積水ハウス株式会社の年収・評判/住宅・アパートの転勤あり営業職の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:24歳~26歳
退職(勤務年数3年~4年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:理系



年収:750万円
残業時間:45時間
有給取得率:50%


社内における自分の年収状況:全国転勤ありの総合職で、年収の内訳は基本給22万、残業手当8万、業績手当20万(月平均)、ボーナス約150万(年間)ほど。金額は新卒同期入社に比べて上の中くらい。大型の分譲が所属エリアであり、そこの契約がいくつか取れたため、同期よりも収入が多かった。それを除けば一般的な契約件数だと思う。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4.125)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:営業


仕事内容は住宅と賃貸アパートの販売営業である。主には、個人のお客様相手の住宅営業、もしくはサブリース型賃貸アパートの販売営業になる。 最初の配属で主な仕事が分かれるが、基本的に新入社員は住宅営業になることが9割5分くらい。まれにサブリース型賃貸アパートの販売営業に配属されることもある。アパートの営業になると勤務体系が変わり、土日休みになる。アパートの営業が住宅を販売することはほぼないが、住宅営業に配属になり、3年くらいして経験を積むと、そのうちアパートの営業も兼任してやることになったりする。しかし、兼任の場合、アパートに関しては目標数字などはあまりうるさく言われない。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

毎月契約を取って数字を作っていくことは大変だが、お客様と一緒に住宅の土地から間取りから内装・外装などを考えていくことはけっこう楽しい。また、お客様の収入状況や負債、勤務先など住宅ローンの審査に係わってくる部分の話をよく聞き取り、ケースバイケースで、どの銀行に住宅ローンを斡旋するかで、契約できるかどうかが変わってくることもある。そのため、一から経験を積み重ねていくことが、実際にその後役に立つと実感できる点はやっていて面白いと思う。難しい案件ほど、営業としての力量や知識がものをいうと感じることができる。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒の営業職であれば、バラエティ豊かに人材を採用するような方針であると思われるが、体育会系や元気のある学生などがどちらかといえば採用されやすいと思う。営業職なので、そこまで敷居の高い職業でもないが、元気があればそれだけで採用されるケースもあるようだ。

採用後に可愛がられるためには、よく気を使って、社内営業を上手にすることが気に入られるコツ。そこそこ力のある所長・課長などについていき、その人が出世した後に引っ張って行ってもらうくらいが一番簡単に出世できる。営業なので数字が全てと言ってしまえばそれで終わりだが、抜くところは抜いて、締めるところはしっかり締めることができる営業であれば、そこそこの数字を作っていればうまくやっていける。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースというものは基本的にないに等しい。出世する人材は、①営業として素晴らしい業績を出し続けられた人②そこそこの業績を出している且つ役員などに気に入られている人③見栄えのいい業績を出している且つ優秀な部長クラスに気に入られている人

学閥に関しては、もともと学歴の高い人が集まっているわけではないので、特に存在しない。しかし学歴が高いと珍しがられるし、上の人に良く覚えてもらえる利点がある。評価制度に関しては、ほぼ成果主義になる。年齢による昇給ももちろんあるが、勤続年数によって出世できるのは平社員の次の主任までである。所長(店長・課長も同列)・部長以上は、ある程度の実績が必要になる。ある程度というのは、さらに上の人たちからの気に入られ具合によって変わる印象。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は月に40~50時間ほど。繁忙期などは住宅営業なのであまりないが、営業相手は一般の会社員がほとんどなので、世間が休みの時に一番働かなくてはいけないことがほとんど。

しかし、年間休日は130日ほどあり、休日出勤はよくあるが、代休制度がしっかりあるため、自分の営業予定にそって計画的に休みを取ることも可能。だが、数字がなかなか作れていない場合などは、有給なども取りにくい雰囲気があるため、そこは自分の所属する直属の上司次第になってしまうことが多い。長期休みはお盆と年末年始がとても長い。GWは短め。フレックスなどはない。時短制度はある。お客様の都合によって、休みの日に急に出勤になったりもするが、代休をうまくとればしっかり休めると思う。なお、私の年間の有休消化日数は10日ほど。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

