ワークスアプリケーションズの年収・転職評判/経験者採用者の口コミ

ワークスアプリケーションズの年収・転職評判/経験者採用者の口コミ
株式会社ワークスアプリケーションズは、会計や人事給与のERP、COMPANYを開発、販売する企業である。今回は、このERPの導入コンサルを行っているRさんに、株式会社ワークスアプリケーションズの年収や月の給料、評価制度、社風などについて口コミをいただいた。

仕事内容:自社パッケージの導入コンサル

「自社開発パッケージ“COMPANY”の販売から導入を行う会社です。COMPANYとは給与計算システムで、従業員の給与計算を行う上で必要となる勤怠管理システムの“CSR”、従業員に勤務に関する申請をさせるシステムの“CWS”、”CSR/CWS”の情報を受け取り、各従業員の給与を計算するシステム“CJK”、会社の会計を扱うシステム“AC”の大きく4つに別れています。同社の特徴は、システムの構築をお客様にしていただく点です。システムの導入をお客様に実施していただくことで、従業員の入退社や社内規定の変更の都度必要になるシステムの設定変更をお客様自身で対応できるようになるため、他社製品なら必要になる“設定変更費”などのコストも一切かかりません。しかし、システム導入を担当されるのは人事部の方がほとんどで、そもそもパソコンに詳しくないという方がほとんどです。そのため、お客様のシステム導入をサポートする“コンサル”という部署が存在します。私の担っている仕事は、コンサルとしてお客様先へ訪問し、システムの設定方法を教えるという仕事です。」

採用時の志望動機:異なるジャンルで新たな経験を

「私はIT業界からの転職で、ワークスアプリケーションはソフトウェアを扱う会社ですが、それまではネットワークを扱う会社で働いていました。異なるジャンルでITに関する知識をもっと広げ、新たな経験を身に付けたく、自社パッケージの開発から保守までを自社のみで担い、COMPANY1本で10年ほどでギガベンチャーと呼ばれるほど大企業に成長した同社でなら自分の成長が期待できるということを志望動機にしました。」

仕事のやりがい・大変なところ:大変だけど、お客さんが頼ってくれる

「入社してこの仕事が大変だと思ったことはたくさんあります。IT経験者と言えど、給与や人事などに関する業務は未経験でしたので、ITや自社製品への知識だけでなく給与に関する知識を1から身に付けなければなりませんでした。給与を支払うためには住民税や社会保険、雇用保険料がどのような計算式でどういう基準で算出されるのかという一般的な知識から学ぶ必要があり、また訪問先はほとんどが人事部なので、人事部の人たちの業務とはどんなものなのかということまで知っておかなければなりません。さらに、給与には必ず労働基準法が絡みます。労働基準法も理解したうえで、クライアントの社内規定が労働基準法に違反しているときなどはそれを指摘する必要もあります。また、クライアントによって社内規定は異なるのでそれに応じた設定でシステムを導入する必要があります。つまりシステム導入にあたって決まった正解が存在しないのでクライアントの社内規定や社内ルールを完璧に理解し、自社のシステムも完璧に理解したうえで設定方法を考え、システムを導入していく必要があります。それだけでも悩ましいのに、ITの知識が浅い担当者を相手にするので自社製品の設定方法だけでなく、時にはパソコンの使い方から説明するようなこともあり、自分の担当だけでも5~10社クライアントを抱えるので毎日毎日何かを熟考している日々です。それでもクライアントから“先生”なんて呼ばれるときは、自分を必要とされていると、毎日大変ながらもとてもやりがいを感じます。」

残業時間:年度初めは人事や決算があり多忙

「月20時間から40時間の残業があります。特に4~6月はどのクライアントも新入社員の出入りや決算、ボーナスの支払いなどが重なり、システムがフル稼働状態になるので、給与計算の結果が合わない、システムエラーが出るなどの問い合わせが殺到し、原因調査に時間がかかるので残業が増えてしまっています。」

年収・手当・福利厚生:経験者採用で初年度の年収

「わたしは大卒で、転職で入社した中途採用組の25歳正社員です。役職はなく、年収は650万円です。年俸制で、これが12分割で支払われます。福利厚生は年次有給休暇、社会保険、雇用保険などです。年俸が高いため、住宅手当や家族手当など一般的な福利厚生はほとんどないです。年2度の面談と成績、年齢に応じて1年毎に昇給します。」

