日本総研|株式会社日本総合研究所の年収・企業評判/SEは激務?残業はどれくらい?

日本総研|株式会社日本総合研究所の年収・企業評判/SEは激務?残業はどれくらい?

株式会社日本総合研究所、通称日本総研は、システムインテグレーション・コンサルティング・シンクタンクの事業を有する総合情報サービスを提供する企業で、三井住友フィナンシャルグループに属する。

今回は、日本総研でインフラ構築のプロジェクトマネジメントを行うHさんに、年収、残業時間、福利厚生、仕事内容などについてお伺いした。

仕事内容:インフラ構築プロジェクトマネジメントSE

「職種はSEで、仕事内容はプロジェクトマネジメントです。SMBC、SMFG向けのシステム開発におけるプロジェクトマネージャーをやっております。その中でも、情報系システムと言われる、いわゆるコミュニケーション・事務処理の効率化・意思決定の支援などのために構築されるシステムの、インフラ構築プロジェクトを担当しておりました。基本的な仕事は、プロジェクトの進捗管理、予算管理、ステークホルダーとの調整、上席への報告などです。日本総研のシステムインテグレーション部門の社員の役割はプロジェクトマネジメントが主な役割です。プロジェクトの規模によりある程度プロマネのグレードの目安はありますが、部長や次長の判断に委ねられています。基本的にはその時のワークロード次第です。3年目で数億以上のプロマネをする人もいれば、10年目で数百万のプロジェクトをいくつもマネジメントする人もいます。その分、開発やテストなどは最初の一年程度しかやらないため、本当の意味での技術力はつきません。」

採用時の志望動機:高い学歴か難しい資格を有しているとベター

「私は新卒でこの会社に入社したので、明確な志望動機はありませんでしたが、面接では、大きなシステムの開発に携わりたいや銀行という最も堅牢なシステムを開発できる技術を身に着けたいという志望動機を話していたと思います。資格については、情報処理技術者試験とTOEIC600点以上持っていた程度です。この会社は学歴主義的なところが強いので、高い学歴が無い方は難しい資格を持っているといいかもしれません。」

仕事のやりがい・大変なところ:一流ベンダーと協力できる

「仕事のやりがい・面白さについて、一番のやりがいは、とにかく大きなシステム開発に携われることです。若いうちから数億レベルの案件に携われるのは、この会社ならではのやりがいだと思います。また、NTTデータや日本オラクル、IBM等、一流ベンダーを管理するという経験はなかなかできるものではありませんので、これもやりがいだと思います。大変なところは、とにかく縦社会な社内政治があるところです。基本的には個人の裁量があまりなく、自分でバリバリやりたい人には窮屈に感じるかもしれません。」

残業時間:繁忙期は80時間を超える

「平均の残業時間は50時間程度です。プロジェクトが炎上したり、システム障害が発生すると80時間を超える場合もありますが、1年のうち2,3ヶ月程度です。最近では、残業削減に力を入れているため、会社の平均も大分短くなってはいますが、部署によっては毎月80時間を超えるような部署もあるようです。」

sponsored link

年収・手当・福利厚生:10年目以降は実績と管理職

「私は新卒採用入社の大卒正社員です。入社4年目の26歳の時、グレードはS層で、年収は600万円ほどでした。内訳は基本給:25万、残業:120万、手当:40万、賞与:140万ほどです。福利厚生は家賃補助:3万円、昼手当:0.65万、Benefit Station(映画館、レンターカー、宿泊施設の割引など)などです。
 大卒の場合の初任給は22万程度、院卒の場合は23万程度です。日本総研は基礎→E層→S層→P層→SP層というグレードに分かれており、E層からS層に昇格するための研修が4年目にあるのですが9割の人はそこで昇格することができ、基本給が一律28万になるため、E層からS層に昇格する段階で、学部卒、院卒の基本給に差が無くなり、一律になります。年収についても順調にいけば、1年目で400万程度、4年目で600万程度、10年目で800万程度、管理職になれば1200万から1500万程度になります。しかし、10年目程度までは年功序列的に上がっていきますが、それ以上はある程度の実績と管理職や役員とのコネクションがなければ難しいと思います。」

