株式会社ダイフクの年収・評判/ホワイトと言うには残業が多い?30代男性口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

生産職(工場作業職)
役職:なし
年齢:30歳~33歳
退職(勤務年数9年~10年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(修士)
文理:理系



年収:585万円
残業時間:40時間
有給取得率:100%


社内における自分の年収状況:年収は基本給:323万円、ボーナス135万円、残業103万円(月平均40時間程度残業)、手当など24万円が大体の内訳です。社内の同じ年齢の人と比べるとほとんど同じくらいの給料か、残業のない部署と比べると、50万円ほどの差があるという程度でした。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.75)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:製造部加工職


所属事業部は自動車生産ライン向けシステム:AFAの事業部。この事業部では、自動車メーカーに、生産ラインの全域にわたる自動化・省人化システムを供給している。具体的には、車の製造ラインのレールや昇降装置、キャリア(車のボディを運ぶもの)を製作し、納品している。私は、これらを製作する部署にて、レールやそのパーツを、材料の鉄鋼から製作していた。 私のいたグループには主に図面の材料図、加工図がまわされ、鉄板を材料として、レーザ加工及び、曲げ加工を行っていた。完成品はさらに別のグループに回され、そこで、組付け図を基に別のパーツに溶接や組付けが行われ、塗装後、最終製品として出荷されていく。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

仕事における1番のやりがいは、自分の担当業務については、ほぼすべて任せてもらえるという点。逆にこれは、プレッシャーにもなるし、問題を起こしたとき、自分ではどこまで対処し、「何を上司にしてもらわなければいけないか」ということをしっかり考える必要がある。

また、出荷優先で、納期に追われるため、夜遅くまでの残業になることもある。しかし、その分自分の実力も上がっていくので、最初は大変だが、あきらめなければ自分の成長をしっかり感じることができる。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒入社時に歓迎される人材については、学校の勉強ができるということよりも、「自分から進んで学んでいくことができるのか」ということが、重要視されているように感じた。勉強ばかりで協調性が乏しいと判断された人は、採用されにくいように感じた。

また、採用後は、口だけでなく、自分から動いて、結果を出す人や、根回しがうまく、他部署との仕事を上手に連携してこなせる人がかわいがってもらえると思う。逆に、理想を押し付けるだけで、他部署のことをあまり考えていない人や自分から動けない人は、この会社ではうまくいかないと思う。

中途入社であっても、自分から動いて結果を出せる人や、根回しがうまい人はしっかり出世していける環境にあると思う。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世のコースとしては、部署を異動するというよりも、そのままの部署で上に昇級していくというほうが多い。出世する人の特徴としては、自分で動いて、成果を数字などで報告することができる人。逆に、貢献していてもその内容をうまく、数字で報告できないと、出世しにくいと思う。

また、評価は係長レベルまでは、年功序列的に昇級していく。成果主義も取り入れているので、係長に昇進するのが早い人もいる。部長以上になるには、海外駐在経験あることが条件であるように思える。なかなか頑張っても、うまく伝えられないと評価されないという点については釈然としないものはある。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

月の残業時間は、忙しい時期は60時間から80時間あり、閑散期でも30時間~40時間程度はあった。ホワイトと言うには残業は多めで、どうしても連休前などは仕事が重なるため忙しくなり、残業も増える傾向にある。

しかし、有給休暇は、事前に伝えておけば、いやすい環境にあり、年間20日付与されるが、私の場合は、ほぼ、毎年使い切っていたと思う。年末年始とゴールデンウィークは長期休暇があり、大体、7日から9日間の連休となることが多かった。残業が多い一方、まとまった休みがあるので、家族で、旅行に行ったりしやすい環境であると思う。

逆に、残業が基本的に多く、土曜日出勤もあるので、子供が小さいうちは、奥さんに負担がかかり、ワークライフバランスもとりにくい。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

各役職とその年収は、
役職なし 300万~500万円 同じ年齢でも20代後半くらいから給料に差がつくこともある。
班長 班長手当あり 月5千円 年収500万 20代後半から30代前半
係長 係長手当あり 月1万円 年収600万 30代後半から40代前半
課長 年俸職 700万 40代後半
部長 年俸職 800万 50代前半 海外駐在経験があるとなりやすい

中途や新卒は関係なく昇進できる人は昇進できる。基本的に、所属した部署の上司が役職をつけるか決めるので、その上司に評価されることで昇進していく。ただし、係長までは、年功序列の様な形で、大半の人が昇進していく。

福利厚生は一通りそろっており、社会保険、従業員持株会、財形制度、持家推進制度、育児休業制度、介護休業制度、短時間勤務制度、退職金制度があり、保養所や独身寮もある。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

事業部が複数あり、海外への事業展開もされているので、どこかの事業部の業績が下がっても、全体としては利益が出ているという状態をキープできている。全社的に赤字になったということは聞いたことがないため、安定感のある企業であると思う。

一方、事業部によっては、新しいことを始めたりすることに抵抗感がある為、事業部単独で、利益を出すために成長していくという点においては、なかなか、伸びる可能性がないように思える。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

自分で、人間関係を築いて、柔軟に動き回ったり、自ら新しいことを学んでいける人にはとてもお勧めする会社であると言える。現に、自分は、新しいことを学んだりする子に喜びを感じられたので、とても楽しかった。しかし、結婚した人には、家族との時間があまりとれず、お勧めできない。

独身で、仕事に打ち込んで新しいことを学んでいくという人にはとても向いており、給料やボーナスも多いため、いうことなしにお勧めできる会社だと思う。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性の管理職は、最近増えてきているが、まだまだ、数は少ない。しかし、育休や産休は取りやすい環境であり、復帰するときのポジションもしっかり考えてくれる。そのため、一般職でもよければ、いくらでも育児と両立ができると思う。

一方、管理職となると、それなりの責任もあるので、育児との両立は自分次第となってしまう。評価制度や給料については、普通の男性社員と同じ。

ごの企業を退職済みの方は、退職後どのような企業に就職したかおしえてください。

転職先企業は株式会社日本デキシーで、転職時は34歳。転職先ではラインオペレータを行っており、正社員登用されている。転職後は一般職で年収は、550万円⇒330万円になった。転職先企業の採用の決め手となったのは、生産現場の工程の管理をしたり、CADを使えて、図面も見れるという点で、オペレータで経験を積んだ後は、生産技術的な仕事をしてほしいとのこと。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内結婚は比較的多い方だと思う。周りには、結構、派遣社員や契約社員と入社した女性と、結婚するというパターンが多かった。また、時々、仲の良いメンバーで飲み会をするという機会もあったので、そこで、他部署の人と出会ったり、クラブ活動をきっかけに出会い、結婚するという人もいた。

オフィス環境についておしえてください。

大阪以外に東京本社があり、最寄駅はJRの浜松町駅で、駅から600mほどのところに立地している。所要時間は、歩いて15分くらいかかる。周辺の人気スポットには、旧芝離宮恩賜庭園があり、都会の中でにおいて、きれいな庭園を味わうことができる。

浜松町駅自体も、東京駅から近く、新幹線に乗る際にも便利。また、ランチに訪れることのできるお店もたくさんあり、牛かつのお店や、炭火焼き干物食堂など、種類も豊富で、人気店にはよく行列ができている。

ただ、私の勤務地は滋賀県。

回答日:2018-05-01  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事