富士フイルムメディカル株式会社の社員評判・年収「ハードだがやりがいはある」

富士フイルムメディカル株式会社は医療画像情報システム、医療用画像機器システムなど、医療関係に利用するソフトウェア、機器等の設計・開発・販売等を行う医療事業会社である。

富士フイルムメディカル株式会社の総務部に勤務しているSさんは、事務所の新設や移転、営業所新築・改装・補修・売却管理、電話設備やネットワーク設備の構築など、オフィス環境周りの業務や、社内全体の予算管理・固定資産管理等を行っている。
「社内では私はもう中堅ですので各営業所からの指示は厚いと思います。最終決定権はありませんけれど、相談ごとやマル秘事項などの連絡も多く、調整役になることは多々あります。また、担当する業務は幅を持っているために関連会社の中でも結構有名なようです。会社の規約改定なども社内プロジェクトのメンバーとして活躍し、色々な改定を実施してきました。」

Sさんに、御自身の仕事についてどう思うかうかがうと、金額の大きい仕事もあって、自身のやりがいも大きいと話す。
「仕事はハードで多岐に渡りますが、担当者が責任を持って対応できるため、やりがいはかなりあります。忙しくて時間が足りませんけれど。興味ある仕事は上司と打ち合わせをして実施することが可能です。また、弊社は子会社のため、親会社の承認がいる10億円以上の仕事があるときは、方々に根回しをして申請書を提出し、許可を貰う手続きが必要です。すべてが上手く出来て、仕事を全てやり切ったときには、かなり満足度は高いです。金額が大きいほど、個人で出来るレベルを超える感覚が楽しいです。」

そんな多忙なSさんの仕事場は西麻布にあり、就業時間は9:00-17;40だそうだ。
「でも、7:00-20:00まで仕事していることも多く、4半期決算の予算作成の時は相当働きます。残業時間は100時間前後になることもあります。社内のプロジェクトメンバーになり仕事がある場合は、これ以上になります。わたしは社内では残業時間はかなり多い方だと思います。」

sponsored link
Sさんは44歳の時、役職はチーフで年収は900万前後だったそうだ。中途採用で10数年前に富士フイルムメディカル株式会社に転職した。
「年収は残業代込みでの価格です。わたしは社内でもかなり残業が多かったと思います
昇給については、事務系ですので営業職など成績を上げた方のほうが昇給しやすいです。上司からの申請により管理職になれるのか決まります。管理職に上がるためには、研修及び試験があり、両方をパスして管理職になります。
昇給は30代以降は成果主義で、これによって賞与と昇給が決まります。30代ぐらいまでは年功序列の要素も強いように思うのですが、そのあとは成果主義です。評価制度はリクルートの評価制度をベースに作成してありますが、評価は定量化したとしても上司の主観が入るため、上司次第で昇給するとも言えます。一般と総合・管理職と分かれております。評価の点数がマトリックスの点数となり、賞与・退職金と連動しています。またグループ会社のために親会社に最終的に合わせた評価制度にするといわれており、変更されます。上司が一時評価後、担当役員が評価し、その後、会社全体の評価にはいります。その時に他部門の社員の評価を再審してその社員の評価を決定するために、他部門に嫌われている社員は評価が低くなってしまう可能性があります。また、賞与金額枠が設けてあるため、その中で分配されますします。」

なお、女性の働く環境については、Sさんは以下のように話す。
「女性の育児休暇はかなり制度が良いために、子供が生まれても退社しない女性が増えました。育児休暇の後は、時短勤務が子供が小学校に入るまで可能なために利用している女性は多いです。医療系であることや企業のアピールのために女性の推進しており、社内の女性の評価は高いです。他社に比べてはかなり優遇されていると思います。ただ、女性の管理職は少ないように思います。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事