人事制度:実力ある中途採用者が転職してきている

「10年目までは年功序列的に上がっていきますが、それ以降は実力と社内営業力が必要になります。比較的中途入社の人のほうが評価が高い傾向になると思いますが、それは、中途採用者のほうが実力が高いからだと思います。同世代でも実力がある人と実力がない人、社内営業力がある人とない人で徐々に差が開いていきます。ただし、若いうちは年功序列的な評価なので、納得が行く評価がもらえて無いと思うかもしれません。大企業に勤めている学生時代の同期と比較すると、若いうちは比較的安い賃金で働いている気がします。大手Web系や大手SI系の会社、銀行で働いている人は、3年目で700万程度もらっていました。しかし、順調に出世していけば30歳位で追いつき、40歳位で逆転すると思います。年収1000万円を超える仕事はあまりないので、終身雇用を求める方には非常にいい会社だと思います。」

社内教育・社員研修

「社内の教育制度や研修制度は充実しているかと思いますが、基本的に勉強意欲や出世意欲が高い人があまりいない会社なので、自分から積極的に研修を受ける人は少ないように感じます。しかし、望めばいろいろな研修を受けさせてくれると思います。」

女性の待遇:男女ともに育児休暇取りやすい

「私は多様性を推奨しているため、女性の管理職については全く抵抗はありません。最近では女性の管理職の方も増えてきており、それほど抵抗を持つ人もいない職場だと思います。また、男性も女性も育児休暇が非常に取りやすい環境であり、大半の人は役職関係なく時短勤務や育児休暇を取得しております。」

仕事はおすすめ?:意外に安定重視、終身雇用向き・・・?

この会社は、とにかく終身雇用や安定を求める方にはいい会社だと思います。こんなに楽な仕事でそれなりの給料を貰え、休みもしっかりと取れる会社は他を探してもあまりないと思います。ワークライフバランスが非常に取れている会社だと思います。繁忙期の残業時間80時間、平時でも50時間にも関わらずこのように考える一番の理由は休みが取りやすいことです。自分でスケジュールを調整できる仕事であるため、休暇や長期休暇が好きなタイミングでとれます。また、時短勤務や育児休暇なども積極的に利用できる環境です。残業時間に関しては少し多いとは感じますが、朝の残業時間も1分単位でつけられるため、平均すると退社時間は19時くらいだと思います。さらには、予定があれば時差出勤などで調整もできるので、ライフを犠牲にすることはあまりないと感じます。

 また、日本総研は直近の平均勤続年数が11.4年とあまり長いとは言えませんが、平均勤続年数が低いのは、銀行からの転籍者や㈱JSOL分社による退職があったからかと思います。体感ですが、退職率は非常に低いと思います。年をとっても仕事ができなくても、それなりに高い給料を貰えて、クビにもならない会社です。それなりの年収を貰え、仕事のストレスが少なく、休みも取りやすい仕事で、終身雇用向きだと思います。

 その反面、意識が高い人や、バリバリ仕事をしたいと思っている人、成長を求めている人には絶対におすすめできません。また、この会社は何かを創造する仕事では無いため、クリエイティブな仕事がやりたい方にはおすすめできません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. システム
  2. アビームコンサルティング株式会社の年収・企業評判/激務?ITコンサルの待遇は?
  3. 株式会社コアの年収・企業評判/新卒採用のチーフSE、管理職の仕事など
  4. システムイメージ
  5. アクセンチュア株式会社の年収・評判/産休・育児時短勤務の待遇は?
  6. KLab株式会社の年収・企業評判/人事OGが語る採用基準、各モデル年収は?
  7. 日本IBM株式会社の年収・就職評判/フレキシブルに働ける環境有り
  8. アクセンチュアの年収は?採用後の評判・仕事等【就職&転職口コミ】
  9. アクセンチュア株式会社の企業就職評判・各ランクの年収・評価制度「厳しくも自由で成長できる環境」
  10. システムイメージ
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. オフィスビル
  2. 株式会社コノミヤの就職評判・年収「出世は現場昇進や本部配属」
  3. ge
  4. 株式会社ユナイティッドアローズの就職評判・年収「大好きな服に囲まれた仕事」
  5. 株式会社EPARKの年収・職場評判/転職入社サポート部門社員口コミ