株式会社日立システムズエンジニアリングサービスの社内評判・年収

株式会社日立システムズエンジニアリングサービスは、システムの設計・開発から運用まで一連のサービスを提供する会社で、日立グループの中の一社である。

株式会社日立システムズエンジニアリングサービスに勤務するUさんは、システムエンジニアとして官公庁向けのシステム開発等に従事している。
「日立系列であるため、親会社である日立製
作所の方々と連携を行い、システム構築・運用・保守迄の一括した仕事に携わっています。社内では幅広い官公庁向けの仕事を一つの部門として定めており、どの課においても利益率が大きくあることから、社内にとっては大変重要な部門として捉えられている様子です。そのため、従事しているメンバーの数も多いです。」

Uさんの仕事は官公庁向けの仕事が中心であり、システム構築の一連の流れに携われる部分においては、大変やりがいのある仕事だそうだ。
「自身が所属しているグループは出張が多いので旅行感覚で全国へいけますが、それをメリットかデメリットかと考えるかはその人次第だと思います。近隣出張の場合は自宅からの通勤であるため、片道2時間半かかるなど通勤で大変なところもありました。責任を持って働けるという点については大変やりがいがもてる仕事だと思います。」

なお、残業については制限をされているようで、月20~30時間程度だという。但し、部署によっては60時間を超える部署もあるらしい。サービス残業などは特になく、仕事が少ない時は残業無しですぐに帰社することも可能だという。女性の育児休暇などに関しても考慮されているらしい。但し女性の管理職の道としては、Uさんの知る限り5%もいないのではないかとUさんは話す。
「男性社員が多いというのも原因の一つではありますが、上昇志向のある女性にとっては働きにくい部分があるかもしれません。」

sponsored link
Uさんは新卒採用で正社員として入社し、初年度年収はおよそ300万円ほどだったそうだ。
「昇級においては年次数での昇級があったため、年間2000円程度の昇級はありましたが、社員ランクと年数による昇級は大変厳しいところです。昇級は年功序列となります。評価についてはどれだけ資格があるかによって変わります。会社で認定されている資格にランク付けがされており、最低一つ対象となるランクの資格をもっていないと昇級はできません。資格があっても勤続年数なども加わってくるため、すぐに昇級などはできないことから、完全な年功序列になっている節があります。評価制度については年に2回の上長面談があり、キャリアアップに関する相談などをしていきますが、評価基準が曖昧な部分が多く感じられます。終身雇用を望まれる方にとっては良いかもしれませんが、昇級しても給与はそこまで高くならない事から、将来性という意味合いでは、向いていないかもしれません。」

最後に、Uさんに株式会社日立システムズエンジニアリングサービスで働くことを他の方にお勧めするか伺った。
「旅行が好きな方やプログラミング開発のスキルがある方は良いと思います。顧客との打ち合わせも多くあるため、コミュニケーションスキルも重要です。コミュニケーションスキルがあまりない場合はお勧めできないかもしれません。また、一人暮らしの方、独身の方がよいかと思います。前述の通り出張も大変多く、週2回しか自宅にいない時期が半年ほど続けて発生する方もいらっしゃいます。家に帰りたいという方にはお勧めできません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事