リコージャパン株式会社/年収・評価制度の近年の変化と評判は?課長口コミ

リコージャパン株式会社の企業評判/年収・評価制度の勤続30年の課長口コミ

リコージャパン株式会社は、親会社であるリコーの製品を販売する子会社で、東京都港区に本社を構える。親会社のリコーの業績が不調な中、営業職として30年ほどリコージャパンに勤務し、最近退職した課長のKさんに、評価制度や年収、人事制度の変化、仕事内容、年収、残業など、特にリコージャパンの内部環境の変化についてお伺いした。

仕事内容:営業職・新規開拓と既存顧客管理の仕事

「職種は営業職で新規顧客の開拓と既存顧客の管理、取引販売店の商品教育と販売促進を行っていました。新規開拓では飛び込みによる新規取引の拡大と他社商品の入れ替えの促進が業務内容となります。既存顧客の管理では、取引量の拡大とリコージャパンの社内シェアのアップを促進します。取引販売店に関しては、弊社商品の勉強会や研修を実施して商品スキルのアップと営業力のアップを計り、売り上げの拡大をしていきます。また競合他社に負けないように、イベントの企画、立案や様々な提案を行いながら取引商品の拡大を行っていました。」

採用時の志望動機:当時先端のOA機器を扱っていて興味があった

「リコージャパンは、現代社会において日々進化している最先端のOA機器を扱っていて、メーカー直の販売会社ということに、とても興味がありました。営業を通して様々な会社と取引をさせてもらうことで、人間関係の構築とリコー商品のシェア拡大に貢献したいと考えています。学生時代は野球をしていて、体力には自信があるので営業として採用をして頂ければ、一生懸命頑張りたいと思っています。というようなことを話しました。」

仕事のやりがい・大変なところ:門前払いの営業先と信頼関係を築くやりがい

「飛び込みで訪問をさせてもらった会社で、最初は門前払いで話も聞いてもらえなかった社長が、何度も通っているうちに少しづつ話を聞いてもらえるようになり、人間関係が出来てくると信頼をされるようになり、雑談から徐々に商談へ進んで行って、商品を買って貰えた時の喜びは、何とも言えない感動があり、この仕事のやりがいに繋がったと思います。大変なところは、こちらの想いがなかなか伝わらなくて他社にお客さんを取られてしまったり、お客さんの要望にどうしても応えられない時の対応の難しさで苦悩する時です。」

残業時間:13年前あたりから有給を取る取り組み推進

「入社当時は、朝7時に出勤をして23時帰りという日々がほぼ毎日でした。残業は“営業手当を貰っているのだから”という理由で大半サービス残業でした。13年前あたりから、残業はしないで18時には帰るように、有給はきちんと取るように等と全社的に取り組み始めて、社員にも浸透してきました。」

sponsored link

年収・手当・福利厚生:勤続30年の年収推移の歴史

「わたしは、新卒採用で大卒で入社し、約30年ほどリコージャパンに勤務しました。年収は、30代後半で600万、40代後半500万で、退職時は51歳で、年収は520万円程でした。役職は、担当課長でした。年収の内訳は忘れてしまいましたが、残業代はなく、営業手当、家族手当が含まれています。賞与は35万×2(夏・冬)だったと思います。交通費は3ヵ月に1度、3か月分の支給がありました。年収は、40歳で管理職になってからは年収は下がる一方でした。福利厚生は、有給休暇の100%消化と、他には5年ごとに永年勤続休暇と一緒にお金も貰えました。」

評価制度:評価制度と昇進、年収の変遷、リストラも

「入社当時は年功序列でしたが、現在は100%成果主義だと感じます。ただ、成果を測る評価制度に関しては、配属部所によって大きな不公平が生じる評価となってしまっているように思います(社内でも永遠の課題と言われていれていました)。具体的には、役割として直接的に業績に貢献出来ている部署かそうでないかで、評価に差が発生してしまうところなどがあります。総務やスタッフ系の部所の社員は、自分たちが直接予算を持って業績を作っているわけではないので、間接人員としての評価になるため、役職が上がっていても年収はさほど上がらないようです。また、営業も大手企業と地元の中小企業を担当している社員では顧客層が全く違うため、持っている予算も桁が違っていますし、評価が全然違ってくるようです。

