株式会社TASAKIの採用後の年収は?仕事評判、内容について【口コミ】

株式会社TASAKIは東京銀座にジュエリータワーTASAKI銀座店を構える宝石加工・販売会社である。昭和29年創業で、真珠の加工・販売は国内一と定評がある。

株式会社TASAKIにて勤務しているFさんの職種は真珠加工職という珍しい職種だ。真珠の珠の作業工程の一部を担当している。
「内容的には、加工工程が1課から6課までありまして、私は2課と言うところに所属しています。養殖場から浜揚げされた真珠の珠を1課が選別するのですが、私の所属する2課では、ネックレスやリングにあつらえるように、より丸く、美しくみせる加工を行います。私自身は真珠に機械で穴をあける仕事を担当していますが、真珠の照り、巻き、大きさ、形、など最高の状態に見えるように作業をしていく仕事です。」

sponsored link

真珠は冬に生産量が増えるらしく、冬忙しいとFさんは話す。
「夏場は浜揚げの珠が少なくて生産量も減りますから結構暇です。残業はほとんどありません。でも、冬場になりますとかなり生産量が増えるので、毎日2時間程度残業していました。月に換算すると60時間くらいでしょうか。」

Fさんの仕事のやりがいは、やはり真珠の美しさを引き出すことだという。
「美的な感覚が必要とされる仕事ではありますが、なによりも経験がものを言う仕事です。また、真珠に穴をあけるのは、とても単純な作業のように思えるのですが、後工程を考えて仕事をしなければいけませんでしたので、穴をあけるのは一発勝負なんです。慎重さも要求されます。特に一個何百万もするような珠ですと、そうとう緊張しますし、神経も使います。判断がつかないこともありますよ。」

Fさんは22歳で、年収は300万くらいだ。役職はなかったが、雇用形態は正社員だ。昇給体系は出勤状況や貢献度、役割などの指標があり、すべてその課の課長が判断しているという。
「評価制度は年功序列と成果主義的が入り混じっています。どちらかと言いますと年功序列が強いでしょうか。よその課にはひとつ飛び越えて主任になったり、課長になったりしてた方がいらっしゃますが、私の課では、特にそのようなところは見受けられません。同期生も課にいるのですが、仕事は間違いなくできると思っていた同級生より、もう一人の同期生のほうが評価が高いなどということもあります。
仕事では、やはり真珠の珠の大きいもの、例えば一個数百万するような真珠を扱うようになるには、いきなり扱えません。ですから年数の少ない新人社員や2.3年目くらいの社員は小さな珠しか扱えません。」

なお、女性の昇進は道が開けていたという。女性の課長、次長、などたくさんいるそうだ「労働環境もいいと思います。女性に対しての考え方は完璧と言っていいほどできてました。やはり、女性対象の商品を製造販売しているわけですから、そこら辺はきっちりしているのでしょうか。」

最後にFさんにご自身の会社・仕事についてどう思うか伺った。
「仕事内容を考えますと、男性より女性の方にすすめたい会社ですね。もくもくと、イスに腰掛けて作業できますし、作業といいましても、力はほとんど必要としません。後には一部自動化されましたので、もっといい環境になっています。女性は宝飾はすきだという方も多いですし、こういった仕事はそういう人に向くと思います。そして、じっと動かないで実施する作業はけっこう根気は必要としますので、苦手な人にはこの仕事は向かないでしょう。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事