アニヴェルセル株式会社の転職評判、年収/ウエディングプロデューサー職

アニヴェルセル株式会社は、AOKIホールディングスの子会社であり、結婚式場の運営をメインの事業内容とする。企業名は、「記念日」という意味からつけられており、記念日にかかわる事業を展開する。

今回は、アニヴェルセル株式会社でゲストリレーションという部門に所属するSさんにお話を伺うことが出来た。

仕事内容:ウエディングプロデューサーの仕事

「わたしは『ゲストリレーション』という部門で、ウエディングプロデュースを行っています。お客様が来店されると、見学からご成約までは『マーケティング』部門が対応を行うのですが、『ゲストリレーション』部門はそのご成約以降、結婚式当日までの担当部門となります。打ち合わせ段階は、流れに沿って必要な商品の紹介、いわゆる営業を行い、新郎新婦に注文してもらえるようおすすめします。商品が決まった後は見積もり作成・発注業務を行います。また、結婚式に向けた質問に答えたり、結婚式の一般常識的なことを話し、準備をしてもらう手助けをします。結婚式当日は、監督者として担当の式が円滑に進んでいるかを時間を見つつ現場に立ちます。

直接営業・接客をする顧客担当の一番の中枢部署にはなるので、花形部署であると思います。他には、結婚式当日のクローク、お客様のご案内・打ち合わせサロンの受付やお茶だし、ご案内などをメインに行うコンシェルジュや、結婚式当日、ゲストへ料飲の提供、会場セットなどを行うサービス部門があります。」

入社時の志望動機:お客様のために尽くすがボランティアではない

「新卒では落ち、別のブライダル企業にいったん入りました。その後、この会社が新店舗立ち上げのために中途を募集したので、新卒で叶わなかった思いをぶつけました。『チームで働く』『記念日事業』という会社が押している部分に非常に共感していたことをメインに話しました。また『結婚式の仕事はお客様のために尽くしますが、ボランティアではない、きちんと営業として数字をあげる努力をし、よりよく店舗や会社自体の成長へ繋げている点』も共感のポイントとなりました。かなりこの部分は評価してもらったように思います。また、母体が『AOKI』なので、会社の安心感・成長への期待などもありました。」

sponsored link

仕事評判:お客様の思い入れが強いものに携わる喜びと大変さ

「この仕事のやりがいは、『一生に一度の晴れの日、結婚式』という特別な日に携われることに尽きます。お客様と同じ『結婚式の大成功』という目標に向かい、様々な相談をして企画を考えていくところです。担当制なので、自分のお客様と仲良くなれれば、たくさんの感謝の言葉をいただくことができます。

ただ、これを行うためには、自分のプライベートをある程度犠牲にすることもありますし、体力も必要で、一生に一度の思い出のため、お客様の思い入れの分、クレームとも隣り合わせです。

担当制で、結婚式の準備をする上で信頼関係ができますので、基本は担当者が一番お客様のことをわかっていますし、お客様も担当者相手でないと話をしない方も多くいます。

ただし、シフト制なので、自分が休みでも店舗は営業をしていて、問い合わせが入ると、お客様の緊急性によっては休みであっても電話がかかってくることもあります。自分がシフトで休みであっても、そこしか打ち合わせができないと言われれば、シフトを変えてでも出勤します。お客様の予定が夜入ることもありますので、夜の約束もしづらいです。

また、感性が合わない・親切で無い・合わせてくれない、などお客様から担当を変えて欲しいと言われることもままありますので、メンタルが強く、かつ気配りや人とうまく付き合う能力が必要です。」

残業時間:結婚式は閑散期と繁忙期あり

「部署によってかなりの差があります。また、結婚式には閑散期・繁忙期が存在しますので、時期によって各部署の残業時間というのは大幅に変わります。私の部署に限ると、閑散期(1~2月)は20時間ほど、繁忙期(4~5月・9~11月)は40時間ほどになるかと思います。」

年収:大卒、転職3年目正社員の年収

「わたしは中途採用3年目の転職組正社員で、28歳です。年収は370万円で、基本給は20万円、超過残業代、諸手当も含めると、月27万円ほどです。ボーナスは夏25万程・冬35万程。昇給については昇進試験に昇格試験があり、合格した場合にアップします。」

評価制度:共通項目と各部署の目標による項目によって評価

「成果主義です。全部署共通の成果評価基準や目標設定が存在します。半期に一度目標を立て、その達成度によってボーナスなどは変動します。全員共通の『笑顔』『身だしなみ』『挨拶』などといった項目もあれば、部署のよって目標や業務内容が異なるので営業数字などの科せられる目標は違います。新卒・中途で差はありませんが、昇進は部署によって早い・遅いはあるようです。また、専門卒・高卒よりは大卒・中途の方が早く昇進試験を受けているように思います。営業部門で数字を出せば、昇進ももちろん早いです。年に二回、店舗代表の推薦式の昇進試験があるので、それを受けて合格すれば役職がアップします。試験を受けなければ役職がアップすることはありません。」

女性の待遇:否定的ではないが仕事の状況柄難しい

「女性中心の仕事なので、育休・産休に対して否定的な考えはありません。ただ、どの部署も立ち仕事・重いものを持つ仕事・自己都合で休めないなどがあり、現実的にきつい感があります。営業部門であれば、自分の担当のお客様の打ち合わせがある日や結婚式当日、万全の状態で動けなければなりません。長時間の接客も交代も出来ません。各スタッフがとても忙しく、自分のスケジュールで動いているので、誰かに代わってもらうことがかなり難しいのです。なので、かなりの体力・努力・覚悟が必要だと思います。もし妊娠した場合、自分のいた営業の仕事が好きでやっていたくても、本社へ異動か、退職かという状態が多いと思います。」

社内恋愛:男性は周囲に綺麗な人も多くより取り見取り

「社内恋愛はOKです。男性の方が圧倒的に少ないので、男性は選びたい放題です(笑)女性も職業柄、綺麗な人が多いので男性としては最高じゃないですかね。ほとんどが社内結婚です。ただ、同じ店舗で付き合っているのがバレると、異動できる部署にいる方が異動させられてしまうので、基本みんな秘密にしています。もし社内不倫している人がいたら、即刻クビか、地方・グループ会社へ異動になります。結婚式の仕事は現場に、自社社員だけではなく、お花・写真・音響など様々な他社スタッフも同じように勤務しています。なので、その人たち同士が付き合う・結婚することも多くあります。」

仕事はおすすめ?:自身の仕事に使命感を持ち協調性がある方に!

「おすすめできる、向いていると思われる人は、お客様・会社のために尽くせる人、その先に、自分の幸せや充実感を見出せる人だと思います。プライベートを犠牲にすることがあっても、この仕事を自分の仕事の使命だと思って働ける人が向いています。また、自分一人では営業の数字も残せなければ、結婚式を運営することは不可能です。周囲のスタッフと協力し、助け合い、尊重し、優しく笑顔でいられれる性格をお持ちの方にはすすめです。逆に、辞めておいたほうが良い、不向きと思われる人は、プライベート重視や個人で仕事をしたい人です。向いている人と真逆ですね(笑)」

中途採用、離職後の進路は?

「新店の開業がなければ、ほぼ中途採用はありません。補充があっても、キッチンなどですが、今は正社員ではなくアルバイト採用も多いようです。新規店舗立ち上げの際、大量に募集した時は「接客経験あり」というスキルで、未経験者も採用されていました。また、退職については結婚・妊娠をきっかけに辞める人が多く、すぐに働くというよりはいったん専業主婦になるパターンが多いように思います。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事