東京ガス株式会社・東京瓦斯(株)の課長の驚きの年収、社員評判【採用口コミ】

東京ガス株式会社(登記上:東京瓦斯株式会社)は東京都市部に6万Kmのガス導管を持つ一般ガス会社で、都市ガス事業者としては世界最大規模のガス会社である。地域では独占的なシェアを誇るため、2017年4月、ガス小売りが自由化される後も、経済産業省から規制料金でのサービス供給を義務付けられる一社となる。

東京ガス株式会社に勤務するSさんは、工業用機器の営業職として働いている。
「東京ガス会社では、ガスの使用量を増やすために工業用と家庭用に分けて様々なガスを燃料にした機器を開発しています。機器単体だけの収益ではなくてその後のガスを利用してくれる分を見込んで利が入るので、機器自体の価格はかなり下げて販売しているのですが、家庭用の機器は機器専門の協力会社に販売をお願いし、工業用、業務用の機器は、ガス会社自らが営業活動をして販売を進めているんです。私はその工業用機器の営業マンですね。」

sponsored link
Sさんによると、10年以上前は、東京ガス株式会社では残業100時間は当たり前のような世界だったそうだ。だが、コンプライアンスには非常に厳しい会社であり、自浄作用のある会社なので、現在は50時間くらいの残業時間で納まっているという。
「わたしだけでなく他の営業マンもだいたい、そのあたりの時間で収めています。でないとその上司が攻められるという背景もあるので徹底が進んでいるんです。」

Sさんに仕事のやりがいを伺うと、
「社会のインフラを支えているという企業の性格上、公的な部門のような考え方を外部から求められますし、社内でも世の中の為ということを強く求められます。それがコンプライアンス強化という形でずっと社内では求められているんです。仕事のやりがいは、ガスを製造して使ってもらって喜んでもらえる、ガス機器を使ってもらって、お湯をなみなみと利用できて喜んでもらえる、ガス漏れで危ない時に修理で駆けつけて喜んでもらえるということに尽きます。大変なのは、気体であるガスを漏らさずに現場使える状態に保っておくことです。当たり前のことを、テクニカルにバックアップすることは、本当はとても大変です。」とのことだ。

Sさんは会社に入って15年程度で課長になった。それまでは係長、副課長という呼ばれ方をしていた所謂組合員だった。

「課長になる前の年収は、1000万円を少し超えていた程度でしたが、課長になると、非組合員になり給与が年俸換算で1500万円を少し超えるようになりました。その後は、55歳で大幅にカットされる仕組みになっています。

昇進については、東京ガスに入社したころは役所と同じで年功序列が徹底していたが、今は役所も変わったこともあり、東京ガスもかわりつつあります。社内試験に受からないと係長以上は上がれないとか、種々の試験が用意されていて階段は沢山できてきています。その背景は、営業部門以外、仕事を進めるうえで成果の差がつきにくい仕組みになっているからだと思います。会社に入ってからずっと勉強している気がするというのが40歳前の社員の声でもあります。入社の時に高卒、高専卒、大卒と主分けされるのですが、その主分けは特殊な試験を受けて合格すると変更されます。ただ社外と比べると給料が良いからか、積極的にその試験を受けて系列変更する人はあまりいないんですよ。また系列変更して、会社のトップ近くまで上り詰めた人もいないのも事実ではありますが。トップの方の人事はただ頑張るだけではなく、総合的な物が関与すると言われてはいますね。」

なお、女性の働く環境についてSさんに聞いてみると、一般の会社に比べると、マタニティ・ハラスメントは少ない会社とのことだ。世間の目があるということで、女性管理職もある人数はそろえているそうで、基本的に優秀な人たちばかりであるので不満もないそうだ。ただ家庭人として幸せかというと、離婚されている人も結構いるので、断言はできないという。他社よりは女性の労働環境として開かれてはいるということは言えると思うと話してくれた。

最後に、東京ガス株式会社に就職することについてどのように考えるか伺った。
「東京ガス株式会社に入社すること自体が今は大変です。新卒大学生は300倍程度ですよ。ただ、その倍率にたじろがずに挑戦してみる値打ちはある会社だとは思います。公的なエネルギーである電気、ガスは使用しないで生活をつづけることはできません。だから、それを商品として扱っている会社は、物が売れなくなってつぶれてしまうということもありません。これからの時代、倒産のことを懸念しなくてよい会社というのは数える程もないと思いますので、もし入社できたら人生設計がかなり変わると思います。どうぞ挑戦してみてください。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事