九州旅客鉄道|JR九州「大学派遣制度で大学にも行ける」就職口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:助役
年齢:34歳~36歳
現職(勤務年数14年~15年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:高専卒
文理:理系



年収:640万円
残業時間:10時間


社内における自分の年収状況:年収の内訳としては、4割がボーナス、基本給が5割、その他手当で1割程度。助役への登用が同年齢、同じ社内の社員よりも早い方であったため、年収は高い方。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(3)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:設備の設計・工事・維持管理


運輸業を営む企業の中で、設備の設計・工事、維持管理を行う部門に所属しています。役職は助役で、役割としてはテーブルマスターという位置づけで、テーブルマスターとは部や課よりも小さなチームの管理者に当たります。設備の維持管理のための予算計画や保全計画を策定するとともに、設備更新や設備投資工事の予算計画・工事監理も行っていました。その中でも特にテーブルマスターであることもあり、予算管理や請負会社との折衝、部内調整などが主な役割となります。また、部下社員の指導・教育も役割の一つです。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

現在は中間管理職という立場であるため、部下と上司の間に挟まれた立場となります。年上の部下ということもざらにあるため、部下が気持ちよく仕事ができるよう環境を整備することが大変です。しかしながら、自分たちのやりたいようにある程度任せられている会社でもあるため、中間管理職として部下に指示し自分たちのやりたいように仕事をすすめるのはやりがいでもあります。また新しいことにどんどんチャレンジする会社でもあるため、その点もやりがいを感じます。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

転職者に期待されるものとすればまず、ビジネスマナーがしっかりしていることです。九州旅客鉄道は特に国や自治体を含んだ他企業との協議場面が多いため、よりしっかりとしたビジネスマナーが求められます。仕事上部外との協議を行うことも多く、補助金等部外の資金を利用することも多いことから、交渉相手に対し失礼のない人であることが必要です。

また、その職種に対する専門知識も必要で、実際に自分たちが手を動かして工事をすることはありませんが、部内外との調整や将来計画を作るためにそれぞれの専門分野の知識を持っておく必要があります。

未経験者でもビジネスマナーがしっかりしており、コミュニケーションがしっかり取れる人であれば歓迎されますし、経験者でもそのようなことができない人は活躍できません。

人事制度や出世コースについておしえてください。

総合職社員が出世しやすいため、国立大学の卒業生が出世しています。ただ、管理職のポもそれほど多くないことから、ある程度成果を残したり、目立った活躍をしていないとなかなか管理職へは登用されないようです。

また、入社時に大卒、総合職でなくても、大学派遣と言って会社が大学へ社員を派遣する制度があり、会社の指定するいくつかの中から会社負担で大学、大学院に行くことが出来ます。入社時の最終学歴により、選べる大学は変わりますし、また年齢にも一定の制限はあります。それらを満たして社内選考に合格すれば大学生になれます。完全通信教育の大学や通学する大学もあり、大学院の場合は海外の大学院もあります。

私自身も入社時の最終学歴は高専卒でしたが、その後会社からの大学派遣により大学を卒業したため、現在は総合職です。

年功序列の部分も一部の現場にはやはり残っており、現場長は年配の方というところもあります。仕事ができるできないというのを直接見る上司の判断ではなく、もっと上の判断で管理職となるか否かが決まってしまうところがあるため、評価については納得できないと思うこともありますが、直属の上司からの評価については納得できます。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

仕事の偏りは繁忙期・閑散期で大きいため、残業時間も多い時は50程度あれば少ない時は5時間程度ということもあります。繁忙期や閑散期に何月といった決まった時期はなく、プロジェクトの進捗によります。通常期は概ね10時間程度の残業時間です。

有給休暇については申告すれば基本的に取得できるということもあり、取得しづらいと感じることは殆どありません。しかし、一部の交代制勤務の職場などでは要員の関係上、有給休暇の取得ができないといったこともあるようです。労働時間管理についてはうるさいくらい徹底していますので、ワークライフバランスは取りやすい会社であると思います。長期休みは基本的にありませんが、有給休暇を使っての長期休暇を非難されることもありません。

なお、在宅勤務やフレックス勤務の制度は導入されていません。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

入社後に賃金制度が改正され、以前の年功序列が濃い賃金制度から、社員の能力が反映されやすい賃金制度となりました。概ね主任で年収550万円、助役で600万円、課長代理で年齢にもよりますが650万円~700万円程度の年収となります。それよりも上の役職となると、会社側の社員となり、年収も800万円を超えてきます。

手当についても色々とあり、年手当や扶養手当は当たり前のこととして、特定の国家資格取得者に与えられる技能手当や、特定の役職に与えられる職務手当があります。

採用は総合職と専門職であり、総合職採用社員は幹部候補生ということで、昇級試験の受験が速くなるため、昇進が早くなります。また、主任登用、助役登用で給料の増える額が大きいため、同年齢でも役職がついていない人とそうでない人との差は大きくつきます。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

新規事業にどんどんとチャレンジし、新たな分野を開拓していく姿勢をはっきりと打ち出している点は今後も安泰なのかなと感じます。ただ、本業というか、最もメインとなる輸送業についてはこれから少子高齢化社会へと進むにつれ利用者が減ってしまうことから危ないと感じています。現在は新規事業への調整でその点があまり目立っていませんが、新規開発や新規事業が飽和し、次にチャレンジする舞台が失われると危険な状態になることもありえりると思います。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

基本的に安定している会社であるため、長く働き続けたいと考える人にはおすすめできます。寮や社宅をはじめとした福利厚生制度も充実しており、その点もオススメできる点です。給料については周辺企業と比較して多い方とまでは言えませんが、変わらないレベルです。

古い体質の会社で飲み会など勤務時間外に社員同士で何かをやるという機会がおおいため、そのようなことを不要と考える人にはおすすめすることができません。

体育会系でコミュニケーションをとる事が区にならない人にはオススメの会社です。

女性が活躍しやすい環境ですか?

育休・産休については積極的に取得するように言われているため、取得しやすくなっています。また時短勤務についても何度も制度が改正され、使いやすくなってきています。

能力のある女性は当然管理職へも登用されますし、女性だからどうということはないと思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

輸送業という事業柄社員数が多いこともあり、社内結婚は多い会社です。

また、一般的には大企業と言われるため、合コンなどの出会いの場でも人気がありますし、そのこともあってか、社員の結婚年齢が低い会社であると思います。

回答日:2017-12-31  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事