評価基準については、以前は売り上げ重視の評価でしたが、2010年に全国のリコーの販売会社6社をリコー販売株式会社に統合をして、リコージャパン株式会社になってからは、売上よりも利益を重視した評価制度に変わり、売上が100%達成していても利益が低いと評価も低くなっているようです。以前は利益が少なくても売上さえ達成をしていれば、評価が高かったのです。この部分は、担当している地域や会社などによって不公平な格差が発生しているように思います。また、各支社ごとに格付けランク(A~C評価)がされていて、その支社の格付けの範囲での各職の評価になっていました。つまり、格付けの低い支社では、同じような業績を上げていても格付けの高い支社の人よりも個人業績の貢献評価が低くなります。市場規模の大きい首都圏に比べて北海道のような土地だけ広くて市場規模が小さい支社は、もともとのキャパが低いので、どうしても評価は低くなると思います。個人評価では、一度でもC評価を付けられると2年間はステージアップができない仕組みになっているようにも思います。

なお、成果主義なので新卒採用・中途採用の評価の差はあなさそうです。社内の昇進コースは特にありませんが、必ずしも実績を残した人が昇進をしていくとは限りません。課長職までは営業実績のある人の方が昇進スピードが速いのですが、課長職以上になるとトップセールスでやってきていた人でも、社内での立ち回りの上手な“長い物に巻かれろ”的な人の方が昇進している感じが見えます。

評価については、私の在職中に何回も変更がありました。評価基準が変えることと、管理職の若手起用の促進も、私が30代後半のころから会社が取組み初めたのですが、それに伴い、多くの課長職の年収は下がる一方でした。全体的に見て、年収の上がっている社員はほんの一部で大半の社員は下がってきたと思います。評価制度の変更による年収の減少は、社内的な事情と業績の悪化の両方が影響していると考えられます。

社内的な事情に関しては、評価制度の変更によって最高評価と最低評価の落差が以前よりも大きくなったことと、40代後半以降の社員への評価が厳しくなったことにあります。配属先の仕事内容によっては、先ほど述べたように、評価される前から、ある程度の評価以上にはならないことが分かる状況に変わってきていまたようです。

業績悪化に関しては、国内の販売基盤であるリコージャパン株式会社としての業績は悪くは無かったのですが、メーカーの業績が悪化し始めて、創業以来1度も社員を切ったことがなくて、“人を愛し、国を愛し、勤めを愛す”という創業者である市村清の言葉を経営理念としてやってきていましたが、遂に初めてのリストラも大々的に行いました。

この過程で、役職としては40代後半の課長職に関しては、グループの長から離れて、一担当課長という待遇に変わるケースが多くなり、部下を持たない管理職が増えて、予算を持たされて一般営業と変わらない仕事の内容になりました。次長職、部長職に関しても、所属長の立場と、部下を持たない担当次長、担当部長で年収の差があります。部長職であっても、担当部長の場合は、部下を持つグループ長の課長職の方が、業績評価が高くなっています。わたしの最終の役職は、この“担当課長”といわれる役職でした。

役職については、名詞に記載される役職は、一般職→チーフ(主任)→アシスタントマネージャー(係長)→ マネージャー(課長職以上)というふうになっていますが、マネージャーに関しては、課長職、次長職、部長職でも同じ呼び方の場合があり、名刺だけでは、その社員がどの役職の人なのかは分かりません。

また、グループ(以前の呼び方では課)の長はリーダーと呼ばれていますが、これもマネージャーの中からの人になるので、課長職のリーダーの下に次長職や部長職の方がいる場合があります。その場合のリーダーは若手の人で、課長職以上の部下の人は40代以降の“担当課長、担当次長、担当部長”になります。

