株式会社なか卯「忙しいが残業代はきちんと出る」

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:ストアマネージャー代理
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数6年~7年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:600万円
残業時間:128時間


社内における自分の年収状況:年収は同期に比べて高めです。なぜなら、人数が少ない人手不足の地域に勤務していたため、残業代が上積みされていたからです。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(1)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容

職種:店舗営業職


店舗営業職として、お店の営業を監督し、ほぼ毎日12時から13時の一番忙しいピークと呼ばれる時間帯には実際に現場に入って、うどん、牛丼、親子丼、おそばの製造を行います。 またマネージャーでもあるので、毎日の売り上げを管理し何人まで使えるか、この店のこの時間帯なら何人まで使ってよいか、同じ地域の他店と比べての営業利益はどうか、などのレポートを上のマネージャーであるエリアマネージャーに報告します。  

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

私は、ストアマネージャー代理とランク的にはストアレベルの上から2番目におりました。その上で、1店舗の運営に関して責任をもって対処するよう育成いただきました。

仕事のやりがいとしては、やはり自分のお店の営業利益があがるためにはどうすればよいかを毎日真剣に考え、状況によっては他店と比べて何が自分の店と違うのかを徹底的に考えました。

ゆえに、大変なところとして挙げられるのは、そのために休日は事実上ほとんどないこと、アルバイトが無断欠勤するなどして穴をあけた場合は、たとえ休みの日であっても自分が入らなくてはならない、という点です。                                 

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

未経験者は、基本的に歓迎されます。なぜなら、なか卯<ゼンショー>の社風になじんでいただくことができ、それを経営陣もわかっているからです。

基本的にオペレーションといわれる牛丼やうどんの製造を、マニュアル通りに機械的にきっちりできることが求められます。ゆえに、アルバイトや他の飲食業で働いていた経験者も時には採用されますが、基本的には経験者は他店のやり方が体に染みついており、それをなか卯で実施されると困ってしまうため、原則としては避ける傾向にあります。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースに乗る人物は、仕事が好きで、仕事のために自分の時間を捧げることのできる人物でなおかつ要領の良い人物です。

学閥や学歴といったものは一切関係なく、専門卒と大学院卒が同じ土俵に立って競うため、たいていの場合は若い専門卒の社員が勝ちます。

評価制度は、エリアマネージャーになるまでは通称「演舞」といわれる、実際にお店で勤務するときには絶対に使わない方法で行う牛丼やうどんの製造方法をマスターした社員から出世していきます。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は所属するエリアによって大きく違いますが、私の例を挙げますと神奈川県のエリアです。人手が少なく6店舗エリア内にあったのですが、正社員<マネージャー>は私を含めて3人でした。常時最低でも12時間から14時間ほど働き、月に2,3度は24時間継続勤務を実施します。これは、アルバイトの無断欠勤などが運悪く重なってしまった場合などに発生します。

有給休暇は取得することが難しく、そもそもあまりワークライフバランスは存在しません。夏休み・冬休みは3日ほど連続した休みがありますが、それも状況次第のため上司から「やっぱ、無理そう。〇時から〇店いってちょうだい」というのが普通でしたので、事実上自宅待機状態になることもしばしばです。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収は新卒として採用された後、どの地域に派遣されるかによってかなり違ってきます。採用から半年ほどの段階で一番下のマネージャーとなりますが、ヒマな地域に派遣されると260万ほど、私の場合は当時人の足りない激務の現場に派遣されたため、額面30を毎月超え年収は500万ほどでした。

手当は住居手当が家賃の半分ほど支給され、福利厚生として各種社会保険のほか、賄として半額の値段でお店の商品を食べることができました。

大きな昇給タイミングとしては、マネージメントする担当領域の広さがあるのですが、そこが変わるときに最も大きく変わります。
『ストア→エリア→ブロック→ディストリクト→ゼネラル』というのが大まかなランク分けですが、各ランクにそれぞれ5つほど給与ランクがありますが、仕事の内容は変わりません。エリアマネージャーまでは完全に試験に合格するかしないか、だけなので年齢は一切関係なく、新卒・既卒も関係ありません。

この5つの中にさらに「給与上の」階級が設定されており、例えばストアの中だと
『トレーニー→2nd.アシスタントストアマネージャー→1st.アシスタントストアマネージャー→ストアマネージャー代理→ストアマネージャー』となっています。私が記載した年収は、各エリアの最上級(ストアの場合だとストアマネージャーの階級にある社員)の社員の年収になっています。

私の年収はストアマネージャー代理で、現在およそ600万円ですが、残業代を除くと、基本給25万+住居手当2万円+ボーナス夏冬2か月分=50万円/年で、374万円程です。
ランクが上がった際の給与は、残業代を含めないと、だいたい以下の通りと思います。

ストア:約300万円程、エリア:約450万円程、ブロック:約600万円程、ディストリクト:約900万円程、ゼネラル:約1100万程

わたしはストアマネージャー代理なので、ストアの最初よりは良い年収です。
ブロックからディストリクトに上がる時に大きく上がる原因は、ディストリクトから本社のデスク持ちとなり、ブロックがおよそ80人ほど社員がいるのに対し、ディストリクトはわずか6人にまで絞られるためです。ゼネラルは全体で2人しかないため、社長に準じる立場となっているためです。

各名称の中にさらに細かい給与上のランク付けがされております。厳密にすべてのランクを記載すると、25から30ほどの給与階級が存在します。ただし、給与階級はあくまで給与階級であり仕事の内容として大きく変わるのは、ストア、エリア、ブロック、ディストリクト、ゼネラルのこのとある区分からとある区分に変わるときだけです。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

正社員は残業代が出ているため、稼ぐという意味においてはよいところだと思います。多くの飲食業の残業代はでないのが普通ですので。ただ、お店の数がおよそ600近くあるのに、正社員はその半分しかいないという状況は、いずれアルバイトに店長を任せなくてはならないくらいの勢いです。そういった部分で、金銭面的リスク・及びリスクマネジメントという意味では、難しい状態にあるのではないかと考えています。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

私自身はこの仕事をオススメはしません。待遇は残業代がキッチリでるため正社員として短期間で大きく稼いでいくというスタイルが好きな方にはオススメできます。ただ、残業代の関係で、自分の残業を確保するためにアルバイトの残業を削るといったことをしなければならなくなります。

正社員同士の人間関係は良くも悪くも、あまり関わったりしないところにありますが、アルバイトとの距離は比較的近く一緒に飲みに行ったりすることもあります。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は社内で数人おりました。しかし、彼女たちはみないわゆる「社畜」になった末の結果なので、基本的に現場の店舗営業職として働くならば育児や産休といったものは難しいです。

唯一普通の事務職として産休や時短勤務ができる人々は、本社の事務を担当してるごくわずかな店舗支援職のメンバーだけです。しかし、採用されたうちの9割は営業職になるため、支援職として勤務するには何かコネか運の良さが必要だと思われます。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛及び社内結婚は、正社員がアルバイトの女の子とつきあうというのが多い流れです。

正社員同同士は、たとえ結婚しても要求があれば別々の地方に異動になってしまうため、またそもそもお互い疲れていて家に帰れない状況もあるだろうことを、お互いわかっているためです。

回答日:2017-11-18  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事