株式会社SBI証券の年収・評判/新卒入社2年目、営業職社員の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:24歳~26歳
退職(勤務年数2年~3年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:380万円
残業時間:60時間
有給取得率:50%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は、ボーナスはなく、完全年棒制のため基本給355万円、残業代25万円トータルで380万円。入社2年目の年収で、全員一律で年棒制のため学部卒は全く同じ年棒。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(1.75)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(3)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(1)
仕事内容

職種:営業


会社はネットでの証券取引を行うネット証券事業を行なっているが、富裕層に対してはコンサルティングを伴った取引を提供し、証券口座開設数や取引ユーザーを増やすためにFPや税理士に代理店となってもらっている。 その代理店業務を担う部署にて、代理店営業を担当。主に、担当代理店に向けての営業推進や新規顧客獲得のイベント企画、代理店が抱える顧客への対応、代理店の新機開拓、代理店に所属する営業員への教育や商品知識の研修などを行った。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

ネット証券で基本的に取引は自分自身で行なってもらうため、何かわからないことがあった際に店舗に来られても対応できない。しかし、それでも顧客はどうにかしてくれるのではと期待して来店してしまうので、顧客の期待に添えないことが多く、中には店頭で2時間や3時間クレームを続けるお客様もいるため大変だった。

やりがいとしては良い代理店を開拓することで日本国内の個人の投資や資産運用のリテラシーを高め、欧米に近づくという目標を代理店と一緒に掲げ、営業できること。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

ネット証券といっても組織風土や体制は旧来的な証券会社と同様なので、粘りつよく根性があること、素直さ、が重視される。かなりの縦社会なので、運動部や体育会系の組織での経験があることは優遇されていると思う。入社して可愛がられるのは、社長が白といえば白、黒といえば黒、というように、まずは上の人の言うことを聞けること、素直であることだと思う。先輩を飛び越えて意見を出してしまったり、疑問を投げかけてしまう人はうまくいかない印象。

中途であるか新卒であるかと言うよりもその時に力が強い派閥の上長に気に入られているかどうかで、年収やポジションが決まるため、中途でも新卒より条件がいい人もいた。

人事制度や出世コースについておしえてください。

ホールディングスからの出向者は出世しやすい。その時に強い派閥に属しているかどうか、その派閥の上長に気に入られているかどうかで出世するかしないかが決まっていると感じる。学閥は特にないが、中途入社者は野村證券出身だと優遇されやすいように思う。

評価制度は年功序列に近く、評価方法は明確には開示されていなかった。評価のAもSもそもそも基準が不明となっている。また、人の入れ替わりや配置転換も頻繁にあるため、評価者が誰なのかも不明瞭な場合もある。

年棒制でボーナスがないため昇級以外に頑張りが反映されるタイミングがない状況で、昇級は年次もかなり関わってくるため短期で成果が反映される制度が特にないことが、モチベーション維持のために残念だった。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は月に60時間ほど。部署によりかなり残業量は異なるが、タイムカードや入退出の記録を取っていないので、全て自己申告で勤怠を申請しているのでサービス残業が多かったと思う。

代理店営業だと外回りも多く、また夜に開催するセミナーや土日のセミナー、イベントへの出勤も多く、代休を取るように言われるが、実際には取れるような業務スケジュールではないためかなり残業になっていた。

有給は体調不良以外では取得しずらく、出世コースを諦めた人しか体調不良以外での有給取得はしていなかった。フレックス制度や在宅勤務などはなかった。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

総合職でリーダー、係長、課長、課長代理、次長、次長代理、部長、部長代理、一般職はなく、あとは契約社員や業務委託という形で役職があった。

年俸制でボーナスはなく、残業代含めて新卒1年目の年収はは350万円、2年目は380万円くらい。その後は、リーダー500万円、係長650万円、課長700万円、次長900万円、部長1000万円くらいのバーだと思う。各到達年齢は、リーダーで30才、課長で40代前半、次長で40代後半から50代、部長50代以上という人が多かった。

評価基準が不鮮明で配置換えもとても多いので、上長に気に入られるかどうかが昇給にはとても需要な影響を及ぼします。同じ年齢や年代でも、上記の通り上長からの気に入られ具合や、強い派閥に属しているかで出世や年収は異なります。

福利厚生は社員寮とリロクラブ掲載施設が特別価格で利用できるという形です。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

ネット証券ナンバーワンを掲げながらも、代理店営業を重視し、対面でのコンサルティングにも力を入れようという方針だったが、どんどん薄利多売のネット重視の方向性になっていき、独自性が薄れていっていたことにリスクを感じていた。特にネットの世界であればより安いサービスやより早いサービスがどんどん出てくるのに対し、イタチの追いかけっこのような形で後手後手で対策をしていたので結果、社員も疲弊し、悪循環になっているように思う。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

自発的に何かをするよりも、誰かに決められたことをやっていきたい、協調性の高い方にはおすすめする。基本的に、個人の能力よりも人間関係が評価に与える影響が強いように思われ、性別や年齢でもチャンスがかなり制限されてしまう環境のように思う。個人的には自分と同じタイプであればこの企業で働くことはおすすめはしない。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は一人しかおらず、次長代理止まりだった。女性で長く勤めている社員は全員独身、子供なしのため、産休育休などのロールモデルになる社員がおらず、仮に子供ができたとしたら両立して勤務をするのは、子供が相当大きくなってからでないと難しいと感じた。

時短勤務制度を取得して働いている人もおらず、育児や家庭との両立を女性が行うのはかなり厳しい環境である。評価制度や給与については制度取得者がいないためはっきりとはわからない。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内結婚、恋愛はちらほら見かける程度なので全体の1割未満だと思う。年次が上になると奥さんが昔社員だった、結婚を機に退職したという人がチラホラいる。社外だと学生時代の同期や先輩と結婚する人が多いように思う。

オフィス環境についておしえてください。

本社は六本木一丁目駅直結のビルに入っている。固定席で駅改札から2回エレベーターを乗り継ぐため不便だが、雨天でも濡れずに通勤できるのはとてもよかった。カフェやランチのお店が周囲にはあまりないため、ビル内のコンビニで調達するか、外回りの際に済ませることが多かった。隣のビルに入っている丸亀製麺は大人気でいつも混雑しているが回転が早いのでよく利用していた。少し歩けば六本木まで出られるため、アフター5や歓送迎会は六本木で行うことが多かった。

回答日:2018-05-28  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事