数年前からは、また人事制度が大きく変わり、課長試験に合格できる人の人数がかなり減ってきているらしく、40歳くらいまでに昇格できていない人は年齢的にも課長試験を受けられる条件を満たすことが難しいようです。」

社内教育・社員研修

「新人やキャリアごとに教育や研修があり、会社全体で積極的に取り組んでいました。営業職に関しては商品知識の他に、営業力を高めるための研修を定期的に実施をしていて、転職をした際にも業種が違っていても、営業に対しての心構えは出来ているので、即戦力として働けると思います。」

女性の待遇

「今では女性上司は当たり前になっていて、人事異動でそのような部所に配属になっても全く抵抗なく働いています。女性管理職の割合はまだ2割位です。育児時短勤務も産休も、普通に取っています。女性社員は結婚しても、ほとんどは退職せずに仕事をしている人が大半を占めています。こういったことはごく普通の文化になっています。」

社内恋愛:社内結婚の割合は高い方

「昔から社内恋愛はオープンで、社内結婚の割合は高い方だと思います。また社内結婚後も夫婦で勤務している社員は何人もいます。ライバル会社の社員との出会いはほとんどありませんが、同業者や取引販売店の社員の方との出会いは、社内イベント等で顔を合わせる機会が多いです。社内の異性で好感をもたれるような人は仕事と遊びのメリハリがきっちりとしていて活動的な人だと思います。」

仕事はおすすめ?:大手企業を担当できるのであればおすすめ

「年齢的に30代までであれば、営業職で担当するお客さんも大手企業を相手にしている部所であれば、売れる商品も種類が多く、単価の高い商品がまとまって販売できることが多いので、他の営業よりも売り上げの金額の桁が違ってきます。そのため給料やボーナス、さらには人事評価にも影響があるので、同世代でも年収が全然変わってきます。
総務系、直接売上の目標を持たないスタッフ系の職種の人は年収もほとんど変わりませんが、営業の業績の悪い人に比べると年収の落差は少ないようです。

華やかな業界ですが、売り上げ金額の割には利益率がとても低い業種なのです。大手企業を担当している営業以外は、同じ苦労をして仕事をしても評価は低いので、あまりお勧めは出来ません。大手企業を担当できるかどうかは、ある程度の実績の評価からきていますが、運もけっこうあります。入社して配属になった先の部所が、業績のキャパが低い市場のエリアであった場合は、その時点で大きなハンデがあって、よほど目立った成果を出し続けない限りは、次の異動の配属先は業績が見込める部所にはなりません。上司との相性がうまくいかない人は、能力があっても正当な評価が受けられなくて、本当に評価の低い人が何人もいますが、どこの会社にもあることなのでしょう。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. システム
  2. 三菱商事株式会社の年収・社員評判/新卒総合職の大学、中途採用との違いは?
  3. 西日本フード株式会社の就職評判・年収「独自のPB商品を作りあげた時は達成感あり」
  4. 伯東株式会社の転職評判・年収「時代の最先端技術を扱う刺激・面白さがある」
  5. キヤノンマーケティングジャパン株式会社の仕事評判・年収「部長職の年収は1000万円超!」
  6. 車
  7. リシュモンジャパン株式会社の転職評判・年収「海外と日本市場の調整はたいへん」
  8. サントリービバレッジサービス株式会社の年収・職場評判/新卒採用のルートセールス営業職の口コミ
  9. 株式会社落合の企業評判・年収/一般職の営業事務2年目の口コミ
  10. ピツニーボウズジャパン 評判
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. 三菱電機 年収
  2. 大東建託株式会社の年収・転職評判/中途採用3年目の最高年収口コミ
  3. 書類
  4. 株式会社エイチ・アイ・エス(HIS)の残業や給料は?「評価はほんとに業績次第」
  5. 三井住友信託銀行株式会社の年収・企業評判/女性・Aコース地域限定型総合職の口コミ