アマゾンジャパン合同会社|AMAZONの年収・評判/ジョブレベルは10段階、シニアアナリストの待遇は?

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

専門職(その他)
役職:シニアアナリスト
年齢:37歳~39歳
現職(勤務年数8年~9年)



女性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:理系



年収:1100万円
残業時間:20時間
有給取得率:50%


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給+残業代が700万円、株の付与350万円、その他インセンティブ50万円ほど。財務経理部門のシニアアナリストの中では一般的な金額で、特に高くも低くもないと思います。 (年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.25)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:財務経理


業務内容としては、社内の在庫、キャッシュの管理を主に管理、運営していく部署になります。また新規ビジネスの立ち上げの際の、経理システムの導入も担当範疇です。経理業務自体は、コストの安い国(複数国)へアウトソースを行うため、アウトソース自体のトレーニング(実際にその国へも出張します)、そのチームのオペレーション業務の管理、監督、また、人件費などの費用の管理なども行います。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいとしては、様々なビジネスを展開しており、世の中(デジタル)の最先端に触れることができることだと思います。また海外とのやり取りも多いため、頻繁に出張、アテンドが多く入るのも刺激的な環境といえます。

大変なところとしては、米国本社の命令は絶対であり、日本流にローカライズができない、ということでしょうか。また、最近いろいろと問題として世の中に出てしまっていますが、会社からのノルマのために強引な契約を取りまとめなければならないこともあり、ストレスをためることも多いです。例えば、XX万円の広告費を支払わないと、契約を今後できなくする、というような契約を結ばないとならず、そうでなければ取引先がアマゾンでビジネスをできなくなる、というシーンもあります。取引先にも予算があるので、難しいこともあると思いますが、弊社の姿勢は原則崩さないので、取引先に悪いと感じてしまうことがあります。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

私が採用された背景は、部署の状況として、このあと経理システムを導入するというタスクがあったのですが、その経験者だったことと、会社、チームフィットが良かったというところが採用の決め手になったようです。ビジネスが右肩上がりだったこともあり、ベンチャー気質が大きく、挑戦できる環境を求めていたため入社を決意しました。

採用時のポジションはジュニアアナリストでした。ランク、給料とも年齢や経験に対し適切だったと思います。ただ、会社の事情で、給料が低めのなかで入社する場合は、サインアップボーナスという形で、仕事の結果を見て追加で給料アップという契約をしてもらえる場合もあるようですが、私には適用がありませんでした。

なお、アマゾンジャパンでは、自分で考えることができない人やマニュアルを求める人はうまくいかないように思います。在籍している部署には、中途採用しかいませんが、最近は入社者で実力に疑問符がついてしまう人も見かけます。理由としては、前職の社名で人を採用する傾向にあること、また入社する側も弊社の名前のイメージで入社をしてくること、とにかく人事が採用することに必死ということなどがあるようです。年収に関しては、入社する側も、高いものを要求してくるようになっている、というのはちらほら聞いています。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世する人の特徴は、まずは抜群に英語ができることです。これが最低限の条件になります。海外大学卒が多いので、学閥は特にありません。評価制度は、一応完全成果主義ですが、最近は上司の機嫌を取るのがうまい人、とりあえず英語ができれば昇給、というのも増えました。(その他の仕事はできなくても重要視されない傾向にある)

評定としては、360度評価(他部署、上司、部下からの評価も入ります)にはなります。しかしながら、あくまでパフォーマンスの見直しということになるため、最終的な給料を決めるのは直属の上司の仕事です。よって、上司との関係性をよくすることが給料を上げる唯一の方法です。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

現在は私の残業は月に20時間程度です。有給休暇は10日前後消化していますが、部署は人によっては、30日近く有休を消化している人もいます。(在籍年度によりますが、1年間に20日程度有休が付与されます。また、前の年に繰り越せなかったものは、20日程度、次の年に繰り越せるため、MAXで40日程度有休を保持できます。)また、有休とは別に特別休暇(病欠などに充てる)が5日付与されます。

なお、ワークライフバランスのとりやすい人、取りにくい人の差が激しいです。残業は米国本社方の上司たちの来日に合わせて、レポートの作成、月次処理、決算期などはどうしても多くなります。長期休みは、人によっては2週間程度取りますが、その場合もPCは持って休んでいるようです。フレックス、自宅からの勤務も可能ですが、これらにより、最近では社員の稼働率に差が出てしまい、ある程度の規制が必要な状態になってきていると感じている人が多くいるようです。チームの予算を取るのがうまいマネージャーがいると、稼働率が下がる傾向にあります。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