評価制度:結果が全ての成果主義

「完璧成果主義です。新卒の年棒は500万を保証されていますが、2年で成果を出せなかった人は容赦なく居づらくなります。また、役職者でも成果が出せなかった人は役職が外されます。ただし成果さえ出せば30歳で年俸1000万を超える社員もいるので、“結果がすべて”な会社です。私は前職での経験を評価と期待されていたため年俸は650万でしたが、中途採用で25歳の時だったので多くもらっている方だと思います。しかし、同社に新卒で入社して3年間、中の上くらいの努力をしていればこのくらいの年俸は簡単だと思います。社員数が多いのでなかなかアピールをするのが難しい会社ですが、私のいるコンサル部門ならサブリーダー→リーダー→サブマネージャー→マネージャーと順調に昇進できれば年俸1000万円にも届きます。サブリーダーで年俸750万前後です。ただしリーダーまでは割と簡単に上がれますがリーダーになっても1年で降格される人もいますし、その上に上がるのがかなり難易度が高いです。」

社内教育・社員研修

「教育や研修はほぼありません。自分で身に付けて自分で成長していく必要があります。実務に入ってから自社パッケージに関する得手・不得手ができてくるので、チーム内で自主的勉強会などを開くことはありますが、基本的に会社が用意してくれる“教えてくれる”研修のようなものは存在しません。」

女性の待遇:昇進よりも育休・産休

「私は女性ですが、この会社は昇進に関して性別は重視しないものの、女性社員に出世欲はあまりありません。理由は産休・育休制度がしっかりしており、仕事より子育てを重視したいという女性が多く、制度の利用率が高いことだと思います。また、産休に入った女性社員が会社に戻ってくるとお祝い金として平均100万円くらいの臨時ボーナスが支給されます。なので女性は昇進よりも家庭と仕事の両立を希望する場合が多く、出世欲を持った方は多くないです。」

社内恋愛:なぜか社内恋愛禁止

「基本的には社内恋愛禁止ですが、社内結婚している人も多くいます。何のために社内結婚を禁止にしているかは謎です。また、“アドミン”という事務員にあたる部隊が存在しますが、アドミンはほぼ見た目で採用しています。そのため容姿がモデル並みに綺麗な人が多く、綺麗な事務員さんというだけで魅力に感じると思います。私は女性ですが、IT業界という特性上、日々システムは変化するので自分より知識の豊富な男性社員は頼りがいを感じますし、パソコンをカタカタ動かす姿はかっこよく見えます。」

仕事はおすすめ?:自分で調べて成長できる人が向いてる

「自分で調べて自分で成長できる人には面白い会社だと思います。会社への提案などはいいものならどんどん採用・実装化されます。ただし、仕事は教えてもらえるなどということはないし、座学などもありません。すべて一から自分で学ばなければなりません。新入社員研修ではプログラムをかかせますが、“プログラムって何?”というレベルの人でも自分で調べて、勉強して課題を完成させなければなりません。与えられないと何もできないような人は研修の時点で自分から去っていきます。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 株式会社アネムホールディングスの仕事評判・年収「生徒を教えるというのではなく教室経営です」
  2. ユナイテッドアローズの採用後の年収の評価制度、社員評判は?【就職・転職口コミ】
  3. 株式会社東京個別指導学院の就職評判・年収「中学生のうちから就職をイメージさせる指導」
  4. 日清食品チルド株式会社の年収・社員からの評判「モノづくりの雰囲気が好き」
  5. ビーフシチュー
  6. 外国人MTG
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. 四国電力株式会社の就職評判・年収「一定の等級までは年功序列、それ以上は成果主義に」
  2. 株式会社カネボウ化粧品の就職評判・年収「花形!商品企画・マーケティング職のインタビュー」
  3. 株式会社ウィルウェイ(教育事業)の年収・社員からの評判
  4. KDDI株式会社の就職評判・年収「待遇もよく社員を大事にする会社」
  5. 株式会社アミューズの就職評判・年収「アーティストとの恋愛はタブー、芸能プロダクションの仕事」