ジェットスター・ジャパン株式会社(JETSTAR JAPAN)の社員評判・年収「LCCで働きたい人、オーストラリアが好きな人に!」

ジェットスター・ジャパン株式会社(Jetstar Japan Co., Ltd)は、日本の格安航空会社である。豪カンタスグループ、日本航空株式会社、三菱商事株式会社、東京センチュリーリース株式会社が出資しており、日本を拠点としている。

以下で、グループ会社のジェットスター航空の客室乗務員として勤務するMさんの転職評判についてもご紹介している

▼ジェットスター航空の客室乗務員Mさんの転職評判はこちら▼

ジェットスター航空本体の転職評判・年収/海外勤務 客室乗務員口コミ
ジェットスターで、ニュージーランド、オークランドベースで客室乗務員をしています。客室乗務員ははお客様と接する会社のイメージを作り上げる大切な位置づけなので、会社では尊重されています。

今回はジェットスター・ジャパン株式会社でカスタマーサービスオフィサーとして勤務しているCさんに、仕事環境について評判を伺った。

仕事内容:カスタマーサービスオフィサー

「カスタマーサービスオフィサーはチェックイン・空港・フライトオペレーション等の空港業務を行います。他社の航空会社でいうグランドホステスと呼ばれる職種で、社内ではお客様に対応する一番最初の部署という位置づけでフロントと呼ばれています。社内の空港本部直結の部署で、唯一空港で正職員が就業しているポジションです。空港内でのチェックイン、ゲート、荷物預かり、搭乗誘導、アナウンス、出入国、税関等やり取りをするのが部署のメインの仕事内容です。」

仕事評判:面白い経験をたくさんできる

「この仕事のやりがいは、ジェットスター・ジャパン株式会社で得られる経験にあります。航空会社としては、色々経験ができる大変面白い会社です。他の航空会社と違い、一人で請け負う仕事量、幅がかなり広いです。フライトの遅延、キャンセル等発生すると真っ先に対応しないといけない部署でしたので、クレームも多くそこは大変ですが。国内、国際線の両方を一度に扱い、幅広さは計り知れませんがとても楽しいです。また、上司が半分以上オーストラリア人のため、社内では英語をメインで使用したり、ポジションが低い立場でも、直接オーストラリア本社、入管等とやり取りがありとても勉強になります。」

sponsored link

年収:勤続3年・社内トレーナーで250万円

「わたしですか?現在31歳です。転職し、中途採用でジェットスター・ジャパン株式会社に入社しました。正社員雇用で役職は社内トレーナーとして3年目です。年収は約250万程ですね。お給料は、ポジションによって年俸制、月給と分かれています。上に行くほど年俸制へと変わっていきますよ。基本的にポジションが同じ場合は昇給はなく、欠員等出て配置替え等あった場合にポジションによって給料が上がります。」

評価制度:5段階評価で1だとボーナス無し!

「評価はどちらかというと成果主義でしょうか。社内の昇進は、入社時期や仕事が出来る、出来ないよりも、上司にうまくアピールできるかが大事だと感じます。部署内はかなりフレンドリーで、上司に対してもファーストネームで呼び合い、役職関係なく和気あいあいとしています。評価制度については、あまり確立されていなく、ボーナス時期になるとなんとなく上司がチェックをし、5段階評価をつけられ、5段階で5だとボーナスは30万、1だと、ボーナス無しなどですね。基本的に他のセクションへの異動はないのですが、欠員が出ると異動があり、場合によっては思いがけない昇進となる人もいますが、かなり稀なケースです。ジェットスターグループ内での募集等かかれば国外へ転籍等も可能です。」

女性の待遇:管理職になれるのは子育て後?

「女性の管理職は多くいて、その道はかなり開けています。ただ、管理職は育児を終わった人ばかりですが。育休制度には比較的、理解はある環境だと思います。自分が妊娠したときも、妊娠中と、育休復帰後、子供が3歳になるまでは短時間勤務等考慮してくれるとのことでした。ただ、3歳を過ぎたら、通常勤務になりますので、早朝4時~深夜23時過ぎまでのシフト勤務の職業柄、保育園に預けるのにも限界は感じます。」

残業時間:フライトの遅延やキャンセルで・・・

「残業は人によって違いますが、平均40時間程でしょうか。自分が希望すれば残業はいくらでもできる環境です。また、自分の勤務時間にフライトの遅延、キャンセル等がある場合は、必然的に残業となります。また、部署によってはもっと遅いところもあります。」

仕事はおすすめ?:オーストラリアorLCC好きに!

「オーストラリアが好きな人、LCCで働きたい人にはお勧めします。ただ、その後レガシーキャリアと呼ばれる、JAL、ANA等の航空会社を経験したい人にはあまりお勧めはできません。LCCでは独自の予約システム等端末も違い、アライアンスグループの協定等かなり違いがあるので、その後、レガシーキャリアに転職を希望している人には違いがあるからです。また、会社に関わらずこの仕事柄、クレーム対応等苦手な人にはあまりお勧めできないかな。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事