ジョブレベルがざっくりと10段階程度に分かれており、10段階の中でも給料レンジには大きな幅があります。場合によっては、同じ部署内でも、1つ下のジョブレベルの人の方が、1つ上のジョブレベルの人よりも給料が高いということは往々にして存在します。部署によっても給料のレンジが大きく違うため、他部署ので同じジョブレベルでも給料の特定が難しいのが現状です。また、完全に能力給となりますので、自分の上司が、自分より年下ということもごく一般的です。

昇給のチャンスは年に4回あります。最近は新卒も採用を始めましたが、基本は既卒採用です。よって、前職での給料によって年収が決まります。正直、社内での昇給は40歳を過ぎると厳しいという現状もあり、勤続年数も短めです。福利厚生としては、一般的な保険の他に、株の付与、401k(3年以上在籍した場合のみ)、カフェテリアプランという年間2万円までの宿泊費等の補助があります。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

AWSというクラウドサービスに関しては、年間140%の伸びがあるため、まだまだアマゾン全体では安泰だと思います。しかし、小売業の方は運送料の問題や、営業スタイルの問題があり、正直この後の伸びは、世の中が思っているほどの期待は難しいと感じます。社内には、自分たちは大丈夫というぬるい空気が漂っているため、実際の会社の伸び率と、従業員の入社の比率があっておらず、かなりの余剰人員を抱えているとも感じています。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇、休暇に関しては申し分ないと思います。ただ、人間関係は私が在籍している部門に関して言えば、上司と人間関係が良い人しか昇給できないという偏った感じにはなってきているように思います。人としてはいい人が多いのですが。。。そのため、会社のためではなく、上司のために仕事をするという感じになりがちに見えます。他の部署はそのようなことはないと思うので、よくチームの人の特徴、面接での様子を確認し、できればどこかに知り合いを見つけ、チーム事情を知ったうえで入社されることをお勧めします。

また、残念ながら社員の在籍期間が長い会社ではないので(外資系に総じて言えると思います)どのようなキャリアプランがあり、なぜいまこの会社を選ぶのかという目的意識を明確にしておく必要があると思います。そうすれば、ワーカーホリックも多いので、刺激的で成長を感じられる社会人生活が送られると思います。ただし、本当に部署によるので見極めが必要です。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職の推進を進めているということもあり、その道は開けていると思います。実際、管理職についている女性は他社より多いと思います。そういう意味では、男女どちらにも同じレベルの仕事を求められるので、性別による差別はありません。

育休、産休についても充実していると思います。しかしながら、同じ契約形態でも育児を理由にし、一般社員よりも仕事をしない女性が増えているようにも思います。産休後、復職率は100%ですが、産休明けの割には時短契約をしない、その割には、フルタイムでは働かない、という周りとの不満の対立があり、よほどの鈍感力がないと、正直この雰囲気で仕事を続けるのは難しいと思います。続いている方は、ほぼご近所にご実家がある人となります。

この企業に転職入社した方は、前職・ご出身企業・経歴について教えてください。

前職企業名:マイクロソフト株式会社
在籍年齢:入社時25歳、退職時28歳
在籍部門:財務経理部、雇用形態:契約社員、役職:特にありません 
前職→本職に転職した際の年収推移:退職時には、前職は500万程度でした Amazon入社時も500万円ほどです。

採用された決め手:前職でも財務経理部を新しく海外へ作るという仕事を担当していました。この経験を持っていたことが採用される決め手になりました。現在も同じようなことを行っていたということもあり、この経験をリーダーとして生かしてみたいと思い、入社をしました。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

既卒での入社が多いので、社内恋愛は少ない方ではないでしょうか。また、とくに社内恋愛を推奨しているようなこともないです。

男性はわりと社名をいうと合コン等のお誘いが多いようで、他社の友達からは、お宅の会社のXXさんと合コンをした、というような話はよく聞いていました。

オフィス環境についておしえてください。

東京勤務で、最寄駅は目黒です。駅からは、徒歩10分程度です。私は固定席ですが、営業はフリーアドレスです。現在、業務の拡大に伴い、デスクが足りないということでワークフロムホームという仕組みを推奨しています。割り当てられているデスクにはパーテーションもついており、デスクや収納もかなり広く、仕事環境としては恵まれています。またミーティングルームも多数用意されているため、そこを予約し、静かな環境で仕事を進めることも可能です。

回答日:2018-05-08  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事