三井造船株式会社「創業100年企業で安泰。仕事は危険も伴う」

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

生産職(工場作業職)
役職:なし
年齢:34歳~36歳
現職(勤務年数1年~2年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:理系



年収:390万円
残業時間:40時間
有給取得率:495%


社内における自分の年収状況:私の年収は同じ作業員(他業種)の給料とほぼ変わらないように感じる。より危険な作業を行っているため、他業種の作業員と同じ給料というのは少し少ないように思える。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:組立・加工


三井造船内の船を製造するにあたっての、足場の組み立て・解体工事の作業担当。組み立てる前の船のパーツは商船等(タンカー、国防省等の船)なのでとても大きいサイズであり、溶接作業や塗装作業などをするためにはまず、船のパーツに合わせた足場を組んでからの作業となる。その為の足場組立作業を行っている。また、組んだ足場は仕事の進捗状況によって変動するため、用途に合わせた足場を組むこともある。最後にはもちろん、組んだ足場の解体工事を行う。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

仕事のやりがいは、なんといっても大きなものを作り上げる点。タンカーのような大きな商船や、国の国防省等の船に携わる仕事というのは、中々他にないように思う。

大変な所と言えば、まずは体が資本であるということ。知識労働者とは違い、肉体労働が基本であり、大きなものを作るという点で危険も大きくなる。重量物、高所作業、火器作業、プレス作業、運搬作業、全てが大きなものになる為、安全第一での作業が必要不可欠である。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

未経験者は性格、能力はそこまで重視されないように感じる。未経験者での入社というのはわかっているので、性格、明るく真面目なタイプが好まれる傾向があり。 社交的でなくても一人で黙々と作業をする内容も多いのでそういった人物の方が好ましい様子。

経験者は未経験者とは違い即戦力としての期待が大きい。もちろん社交性も必要だが、仕事をこなす精度や内容、仕事の貢献度が現場管理者から見て一定以上であればかなり、優遇もしてもらえることになる。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースとなるとやはり、大卒が強い。管理職となっているのは大概、大卒が多いと思う。一般の作業員からのリーダー、主任者、管理監督者となるとかなりの人数の中から選ばれるようになるため、大卒の方が出世する。もう一つは素直であることである。評価制度は成果主義体制になってきた(ランク付け制度も数年前から実施)が年功序列も抜け切れていないイメージである。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は月によって異なり変動が大きい。月平均では、閑散期20時間~30時間ぐらいだが、多くなると繁忙期50時間~70時間ぐらいになることもしばしば。ワークライフのバランスはとりやすい方だとは思う。管理職、主任作業者になればワークライフのバランスは取れなくなっていくように感じる。残業発生理由は、製造作業のミス、不具合で発生する。また、繁忙期での残業ももちろんある。

有給休暇はしにくい環境のように思える。作業主任者など管理側の取得がない中、作業員が取るわけにも…といった雰囲気。長期休みはしっかりとある。正月、ゴールデンウイーク、盆休み、等である。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

造船内の役職名は下から作業員→作業リーダー→作業長→作業主任者→作業管理監督者(課長、部長)。

年収は作業内容によって差額がある。溶接作業、塗装作業、運搬作業、組み立て作業、経理、総務、営業、等によって手当ての額が違う為である。 

ざっくり現場の年収は、作業員・リーダー(役職無しクラス)300万円~400万円、作業長330万円~430万円、作業主任者400万円~500万円、作業管理監督者500万円~700万円ほど。福利厚生は社会保険、残業手当、交通費、各種保険、役職手当(役職ごとの額は不明)、深夜手当など。

昇給は各作業員ごとにランク評価がありそれに伴って昇給が、年に一度するようになっている。よって同年代でも年収の差額は出てくる。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

業界の将来性は安泰ではないが、危ないとも感じない。創立100年というのもだてじゃない。というのも造船内のエンジン製造事業は世界トップクラスの技術であり、他にはない強みでもある。

国の国防省などの作業もあり、従業員数も考えて、最悪の状況である倒産やリストラ等には、やらしい話だが、国がそうさせないと思われ、支援する形になるように思える。勿論一定ラインの仕事もできないようなら退職に追い込まれることにもなるであろうが、それはどの仕事でも同じだと感じる。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

この企業で働く事をお勧めするかというと、私自身の仕事はお勧めはしない気持ちが強い。なぜなのかの一番の理由は危険が多く存在する点。待遇、休暇、仕事、評価、人間関係、社風。どれも企業の大事なポイントであることは確かであるが、働くのは自分の為であり、家族の為でもある。危険が伴う仕事だが、造船はそれに伴った待遇ではないように感じる。

その一点を除けば長く会社は続いていく会社であると思うのでお勧めは出来る。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職については道は開けているようには感じない。なぜならば、現に見たことがないからである。育児休暇、産休、時短勤務については出来ると思うが、あまり多様するようなら、良い評価は受けにくいように感じる。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛はほぼ無いように思われる。男性社員に対し圧倒的に女性社員が居ないためである。逆に女性目線からすればチヤホヤされやすい環境ではある。

社外などは出会いは、同じ職場仲間との知り合いと飲み会などをして…が多いのでは。

回答日:2018-03-24  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事