営業職は基本給+歩合給という形が基本的な給与体系になるため、同年代でも契約を取れるか取れないかでかなり差は開いてくる。
そのため、主任・所長・課長・部長などの役職はあるが、営業の場合は、部長と一部の課長以外は営業をしており、平社員・主任・所長の給与差は、契約の量に影響されやすい。平均的な営業で言えば、新卒2年目から年収500~600万前後、所長・課長クラスで1,200万ほどが一般的である。毎年の昇給などや役職手当もあるが、歩合の割合が多いため、平社員が所長よりも給料が高いケースも十分にある。(年間を通して高いということは少ないが、、、)

積水ハウスグループは、主に職階・職級制度を用いており、職階がA~D、職級が1~4までの16段階の制度になる。A1が一番上でD4が一番下の職階になる。D職は平社員、C職が主任になる。C職までは普通に働いていれば昇格可能だが、B職以降は、営業成績などの評価にゆだねられるため、C職で定年退職する人もいる。実績のない社員では、30年目でもC職であるし、実績がある社員であれば、15年でB職ということもある。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

積水ハウスの営業方針として、富裕層をメインターゲットにしているということもあり、商品の積水ハウスの住宅については、建物の価格だけで3,000万円は必ず必要になる。土地に関しては、全国規模で営業しているため、エリアによってさまざまだが、地方でも土地と建物の総額で4,000~5,000万円は必要になる。

積水ハウスの住宅の一番の強みは耐震性だが、この価格帯の住宅では、木造・軽量鉄骨造のどちらも積水ハウスに匹敵するほどの耐震性を持つメーカーはいないという点が一番の営業利点になると思う。

余談だが、昨今、大震災などの話題も多いため、住宅メーカーは耐震性を前面に出して売りにくることがとても多い。その際に、自社の住宅の耐震性はとても高いですというような話を必ずするが、ただ耐震性が高いと言ってもその幅はとても広く、「物は言いよう」という言葉を体現したような表現のよく聞かれる。ただ、大手のハウスメーカーであれば、耐震等級3級は当たり前で、その基準よりももっと高いレベルで耐震性の競争をしている。その中で自社で耐震性の技術を研究し追及している企業もあれば、そこそこで満足する企業もある。営業が耐震性が高いと言ったとしても言葉を鵜呑みにせず、いろいろな企業の営業の話を聞いて、自身で調べていく必要はあると思う。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇や休暇については申し分ないと思う。正直、学歴が大したことなくても、営業として地道に頑張っていけば、5年もしないうちに700万近い収入はほぼ確実に手に入る。あとは、個人の営業としての資質の部分もあるが、全員がスーパースターになれるわけではないということは、社会人になるような年齢の人であれば、想像することはたやすいと思う。その人なりの働き方を5年ほどで見つけて、社内営業もそこそこやっていけば、出世はしなくても安定して稼いでいくことは十分に可能。

本人が営業として頑張りたいと思うのであれば、不動産業界の中では、休みも多く、かなり待遇がいい会社の部類なので、ぜひ入社して頑張ってほしいと思う。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は、少しずつ増えてはいるらしいが、正直なところ、まだあまりそういう人はいない。事務であれば、産休・育休・時短勤務などは選びたい放題で、自由に勤務体系を変えることが可能であるが、女性営業となると産休から復帰するという例がほぼないため、少し難しい雰囲気になっている。

産休復帰がない理由としては、女性営業がもともとあまり多くなかったということもあり、産休から復帰する前例がほぼないので、基本的に子供が出来たら辞めるという風潮というか通例のような雰囲気が現場にあるということだそうである。また、仕事が結構忙しく、残業も多いため子育てと両立できないと考える人がほとんどだということも、あると思われる。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛はあまり露見することが少ないが、社内結婚は意外と多い。また、グループ会社内の恋愛・結婚などもよくある。休みが平日なので、同業他社などが相手としては多い印象がある。若い営業の間で合コンなども良くやっているため、出会いにはあまり困らないと思う。

オフィス環境についておしえてください。

静岡県勤務だが、静岡支店では、ビルの3フロアを借りており、そのうちの1フロアが事務所というような形になる。静岡支店の事務所に各営業の固定席はあるが、支店と合わせて展示場勤務の営業がほとんどであるため、基本的には展示場の個人の場所で仕事をしていることが多い。週一の全体朝礼や営業会議などの時に支店に出勤するような形が多いが、基本的には支店で仕事をしても展示場で仕事をしてもどちらでもよい。

静岡駅から徒歩5分ほどに位置しているため、飲食店や歓楽街などもすぐ近くにある。営業仲間と飲みに行ったり、他業者の営業と交流会などをしたり、立地はとても便利。

回答日:2018-05-01  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事