株式会社ベネッセスタイルケアの年収・職場評判/昇給、昇進口コミ

株式会社ベネッセスタイルケアの年収・企業評判/昇給、昇進口コミ

株式会社ベネッセスタイルケアは、高齢者介護サービス事業、高齢者住宅事業、保育事業などを営む企業であり、高齢者介護サービス事業においては入居型介護サービスも提供している。

今回は、高齢者介護施設に勤務する27歳のWさんに、年収や勤務環境、各等級スタッフの役割や昇給などについてお伺いした。

仕事内容:サービススタッフとして生活介護業務を担当

「ベネッセスタイルケアの事業内容は、高齢者向け介護施設の運営です。わたしはサービススタッフとして高齢者向け介護施設内での身体、生活介護業務を行っています。介護付き有料老人ホームにて、24時間を6シフト程で交代し、お食事のお手伝い、ご入浴や排泄のお手伝いなどの一般的な身体介護の他、施設内の清掃、ご利用者様の居室内の清掃やお買い物の代行を行います。その他にはご利用者様へのリハビリの提案を理学療法士や医師、ケアマネジャーと相談して行います。ご利用者様、ご家族様の同意の元、歩行や認知症の進行予防のためのリハビリに取り組みます。」

面接・採用時の志望動機:生活が十分にできないひとの役にたちたい

「“過去に親族の介護を行なっていたことがあり、徐々に体力や認知能力、身体能力の低下により日常生活が十分に行えないことによる精神的な痛みや辛さを知り、そういった方のお役に立ちたいと考えたからです”という気持ちを伝えました。会社を選んだ動機としては“ベネッセグループの掲げている企業理念である〈よく、生きる〉という理念は、まさしく高齢者が最期の時まで自分らしく、幸せな人生を送るための力になるのだということを表しており、感銘を受けたからです”というものと、“定期的な実技研修の実施があること”を挙げました。」

仕事のやりがい・大変なところ:利用者に信頼されたときにやりがいを感じる

「介護の仕事にトラブルは付きものです。どんなに警戒をしても、気を配ってもつぎの瞬間には何が起こるかわかりません。そんな緊張感はある中で、ご利用者様のその日、その時々の声色や目線、身体の動きの違いを観察して考えうる限りのリスクを潰していく必要があります。ただ、その中で相手のことを考え、深く知ることでご利用者様との距離も徐々に縮まりますし、自分の気づきが不安でいっぱいのご利用者様に安心を与え、何気ない笑顔を見ることができます。常に考え、気を配ることは大変なことではありますが、その努力がご利用者様の喜びや安全に繋がり、さらには自分が提案したリハビリにより身体能力を向上させたご利用者様やご家族様の笑顔を見ると自分も幸せを感じられます。」

残業時間:何もなければ10時間程度の残業

「施設のご利用者様が高齢者であることや、持病をお持ちの方が多いため、施設では感染症にかなりの気を配っています。そんな中で、ご利用者様の体調が優れない場合や、スタッフの体調不良による欠勤(出勤停止)などが重なると突発的に残業が増えてしまうことがあります。また、施設内のお祭りやイベントの時期には準備のために一週間ほど残業が増えることもありますが、基本的には何もなければ10時間程が社内の平均です。私はほぼ毎日定時に上がっていますし。個人の能力(介護なので体力を使うため男女や年齢でやや決められた作業にかかる時間に違いがあるため)によります。また、サービスリーダーや施設長クラスの方は毎日のように三時間程度は残業していました。同じベネッセスタイルケアが運営していても、別の施設では慢性的な人手不足で10時間では全然足りないというところもあるようですが。。。」

sponsored link

年収・手当・福利厚生:高卒の中途採用入社6年目A等級スタッフの待遇

「わたしは、最終学歴は高卒で、中途採用入社6年目の27歳正社員のA等級スタッフです(等級については評価制度と共に後述しています)。年収は370万円ほどで、学歴による初任給の違いはありません。内訳は、基本給が204万円、賞与が34万円(1カ月分×2回)、資格手当18万円、地域手当72万円、介護報酬、処遇改善手当合算12万円、交通費10万円、残業代20万円となります。賞与はS等級スタッフから二ヶ月以上に上がります。さらに、地域手当や残業代、夜勤手当一回五千円が平均月四回、交通費が半年ずつ定期分支給されます。福利厚生はベネッセグループの共済、社会保険、雇用保険、厚生年金があります。昇給チャンスは年2回の面談時の評価時に高評価があれば上がります。年2回のうち、1回は一年毎の昇給として2500円がほぼ確定で上がります。勤務態度に明らかな問題があれば下がる可能性もあるらしいですが、普通にしていれば下がりません。」

評価制度:昇進チャンス・等級について

「人の入れ替えが激しい業界、職場です。年齢、新卒採用、中途採用に関係はほぼありません。若い人材が少ない傾向にあるため、若手で一年二年普通に勤続しているだけで昇進チャンスは誰でも確実にあります。パートスタッフが多いため、正規雇用で一生懸命働いていれば、施設長から介護業務以外の仕事を振られ、それを受けた実績があれば、事業部長などに昇進の話が通ります。同世代との年収はかなりの差がうまれます。基本賃金を抑え、手当で額面の見た目を良くしている部分があることと、ボーナスが一般スタッフは一度につき一ヶ月分という決まりになっているため、ボーナスの分だけ差は広がりますし、昇給も基本的には年に2500円ですから、年を重ねる毎に差は広がるでしょう。グループ会社内での転勤機会が毎年二回以上ありますので、それらを利用して介護から離れ一般職に着くことでのキャリアアップや昇給を目指す方法もあります。

