山崎製パン株式会社の社員評判、年収「シフト制で休みは融通が利く」インタビュー

山崎製パン株式会社は、「芳醇」「新食感宣言」などの食パン、「ランチパック」などの菓子パンブランドを保有し、パンや菓子パン以外に和菓子の製造も手掛ける食品メーカーである。「ヤマザキパン」の愛称で知られている。

山崎製パン株式会社で勤務しているCさんは、菓子パン課で加工、包装関係の業務を担当している。
「会社内には他に洋菓子課、和菓子課などがあり、その中で菓子パン課は食パン課と並び、メインの課となっていて、出世、昇格しやすい課です。他の課と違い人数も多く、社員の割合も高い課です。加工、包装関係の業務は、実際に作業をする方々はアルバイトの方が多いので、取り仕切るのは大変です。人の入れ替わりも激しく、その都度の説明や、指導も仕事の一部です。また、製品がお客様に届く最終チェックの場であるため、注意深さも大切です。」

sponsored link
Cさんの職場には大きな機械がたくさんあり、それらの使い方を覚えて使いこなすことは通常大変だそうだが、Cさんは機械が好きだったので逆にそれが楽しいという。また、様々な種類のパンを決められた時間に製造するので、それに合わせて準備したり、人を集めたりと、時間、人、物をいかに上手に使い、スムーズにラインを回すかがCさんの腕の見せ所だそうだ。
「これらが上手くいくとすごく気持ちいいですね。しかし、ずっと立ちっぱなしで、同じ作業を3.4時間する事もザラにあるので、そういう事が苦手な人には苦痛だと思いますし、向き不向きのある仕事だと思います。」

Cさんの所属していた菓子パン課の残業時間は、毎月40時間程度で、少ないときでも30時間、多くなると60時間程度だという。
「45時間以内に抑えるようになっているのですが、どうしても45時間を超える時は申請をして60時間まで残業出来るようになります。この課は夜勤もありますし、特に女性が育児で休める雰囲気ではないかもしれませんね。一応女性の育児制度はあるのですが。。。。女性管理職はひとりもいません。仕事内容や、仕事量が多いことから、家庭がある女性が働き続けるのはなかなか厳しいのかもしれません。実際は、私の周りには結婚すると辞める人がほとんどです。」

Cさんは新卒で5年目の年収が430万円ほどだ。正社員で、入社当初より等級はひとつ上がったそうだ。周りの同年代より年収は多いそうだが、夜勤もあり、残業もある。
「昇給は年功序列の面が大きいです。給料は年齢に合わせた給料が基本となり、そこに課長や係長が付けた査定により、上乗せされるといった感じかな。いくら仕事が出来ても決められた年齢にならないと昇格、昇級はありません。決められた年齢の間に課長、係長に気に入られることが大事になるのでアピールも大切です。また、タイミングも大事で、役職に付くにはそこが空かないといけません。役職は自分で降りると言わない限り、降格する事はありません。なので、定年の役職者が出るタイミングで、自分が昇格できる年齢である事が求められます。それらの評価は課長らの意思によって決められ、テストなどがある訳ではないので、正直なところ、本当に正しく評価出来ているのか疑問はあります。」

Cさんにご自身の仕事を勧めるのはどういう人材かを伺うと。
「男性の方で、ずっと同じ作業をする事が苦痛で無い方にはオススメできると思います。大きな企業ということは確かなので、給与の面では他よりいい方だと思います。仕事が出来なくとも、年齢と共に給料は上がりますし、退職金も多いです。休みも多い方ですし、シフトなので、休みの融通がききやすく、平日も休めます。ただ、女性の方は結婚するまで働いて、結婚したら辞めるという方ならいいのかもしれませんが、結婚しても仕事を続けたい方は他をオススメします。」とのことだった。

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事