日野自動車株式会社の評判、中途採用後の年収は?30代技術職にインタビュー

国内トラック・バス業界最大手の日野自動車株式会社。業界の名の通りトラックやバスなど商用車の生産を手がけている、トヨタグループのうちの1社である。トヨタ自動車とはディーゼルエンジンの生産やハイブリッドシステム、燃料電池自動車の共同開発なども行っている。

日野自動車株式会社で技術職正社員として勤務していたDさんは、エンジンの組み立てや工具の点検を担当していた。

sponsored link
「工場内での流れ作業ではあるものの、同じものを同じ手順で作り続ける作業ではありません。一つ一つ異なったエンジンを決められた時間内に決められた範囲まで組み立てるという最初はやや混乱する仕事です。意外かもしれませんが機械でやる作業というのはほぼなく、人の手で部品を組み付け、工具を使って組み立てています。工場内では社員も期間従業員もほぼ同じ水準の給料、仕事内容となっており、私は正社員の少し上の人という立ち位置でした。」

Dさんの月の残業は30時間から40時間ほどだ。毎月、給料日の週の金曜日が定時退社日となっているそうだが、それ以外の日は毎日自動的に残業となり、1時間ほど工場のライン内作業をしているという。
「工場のシステム上、1日のノルマを達成するには毎日必ず残業しなければ達成できないようになっています。その後は自分の持ち場の清掃や改善等の自主的な残業を求められるため、このような残業時間になります。」

Dさんの仕事のやりがいは、自分の持ち場であれば好きなように職場を改善出来るところにあるという。
「自分の基準でやりやすいように工具の配置、レイアウト、仕事の手順を変えてよいため、しっかりと改善すれば仕事に余裕が出来ます。改善の結果失敗に終わってしまってもそれは現状維持と変わらず、また新たに改善していけばよいので、評価が下がることはありません。自分の頭で考えて好きなように実行出来ることはとても楽しくやりがいがあります。ただ、改善するためには自主的に残業をし、自分で工具を使い、作業しなければいけないので根気と体力と考えるチカラがいります。」

Dさんは32歳で中途採用移行2年目になる。年収は420万円ほどだ。社内の給料体系は年齢給プラス職能給、資格給が基本給となるようだ。なお、資格給というのは社内資格であり、外で何かしら資格をとっても評価の参考程度になるだけで直接給料には関与しないそうだ。長く勤めれば少しずつ昇給していくという。

「評価制度については工場内は完全に年功序列となっており、昇進については『順番である。』とハッキリ上司に言われました。他の部署の人間に聞いても同じであるため、日野自動車の本社工場内は成果主義ではまったくありません。『順番』を覆すには、自分の持ち場を改善し、清潔に保ち、自主的な努力や勤務態度があれば、ある程度は抜け出すことが出来ます。ですがこれは『最低限』のことが出来るかどうかであり、能力があるかどうかではあまり判別されません。また『結婚をしていること』が昇進を決めるひとつの指針となっており、仕事が出来ても結婚をしていない人間で昇進している人はおりません。結婚をしていれば現場を離れ、中間管理職くらいには誰でもなれます。遅刻せず、残業や休日出勤を積極的にこなし、妻子があれば昇進します。」

なお、職場に関しては完全に男社会であるため、女性管理職はいないそうだ。女性専用更衣室がある程度で、仕事内容は力を使わないものだけを割り当てるといった状況であるため、肩身の狭い思いをするのではないかとD氏は語る。ただし、女性の育休に関しては労働組合がある程度発言権を持っているので取り易いのではないかとも話す。

最後に日野自動車株式会社で働くことを、どのような方にオススメするかDさんに伺った。
「特にやりたいことや目標がなく、安定した収入を得たい方にはオススメします。残業は5分単位で計上されるため時間のある人であれば頑張れると思います。他に目標や、やりたいことがある方にはオススメ出来ません。年功序列であるため、安定や現状維持の考え方が強く、上昇志向の人の場合『そんなに頑張っても意味ない。ここで働いたほうが安全だ』と強く言われ気疲れします。さらに工場内作業は力仕事が主な仕事となり、体力をかなり消費します。仕事の後に勉強や何かしらの準備をしたい人は、かなり時間と体力のやりくりに苦労することになるのでお勧めできません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事