鹿島建設株式会社の評判・年収/新卒採用6年目「地図に残ることが誇り」インタビュー

鹿島建設株式会社は「スーパーゼネコン」とも称される、ゼネコン大手五社(鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店、大林組)の一つで、建築事業を生業としている。技術研究所を有し、高度な技術力に定評がある。超高層ビル事業の割合が多く、完成工事高は、業界トップクラスである。

鹿島建設株式会社の土木設計課で女性事務職として働いているOさんの仕事内容は、行程表の作成や作業員の管理、地域住民との調整などだ。
「建設そのものよりも住居周辺の店舗や公園等の環境を整えていく部署なので、社内では風変わりな部署だと思います。「街づくり」をしているという意識が高く、職人気質でやや気難しい人が多いなと思います。他部署はスーツにネクタイですが、この部署には作業着の社員が多いですね。」

sponsored link
Oさんの仕事のやりがいは、自分の作成した工程表通りに工期が終わり、建築物が完成したときの『自分も街づくりに関われた』という充実感だそうだ。
「工事の前に住民の聞き取り調査の資料も作成するのですが、街の環境が良くなることに期待されている反面、今まで培ってきた街並が壊されることを嫌う住民もいらっしゃるので、反対意見と時間をかけて調整を重ねることはたいへんです。自分の関わったショッピングセンターや飲食店がメディアの情報番組等で紹介されるたびに、苦労した思い出がよみがえり、反面やりがいを感じられます(笑)」

なお、残業については、女性社員はほぼ無いそうだ。
「残業していると叱られます。現場社員は工程表通りに工事を進めるために数時間残業することもありますが、社員に残業をさせるよりは下請け会社の作業員を増やしたり出向させたりして、工期に間に合うよう人数を増やして対処する会社です。」

また、女性の出産休暇、育児休暇についてはきちんとあり、女性の社会進出に理解のある社風だそうだが、ほぼ全女性社員が結婚を期に退職していくという。子育てを終え時間が空くとバイトとして事務に戻ってくる女性もいるそうだが、結婚後も労働するという価値観の女性がそもそも少ないという。女性管理者も見たことがないとOさんは言う。

Oさんは新卒6年目の正社員28歳で、年収はおよそ350万だ。社内の昇給体系としては、女性社員は年齢と共に昇給するが男性社員とは異なり大幅な昇給は無いという。書類作成をする事務能力以外に求められるものはないので、社内研修にも参加はしないそうだ。男性社員は資格手当があるが、女性社員は事務系の資格を持っていても持っていなくても手当はつかない。

「昇進には年功序列に学歴が加わっています。同じ年に入社しても、大学卒業者は部長、退職後も下請け会社の顧問等をしていますが、高卒入社は課長職が最終です。部長以上の役職による評価制度に関わる書類作成を手伝ったことがありますが、社員全員優良と評価しているので評価制度そのものの意味は無かったように思います。総務、経理、工務課は中途入社が多く、新卒で入社した社員に比べて昇進は遅いですが数年単位の違いで大きな差はありません。家族手当が充実していたので、扶養家族が多い社員が先に出世するという差別も特にありません。全社員が一定の年数を勤務すると、自動的に係長の役職が与えられます。」

最後にOさんに、Oさんの仕事が向いている人材がどういう人材か伺った。
「自分の関わった仕事が街を作り、人の流動を呼び、地図に残ることに誇りを感じられる職人気質の人には向いていると思います。ショッピングセンターを建てた時はテープカットに政治家と旬の女優が呼ばれ、メディアで放映されます。県外からもお客さんが来て、お客様駐車場に入りきらない車の列を見て、自分の仕事はこれだけ大勢の人間を動かす仕事をしたのだと幸福感を感じられますよ。でも、完成までの過程は何度も住民と協議を重ね、現場に足を運び、工程表を何度も作り直し、現場の作業員の健康と安全に気を使う地味な裏方仕事なので、華やかな仕事が好きな人には向かないかもしれませんね。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事