ファイザー株式会社の年収・評判/30歳MRの年収は?転職採用社員の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

専門職(営業・MR)
役職:B(主任相当)
年齢:30歳~33歳
退職(勤務年数3年~4年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:900万円
残業時間:30時間
有給取得率:60%


社内における自分の年収状況:年収内訳は、基本給600万円、ボーナス300万円です。社内の同年代であれば一般的な年収であったと思います。理由は、同期にいつも確認をしており、多くのサンプルを平均してみるとこれくらいかなと思うからです。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4.5)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(5)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:MR/営業


職種はMR、所属部署は、関東の某営業所で循環器製品を病院に販売する部署に所属しておりました。所長の元、役10名のMRが所属し、担当エリア毎に張り付いておりました。主な仕事内容はその担当エリアの病院に勤務する専門医に対して、自社が持っている製品を紹介すること、また自社の製品を他の先生に紹介していただくための連携組織を作って運営する等の作業も行っておりました。いわゆる接待というものはあまり多くなかったです。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

MRの仕事のやりがいは何といっても患者さんのために自社製品が役立つことかと思います。そういう意味で、担当していた循環器製品はサイレントキラーといわれる静かな病気が対象(脳卒中、心筋梗塞予防)の薬が多いので、いかに自社の製品を服用してもらえることで、こっそりと進む病気の進行を抑え、イベントの発症確立を抑えられるかといったエビデンスををうまく専門医に対して簡潔に伝えることが出来るか?といったスキルの研鑽が醍醐味であったと思います。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途で入社した際は、まだ若かったので、ポテンシャル採用であったかとは存じます。おそらく学歴が高いことは一つのポイントであったと思いますし、なにより面接が大切であったのではないでしょうか。理由はお客さんは医者ですので、ある程度頭の回転が良く、愛想が良いことが必要となります。そのため、学歴だけ高くとも、医者とコミュニケーションを取れない様な人はどんどん落とされると思います。

また採用された際の役職はBランク(主任相当)でした。これは特に差別ないランクであると思います。周囲も含め、中途採用の社員は相応のランクで入っていたと思われます。上の方は分かりません。新卒採用社員と比べても特にギャップはありません。実力主義、差別なしです。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースは、MR大学担当→本社学術→マーケティング→経営企画or人事が王道である様に見えました。MR大学担当とは文字通り大学病院を担当する人です。開業医、中規模病院、大規模病院、大学病院の順で段々と通常は難易度やランクが上の人が担当します。大学は出世コースの場合、ランクが低くとも先輩のかばん持ちで補佐となる事があります。

MRと本社の壁は想像以上に高くそびえたっており、多くの社員はMRどまりで会社人生を終えるでしょう。ここが出世の分かれ道の一番の山場です。
本社に異動してしまえば、後は実力と人脈をうまく形成出来れば本社の人としてどこまでも上り詰めることは可能です。また支店長として現場に戻る方も多々おられます。この場合本社の人として送り込まれますので既に扱いは別かと思います。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

平均的な月の残業は30時間、年間消化していた有休消化日数は10~15日程度、会社からの有休付与日数は22~25日程度でした。

ワークライフバランスは至って良好です。あまり働きすぎないために長期休暇取得を会社が進める動きなども多々あり、非常に恵まれた環境であったと感じます。これは外資全般に言われることかもしれませんが、休みをしっかりとれないことイコール出来ない社員となりますので、みなしっかりとその権利を行使し、メリハリをつけていたと思います。

MRはフレックス勤務制度は当時ありませんでしたが、基本的には医者の勤務時間に左右されるので、自分でメリハリをこちらもつけて皆活動していたと思います。在宅勤務はMRには少し難しい制度かもしれません。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収については、総合職(MR職)で入れば新卒で500万円、10年目で800万円程度、15年目で所長クラスにあがると、1200万円程度、またそれ以上出世し、部長・支店長クラスとなると1800万円~3000万円程度まで上昇します。ここまで出世する人はほんのわずか、MR3000人中トップ100程度であると思われます。ただ、部下なし管理職であっても担当部長・課長ですと1000万円~1800万円程度は貰えると思われますので、非常に好待遇であると思います。

ランクはAからDの四段階あり、Dが非管理職では一番上です。Bが主任相当のランクになります。

手当は住宅手当が充実しております。殆ど手出しなしで立派な借り上げ社宅に住むことが出来ますので、年収以上の好待遇を実感できることでしょう。年齢は給料には響かず、役職だけが響きます。ザ・外資です。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

将来性は抜群にあると思います。世界最強の製薬企業の一つであることに間違いありません。好業績であるが故に会社を買収することが出来ます。そしてその買収した企業がまた新しい製品を上市し利益を生んでいます。この正のスパイラルにファイザーは乗っていると思います。ですので、しばらくは世界のトップに居ることは安泰といって過言ではないと思っております。

もし危機に陥るとすれば何か医療事故が自社の製品がらみで発生し影響が大きくなる場合と想定します。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

この会社は非常におすすめです。理由は2つ。

①待遇が素晴らしく良い。これはひとえに強い製品群を抱え、強い営業部隊を揃えているからであると思います。世界一の企業の名に恥じることのない待遇を実力のある人たちには支払ってくれます。

②休暇が取りやすいです。とてもワークライフバランスを重視する企業ですので、管理職の評価も如何に部下に休みを取らせているかも重要になるほどです。ですので、気兼ねなく休みが取れる点は二重丸です。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職はたくさんすでに存在しておりました。支店長、営業部長、マーケティング部長、そして広報にも多数マネージャーが居たと記憶します。つまりどの部署だと女性が有利とか話すこと自体がナンセンスなほど、ダイバーシファイされた会社でした。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛は結構おおくあったと感じます。とはいっても皆さま、仕事中はしっかりお仕事をして、アフターファイブで成就させていたのだと思います。。いずれにしても美男美女が多い会社でしたので、意気投合すれば楽しいプライベートも待っていたのではないでしょうか。

オフィス環境についておしえてください。

東京都中央区の飯田橋の綺麗なビル内に当時オフィスがありました。ここにはフリーアドレスの大きな机が複数あり、MRは皆、デスクワークを行う際はここを利用しておりました。と言いますのも、MRの主戦場は病院であり、オフィスでのデスクワークは準備と報告の場という意味合いが強いのでそう長くは居ません。そして皆ばらばらの行動時間でありますので、この様なフリーアドレスが一般的なのかもしれません。

ランチ・カフェもOLであれば楽しみの一つかもしれませんが、MRはみな思い思いに出先で取っているのでオフィス周りに昼居ることは少なくおすすめがありません。すみません。

回答日:2018-06-08  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事