ウエルシア薬局株式会社の年収・評判/店長の給料、残業、仕事内容は?

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:店長
年齢:50歳~53歳
退職(勤務年数22年~23年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:なし



年収:550万円
残業時間:10時間
有給取得率:495%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は、。基本給は450万、ボーナスは100万です。残業に関しては月間15時間までは裁量手当に含まれているので基本給に当たります。同じ社内で同じ年齢で650万もらっている方もいますが、私にとっては現状で満足です。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:小売業営業


業務内容は、販売面における従業員管理ではシフト管理、予定作成、業務指示とそれに対する評価、ルール作成を行う。店舗運営では掲示物の管理と維持、交換、商品陳列に関る全般と従業員への指示を行っている。 金銭管理においては経費コントロールのための提案と実践をし、振り返りの報告をして次に活かす。また、売上を向上させるための売場提案、販売促進提案、商品拡売手段などの改善を提案し、実践し、検証する繰り返しを実施することが大きな項目になっている。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいはお客様から喜ばれること。ありがとうと言われること。そのためには下準備や知識習得、技術向上がどうしても必要になり、それをクリアしてはじめてお客様から喜ばれたことに自分の存在感を最大限感じられる。ただ気持ちだけではお客様は喜んでくれないし、喜んでくれたとしても自分のまいた種、水やり、収穫という満足感までは得られない。小売業は直接お金を払う人ととのやりとりがあり、その積み重ねが多ければ多いほど喜びが増すところが魅力だと思う。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

自分が採用された決め手は特にはなく、今から27年前ということもあり社長面接で気に入られたことだと思う。資格や経験が全くなく意気込みだけで面接に行ってしまった感がとてもあり、人事部の人たちは後から聞いてびっくりしていた。

採用される人材とされない人材の差はそれほどないと感じている。が、その仕事に対する本来の心構えがどれだけあるのか?は関係あると思う。飲食であればおいしい食事をふるまいたいなど。採用後は何といってもクールでありながらひたむきでいる人がかわいがられるように思う。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世するタイプは、まず人材としてクールでひたむきなこと。これは残業や行動を分析して効率を上げ、無駄をなくしながら取り組みつつ、それと同時に意識として頑張ること。昔の根性論は用いずに最短で成果に結びつける手段を施す人。そして部下を育てられる人。

こういった人材であり、必須業務を確実にこなし、自分自身のオリジナルな部分は他人と比べてもそれほど多くなくても成果が上がっていること、更にこれをきちんと表現できる人が出世するように思う。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

月間残業時間は10時間ほど。小売業ということでどうしても営業時間と勤務時間を一致させることはできないため、交代制で早番遅番を作り調節するわけではあるが、なかなかピッタリはいかない。それでも会社自体は残業なしないスタンスなので0にしようと思えばできなくはない。

年間有給付与日数は20日。多くの社員は年間付与される有給休暇とは別の休暇である年間10日間をうまく使い、有給休暇は使わないので蓄積される傾向にある。私はこの別休暇の10日は全て利用しているが、直近年間で有給休暇の使用は1日である。有給休暇は最大の40日になる。

ワークライフバランスは比較的取りやすいと思うが、自分次第なのできちんと業務に向き合っていないと残業が多くなる。特に営業時間の長い店舗に配属になると、計画を立てる人が従業員の残業のことをきちんと考えないと犠牲者が出る。また長期休みがなかなかとれないのは仕方がないとあきらめる人が多い。ただ、私自身は年間の休日には満足している。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収に関しては現在に至るまで様々な変更があり落ち着いたところ。一般社員では400万から500万、店長クラスは一般企業であれば主任か係長のクラスではあるが500万から600万、その上に地域マネージャーにあたる役職があり600万から650万、それ以上に関しては650万から750万ほどである。

年齢的な考え方はほとんどない会社で、30歳を超えると人それぞれになる。これまで合併や吸収で大きくなってきた会社で、旧会社の習慣や給料を活かしながら改善に改善を重ねてきた。その度に給料が少しづつ下がっているとほとんどの従業員が感じている。しかしながら成果を上げた者には手厚い待遇があるので平均年収にすると対外的には申し分のない給与体系になっている。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

現在、小売業の中では売上の順位を上げてきており、コンビニの成長よりも伸長しているといわれている。

日本の健康保険に掛かる金額が高齢化に伴い増加の一途だが、政府は病院になるべくかからないために様々な施策を施している。健康への啓蒙はこれからも継続され、皆様の見えないところでドラッグストアへの誘導を行っている。医療費控除の改正などが一例である。従って市場はドラッグストア業界にはまだまだ明るい展望を持っている。

しかしながらその業界の一部をコンビニが狙っていて法改正にも着手しており、ドラッグストアにとっては最大の脅威である。今までは百貨店とスーパー、コンビニ、ドラッグストアの違いは、取り扱う商品の違いだったのが、現在では大分垣根がなくなってきている。なのでゆくゆくは歩いて5分で行けるのがコンビニ、10分でドラッグストア、15分でスーパーというような捉え方になると思われる。

現在では医薬品取り扱いの規制に守られているドラッグストアはコンビニやスーパーとの戦いを意識している。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

社内ではこの業界はとても大変と言われているが、私はそうは思っていない。他の企業で働いたことのある人はなかなか言わないのではないかと思われる。

勤務時間、仕事のストレス、使う体力、人間関係について、用意されている環境はどれも一流ではないけれどそこそこではある。立ちっぱなしの仕事を敬遠する人もいるが、私にとっては座りっぱなしの仕事のほうが疲れると思われる。多くの人と知り合えるので、コミュニケーションが苦手でない方であれば小売業、特にドラッグストアはおすすめである。

女性が活躍しやすい環境ですか?

会社は今女性の管理職を求めており、意識して女性の管理職ポストの窓口を広げている。そこには経験値や能力よりも、働く姿がきれいでかっこいい存在感を出す人が求められている。

店舗の配属では、営業時間のことがあるのでどうしても夜遅くの帰宅が避けられない。勤務時間よりも帰宅時間のほうが働くにあたっての不満が女性には多い。勤務時間は8時間を超えることが多くはあるものの、管理職ポストは閉店時間は関係なく自分でスケジュールを作ることができるので遅くはならないため、女性によって働きやすく良いと思われる。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛、社内結婚は非常に多いです。もう全員といっても過言ではありません。特に薬剤師の男性は、入社後磨かれ激変する人も多く、今まで味わったことのない人気が出る。出会いの場は何といっても店舗。店長の知らない間につきあっていたというのはうちの会社ではとても自然な成り行きである。

オフィス環境についておしえてください。

桜木町駅から近い店舗では飲食店が多くあり、飲み会は頻繁にあるようである。小売業ということもあり、月間何度もないが、待ち合わせなどで夕方のみなとみらいを歩くのはなかなか気分のいいものである。

特にワールドポーターズでは食べ物屋さんも豊富で映画もOK、買い物でも人気がある。マークイズの店舗では働いているだけでおしゃれになった気分でいられいいのですが、流石にランチタイムをゆっくりするのが難しく、店舗近くの簡単なお店で済ますことが多い。それでも食べ物屋さんが近くにない店舗も沢山あるので、マークイズ店での勤務配属は憧れである。

回答日:2018-04-23  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事