なお、等級についてはC.B.A.Sの四等級がございます。
C等級スタッフは新入社員がまず入社時になる等級です。C等級スタッフは後述するB等級スタッフに必ずならなければいけません。通常半年後に社内技術試験を受けて合格後、B等級スタッフとなります。給与については特にC等級スタッフで条件が変わることはありません。
B等級スタッフは勤務半年以上の一般社員という扱いになります。給与においてC等級スタッフとの違いはありません。数年間の勤務実績と、技術や介護福祉士の資格合格などを認められることで社内筆記試験を受けることができ、合格後にA等級スタッフとなります。
A等級スタッフはC.B等級スタッフ複数名を一つのチームとし、そのスタッフたちの担当するご利用者様への提供サービスを管理します。毎月一度のチームミーティングをA等級スタッフ主導で行い、ケアプランの見直しを行います。また、それ以外でもファシリテーター研修を始め、下位等級スタッフへの教育を行うための研修参加が義務付けられます。B等級からA等級への昇格時に基本給が一万上がる程度でボーナスなどは変わりません。施設長や施設内のS等級スタッフの推薦と、事業部長の承諾を得て社内筆記試験を通ることでS等級スタッフへ昇格します。
S等級スタッフは施設長、サービスリーダーを担当するスタッフとなります。(施設長は施設の運営がメイン業務で介護の現場には出ません。サービスリーダーは介護業務がメイン、運営のサポートもします。)こちらも毎月社内研修への参加、施設内だけではなく、エリア毎の運営ミーティング参加が義務付けられます。この等級から所得は施設の運営状況により大きく変わるためどの程度の収入かはわかりません。賞与はサービスリーダーで年二回、一回が二ヶ月分です。施設長は年二回で一回毎の賞与は変動します。」

キャリアアップ・市場価値

「施設にはよりますが、高所得者様向けの施設運営をしているため、ご家族様が様々な業界の役員の方であったり、元役員や取締役だったりします。ご利用者様やご家族様とのコミュニケーションのひとつひとつを丁寧にすることを心掛ける必要があり、転職の面接時には面接を担当される人事の方との接し方でコミュニケーションに不安を持たれることはないでしょう。介護業界以外への転職の場合、ほぼ資格やスキル自体は役にはたちません。ですが、コミュニケーションの丁寧さや、世の中では3Kと呼ばれる業界で数年働いたという実績は、雇った早々に辞めることは無いだろうと採用リスクは低めと考えて貰えるはずです。」

女性の待遇:女性の管理職割合は少ない

「介護の業界には様々な年齢の女性がたくさん働いています。社内の割合でも女性の方が高いのが当たり前ですので上司が女性でも殆ど気になりません。ですが管理職の方は男性が多いです。女性の場合は結婚しての退職が多いからでしょう。管理職になるチャンスに男女の違いはありません。また、私の働いている施設では育児時短勤務というものはありません。ですが、社内のシニア部門とは別に保育園の運営も行なっているため、育児をされていて休職せず働きたい女性は保育園の利用が出来るそうです。」

社内恋愛:同じ施設内での交際・結婚は異動になる

「禁止ではありませんが、結婚相手もしくは交際を報告した場合は別の同施設内での勤務はできなくなるそうです。どちらかが別施設へ異動となります。ですが人手不足もあるので、施設長によっては結婚していない場合は公然の秘密となることもあるようです。女性が多く、人の入れ替わりも激しい業界なので出会いは多いです。基本的には高齢者相手に親身になって働ける人が多いので、好意も持ちやすいのではないでしょうか。個人的には、施設内で交際や結婚に至る人は多く感じます。」

仕事はおすすめ?:利用者との別れがつらい方には不向き

「どんなに頑張っても最後はご利用者様のことをお見送りすることになります。そういったことに対してストレスを感じる方や、認知症の方との会話を苦に感じる方は精神的に不向きです。また、突然容体が急変したり、認知症や精神疾患の状態によっては突発的な事故に遭遇することまあります。そういったときに慌ててしまう方も不向きでしょう。仕事と割り切って冷静でいられる方、深く考えすぎないことが出来たり、オフタイムにうまくストレスを発散する機会を作れる方なら続けられるでしょう。これから2.30年は介護の仕事は減ることはありませんから、低賃金でもそうそうクビを切られずに働き続けられる可能性を求めるならお勧めです。ですが、介護の業界は人の出入りも激しいですが、企業の出入りも実は激しいです。そして、今後の国の政策や、日本全体が超高齢化社会を迎えたあと、介護保険の仕組みがどうなっているかはわかりません。個人的には、介護が好きだったり、介護しかない!という方にはお勧めですが、他に出来ることがあるならばあまりオススメはしません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ニチイ学館 正社員年収
  2. 介護 リハビリ
  3. International SOS Co.,Ltd本体の年収・社員からの評判
  4. JA愛知厚生連海南病院の就職評判・年収「看護師として人の命を預かる覚悟必要」
  5. 日清医療食品株式会社の社員評判・年収「栄養士にとっても貴重な経験」
  6. ファーマライズホールディングス株式会社の社員評判・年収「グループ会社が集まってひとつの会社といった雰囲気」
  7. さいたま赤十字病院の年収・口コミ評判/医療事務の給料、残業時間など
  8. 株式会社ベストライフの仕事評判・年収「事務でもお客さんに接する機会あり」
  9. 社会福祉法人東京都知的障害者育成会の転職評判・年収「大変だが順位付けや競争のない仕事」
  10. 介護 リハビリ
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. 東海旅客鉄道(JR東海) プロ職
  2. 株式会社高島屋の転職評判・年収「部長職ともなれば1000万円は固い?」
  3. 株式会社リクルートマーケティングパートナーズの就職評判、勤務環境「他動的では仕事のやりがいは得られない」
  4. 医療機器
  5. 会議室