という状況を繰り返している人はけっこういるのですが。。。」

Rさんにご自身の仕事をどういう方にお勧めするか伺い、答えていただいた。
「よっぽどの本作り好きであれば、おすすめはできます。歳をとっても寝食を忘れ、嬉々として本作りに勤しんでいる方は社内にもいますので。ただ、そういう方どこかぶっ飛んでいる人が多かったですね。営業職は、自分の時間もコントロールしやすいので、ほどほどに旅行が好きで、ほどほどに自分の時間を大切にしたい、という方は、営業職に就かれることをおすすめします。ただ、一番勘違いしてほしくないのは、旅行業界に勤めれば、旅行がたくさんできるという幻想です。これだけは、明確に違うことを明記しておきます。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 株式会社エイチ・アイ・エス|HISの年収・企業評判/研修で報奨旅行あり?
  2. 株式会社JTB九州の年収・就職の評判/30歳新卒カウンター営業の口コミ
  3. リゾート
  4. 居酒屋
  5. 株式会社JTB中部の年収・企業評判/新卒採用3年目グローバル総合職の口コミ
  6. 株式会社横浜ベイホテル東急の年収・評判/新卒採用時の給料、待遇は?
  7. 株式会社ルネサンスの仕事評判・年収「健康を扱う仕事で残業も少ない」
  8. アパホテル株式会社の年収・社員評判/30歳副支配人の口コミ
  9. JTBハワイの就職評判・年収「ハワイ勤務の待遇は?無料ツアーにご招待されるってほんと?」
  10. ホテル
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. 信金中央金庫 年収
  2. 日用品
  3. 伊藤忠商事株式会社の転職評判・年収「社内恋愛事情は少々意外?」
  4. 西日本フード株式会社の就職評判・年収「独自のPB商品を作りあげた時は達成感あり」
  5. 株式会社サダマツの年収・企業評判/転職3年目の正社員販売職の待遇は?