日本アイ・ビー・エム株式会社|日本IBMの年収・評判/大学院卒・新卒SEの仕事の満足度は?

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:主任と同等
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数2年~3年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(博士)
文理:理系



年収:650万円
残業時間:60時間
有給取得率:50%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は、基本給が約300万円、ボーナスが150万円になり、裁量労働制のための手当てが約60万円です。更に休日出勤代の手当てが年間140万円ほどになりました。休日出勤と手当により社内の中では年収は比較的高い方です。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.25)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:SE


金融系プロジェクトにおいて、運用・保守業務をしております。基本的にはアプリケーションではなく基盤系の設定・不具合対応がメインで、その中でもログ監視やキャパシティ監視等を行う監視基盤におけるチューニング・不具合対応を行っています。場合によってはデータベースの障害対応やOSのパッチ適用作業等も実施します。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

日々様々な製品に触れる事で情報システムの基礎を理解するのに役立っている他、今後同様のプロジェクトに配属された際の馴染みが早いだろう、と思える事が励みになっています。

ただ、仕事内容に関しては基本的に運用保守プロジェクトに関わるものが多く、グローバルを標榜し、AI戦略も手がけるとうたっている広告と実情がかけ離れている点が非常に不満ではあります。

大変なところとしてはクライアントの要求が社内で一、二を争う厳しさであり、それに応えようとすると社内との軋轢を生む、という板挟みの状況にあるところが最も大変に思えます。また、障害の発生件数が多いため、休日がかなり少なくなっているのも問題です。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用の社員は、諦めずロジカルに考えられる人材が歓迎されます。目の前の事象に置いて原因の切り分けが上手くいくよう交通整理が出来る能力、したい仕事がある場合は、そのスキルの習得とPRに対して労力を割くことが出来る能力が求められるように思います。外資企業ではありますが、日本の企業がクライアントなので、極端なグローバル思考は必要なく、現状が理解できているかどうかが重要だと思います。また、社員としては技術に関してはアンテナを張って自学するタイプの人材が良いと思います。クライアントにおもねる事しか考えていないタイプはうまくいきません。

IBMは中途入社者に関してはレベルがかなり高いと感じます。むしろ生え抜きの社員で年齢を重ねている人材は中々バリューが出せない事も多いように思えます。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世する人材としては自分の仕事の功績を上手くPR出来る人物が当てはまると考えています。出世コースに関してはプロジェクト外の人物とのコネクションも非常に重要となってきますが、学閥はありません。年功序列もそこまで露骨ではないので、比較的若い人には受け入れられやすいと考えられます。

しかし一方で、昇進に関する評価方法は種々の発表や研修受講をプロジェクトに参画している隙間の時間で実行しなければいけないため、場合によっては時間を捻出できるような状況にない社員がいつまでたっても平社員のままでいたりするので、昇進評価方法の整備が必要な状況にあると考えています。

キャリアアップするにしても、内情は日本企業を相手にする日系企業なのですが、昇進制度のみがグローバル基準であり、上記の通り顧客対応で多忙な毎日を送る人ほどアピールの機会と体力を奪われ評価されるチャンスが減ってしまうだけになる現状に強い違和感を感じています。特に日本の顧客は要求が多く厳しいので、海外支社のようにキャリアアップのための行動も制限される立場に置かれる事も周囲の例としてはありました。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業時間は月60時間ほどですが、裁量労働制が導入されているため、みなし残業で40時間程度の扱いになっています。有給休暇は月10日ほど消化しています。

ワークライフバランスは取りにくいと思います。そもそもSEという職業がワークライフバランスを考えた時に向いてないです。障害対応でしょっちゅう休日に呼び出されうること、プロジェクトによっては常に繁忙期になることもあります。有給取得は最初はしやすいですが、リーダーロールになるとしにくいです。長期休みは外資なのでないことが多いです。シフト勤務やフレックス勤務は一部のプロジェクトではあるかもしれませんが、全てではありません。以上から、ワークライフバランスは取りにくいです。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

会社の規則等に触れる事を避けるためこれも一般的な名称にてお答えしますが、現在私の所属しているランク(一般企業で言うところの主任級?)では年収が約500万です。もう一つ上のランク(一般企業で言うところの係長級?)では700万、更に上がると管理職で1000万程度となると聞いています。また、私自身の年収は、上記の500万円に休日出勤手当などが上乗せされて、実際は650万円程です。

各役職の到達年齢に置いては、ある程度の経験を必要とすると聞いたことがあるため、少なくとも今の私の立場から上がるためには30歳ごろになるかと考えられます。またシステムエンジニア職に就いている社員の多くは裁量労働制を取っており、そのための裁量労働手当が存在します。年齢は給料に特に響く事はないですが、プロジェクトによっては交代制で対応するところも当然あるので、夜勤・休日手当等でやや同期間で差が出る事があります。昇給タイミングは基本的に会社から通知されるのではなく、自分でマネージメントをしてPRする必要があります。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

現状の経営としては目玉商品もいくつかあり悪くないと考えていますが、事業・業界についてはこの先あまり発展性が無いと考えています。今、情報システム業界というのはどこも人売り商売になってしまっている事と、それらが価格競争になってしまっているため、個々人の品質がどんどん下がり、それによって更に個々人の生活が苦しくなる要因になっています。高い金額を支払うか、マージンとして会社が取る分を無くすなどして、人に対するコストをもっとかけていかないと、いずれどのシステムでも大きな事故が起きうると心配しています。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

新入社員にしては待遇が良いですが、休暇はプロジェクトの性質上取り辛いことが多く、またシステムエンジニアとしての仕事は顧客対応~社内調整まで多岐にわたる事から非常に苦労します。人間関係はプロジェクト内ではよくなるかもしれませんが、バックエンド部門等とはクライアントとの板挟みになった結果仲が悪くなることが多いと思われます。
また、昨今のクライアントの増長が著しく、使い捨て感覚での契約も増えてきているように思えますので、業界の寿命も長くないと思います。業界の将来性から、あまりここで働くのはお勧めできません。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性の社員も育休取得社員も十分に多く、また頻繁に奨励されている様子が見えるため、女性が活躍できる場所かと思います。もちろんその人の立場によるのでしょうが、少なくとも女性管理職においては時短勤務でも問題無いような働きぶりの人々ばかりでした。

オフィス環境についておしえてください。

箱崎事業所に関してはビルが大きく、階層が幾つかに分かれています。それにプラスしてフリーアドレスの席もあるため生活しやすいです。食堂は安いです。最寄駅からも約5分ほどでつくためあまり雨にぬれません。お手洗いはやや少ないです。ロッカーはありませんが、キャビネットがあることが多いです。水天宮前駅の近くにはあまり店がありませんが、人形町まで行けば美味しい居酒屋さんが多いため、あまり外食に困る事はないと言えるでしょう。

回答日:2018-09-04  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事