モルガン・スタンレーMUFG証券/年収・仕事インタビュー【口コミ】

外資金融の中でも特に年収が高いとされる外資金融系企業。
その年収は2000万や3000万など珍しくもないくらい、高額所得者がうようよいる中で、フロント業務の証券マンやトレーダーではなく、バックオフィスの社員の年収はどれくらいなの?
モルガン・スタンレーMUFG証券で働く30代の女性Sさんに、残業や仕事内容、女性の働きやすさなどを聞いてみた。

企業名:モルガン・スタンレーMUFG証券

-仕事内容をおしえてください-

私の業務はバックオフィスで、仕事内容は主にトレードをチェックしたり、注文を出した投資家の方や同業者の方からの問い合わせに対応することでした。

-気になる年収は?-

年収ですが外資系金融企業の中ではお給料はあまり良くない方ときいています。それでも30代半ばで750万円ほどでした。

-残業はどれくらい?-

朝は8時過ぎに出社、退社は8時くらい。残業は通常で60時間。繁忙期はそれ以上です。お昼休みはきちんと1時間取れるチームもあれば、仕事をしながらランチを済ませるチームとそれぞれでした。

-評価制度はどうなっているの?-

仕事の評価は年1回、360度の評価といって上司以外に自分の仕事にかかわりのある他チームの方がランダムに7名選ばれ、その方々からも評価していただく制度でした。上司以外の多方面から評価されるのは自分の多様性をアピールするのにいいチャンスという点ではメリットですが、評価してくださるメンバーに仲のよくない方が入っていると散々な評価をされるというの点がデメリットですね。
また、自分も逆にたくさんの方の評価をしなければいけないのでこの時期はちょっと大変です。
これ以外に年1回仕事に関する自分の目標をあげて、それについての具体案や達成度を年に4回見直しをする制度もありました。3ヶ月に1回自分の目標を見直し、上司をミーティングをして目標達成度を確認し、それに応じて目標の見直し等をします。ちょっと大変ですが自分の仕事に向き合ういい機会だと思います。
給与は基本的にこの360度の評価と目標の達成度で評価されているようなので、成果主義の企業だと思います。
したがって性別、年齢に関係なく出来る方はどんどん出世し管理職になり、自分よりも年下の部下がいるというチームは普通にありました。

-男女の割合はどれくらいですか?-

バックオフィスでの管理職の割合は女性7割、男性3割ほどで女性の管理職採用については積極的な企業だと思います。

-仕事のやりがいは?-

比較的風通しのよい企業なので、よい提案をし直属の上司からOKがでればその仕事を任されてどんどんやらせてもらえる。
日本の企業のようにたくさんの上司からの許可がでなければプロジェクトを進められないなんていうストレスはありません。
そういった環境が仕事にやりがいをあたえてくれました。また、逆に何も提案しなければ何も評価されない点が大変ですね。
そして外資系企業ならではなのかもしれませんが、業務でわからない点があればすぐに自分から聞いていかなければおいていかれます。

-女性の働きやすさはどうでしょう?産休、育休など取得できますか?-

最後に女性の育休についてですが、こちらはみなさん取得されていました。
期間については人それぞれで産後1ヶ月で復帰されるかたもしれば半年くらい休まれるかたもいらっしゃいました。
いずれもほとんどの方がもとのポジションに戻られていたとおもいます。
ただ育児に関する周囲の対応はあまりよくなかったという印象があります。
保育園にお子さんを預けていてお迎えがあっても、仕事が忙しいときはなかなか退社できないという雰囲気はありました。
会社の近くに住んでいらっしゃる方や、ご両親にお子さんを預けられる環境の方には問題ないと思いますが、そうではない方々は産後の仕事と育児のやりくりに苦労されていらっしゃいました。

-総じて就職、転職したい方におすすめでしょうか?-

日本企業の年功序列にはうんざり、バリバリ働いて自分の実力を試したい方には
お勧めしたい企業です。

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事