株式会社ベネッセスタイルケアの社員評判・年収「ひと昔前の有名人にも会える」

少子高齢化社会を迎え、高齢者に対する様々なサービスが活発化する中、入居介護サービスや在宅介護サービスを提供する株式会社ベネッセスタイルケア。ベネッセグループに属する企業であり、「年を取ればとるほど幸せ」を社是として事業運営を行っている。

株式会社ベネッセスタイルケアに勤務するIさんも、介護職として、会社が運営する有料老人ホームで介護サービスを提供している。具体的には、入居者が寝てから起きるまでの全ての動作の手伝いだ。
「社内には様々な部門がありますが、わたしの部署は社内から最も会社の運営する有料老人ホームの現場の現状に近づき、詳しくなれる立ち位置として見られています。また、社内には様々な部門へ異同できる公募制度があって、介護職から事務職へのジョブチェンジ、その逆もまた然りです。これらは年に何回も行われています。」

Iさんは自身の仕事について以下のように話す。
「1人の生死にこれほど関われる仕事というのも、なかなか無いと思います。また、配属先ホームにもよりますが、普段なかなかお知り合いになれる機会が無さそうな人たちとも出会えるので、その点は、貴重だと思います。私の場合、よくテレビで観た芸能人や、各界で活躍された人などのケアもさせていただき、非常に光栄に思います。大変なところは、やはり、高いお金を払って入居してきた人たちのリクエストが細かく、それに応えることですかね。」

仕事の忙しさは、ホームの入居者に依存するとIさんは話す。
「残業がどれぐらいかは、そのホームの入居者とサービスの細かさ、スタッフの数によります。ですが、業界的にいっても、他業界と比べたら残業が多いホームが多いと思います。私のホームの場合は、月に約20時間くらいでした。ですが、その分きちんと残業代はつきます。」

sponsored link
Iさんは新卒採用で1年目で正社員として同社に入社した。
「初年は年収300万円くらいで、月に手取りで20万近くもらっていました。ただ、これは同業界の他の会社と比較しても、かなりもらっている方のようです。
評価は成果主義ですね。部門によってその強さは変わってくるように思いますが、介護職の場合は結構成果主義傾向が特に強いです。40代の男性を部下に持つ20代の女性の上司とか普通にいます。評価制度については、年に何回かサービスリーダーと施設長を交えて話す機会があるので、その中でまず評価をしてから、それが本社にも報告され、認証してから評価完了、という流れのように思います。ポジションにもよりますが、上に行くほど、評価に関係する人物が増えていくとも聞いたことがあります。社内の昇進コースは、介護職として現場で昇進する人の場合は、前述したように評価で昇進していく感じですね。また、社内の公募制度で、キャリアを積んだ人用に設けられた部門に異同して昇進するコースもあります。

女性の管理職も社員数も多く、女性にとっても非常に働きやすい会社だと思います。また、私の周りの女性社員を見ても、産休や育休を使っている人、それらから復職してくる人、沢山います。働きたい女性にはオススメですよ。」

Iさんに働きたい女性以外でご自身の仕事をほかの人に勧めるか伺ったところ、以下のように答えた。
「配属先ホームにもよりますが、もし、私のホームをすすめるかどうかであれば、すすめます。一度来て働いて経験をするのはすすめますね。人生損することは無いと思います。理由は、前述した通り、働いていてなかなかお知り合いになれる機会が無さそうな人たちとも出会えるので、彼らから学べるからです。もしかしたら、それで本を書けるかもしれません。それくらい、かなり刺激的で内容も濃いお話が聞けるんです。他の職場だと、ここまで聞けることはありません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事