株式会社あわしま堂の年収・評判/社員の給料、昇進、仕事内容は?

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数5年~6年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:350万円
残業時間:15時間
有給取得率:93%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は基本給227万円、残業25万円、手当20万円、ボーナス80万ほど。この年収は総合職の社員では、だいたい同等になります。同じ職場でも、製造量の多いラインでは残業が多いため、年収に差が出ることがあります。残業がほとんどない部署(管理部門)ではその分だけ低いようです。 (年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.5)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:製造


私の所属する製造部門は工場内での製品の製造と、それに関連する業務をメインで行います。朝は早くて6時半頃、遅くて9時半頃までに出勤し、製造機械の立ち上げ準備、製品の製造(パートの方々と同じこともやります)と調整、終了後の清掃作業をメインでやります。よほどのことがない限り、夜勤はありません(特に女性は)。 製造作業の他、社員は原料や包装資材などの在庫の管理・発注業務や、担当する現場のシフトの管理、工場内の改善活動を行います。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

最初は見たことのない大きな製造機械の取り扱いに苦労しますが、トラブル・製造不良の原因はどこかにあるため、それがわかって対応できるようになると、非常にやりがいを感じます。また、パートの方々は気の良い人たちが多いため、働きやすい環境を整えてあげようと努力すると、頑張ってくれてお互いにいい関係が築けます。

工場内では常に「改善活動」が求められ、半年で達成すべき件数が多いことは大変です。先輩たちがすでに改善した箇所に手を加えなければならないこともあり、いつも仕事をしながらアンテナを張る必要があります。なんとか見つけた改善の結果、表彰されることもあるため、非常に大変ですがやりがいに繋がります。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用社員の場合だと、製造部門では、挨拶・愛想などが問題のない、穏やかな性格、または元気のよい人が多いように思います。営業部門ではちゃきちゃきとした元気な方が歓迎されます。アットホームな面もあるため、明るい性格がにじみ出ており、製造部門ではパートの女性たちとうまくやっていける(特に新卒ではかわいがってもらえる)ことが重要です。

明るく前向き、一生懸命で、同じ職場で働く人に配慮できる人材がかわいがられます。挨拶がまともにできない人、要領が悪い社員、自己主張が強すぎる人材は苦労することが多いです。

中途採用は準社員扱いのため、新卒高卒と同じポジションです。新卒大卒に並ぶには、平均的に2年以上かかります。経験者は余程のことがない限り(役員が連れてきた人材など)準社員として入社します。正社員ではありません。正社員は等級者(月給いくらと決まりがあります)、準社員は非等級者(時給いくら)という形です。

人事制度や出世コースについておしえてください。

若いうちに出世する人が多い部署は、人数の多い製造部門と営業部門です。それ以外の管理部門では出世は難しいです。出世する人材の特徴として、仕事ができることはもちろんですが、部門長に気に入られていることが必須条件だと感じます。

同じ能力ならば、職人気質よりも朗らかさのある方が出世します。逆に、部門長に嫌われたらほぼ完全に出世コースから外され、左遷のような異動をさせられることもあるようです。昇進までに等級のアップが必要で、等級アップには試験が必要です。等級アップの試験自体を、評価により受験資格があっても受験させてもらえず、納得できない方が毎年いるそうです。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

繁忙期は体が疲れますが、ワークライフバランスは取りやすくなっていると感じます。繁忙期で20~40時間程度、閑散期は10時間未満の残業時間です。ときに、機械のトラブルや緊急特売等の対応により急遽残業になることもあります。

基本的にはシフトをうまく調整して、繁忙期でも残業ゼロを目指すように指示されています。繁忙期自体は事前にわかっているため、繁忙期を避けた有給休暇は積極的に使用することも指示されています。頻繁には難しいですが、事前にしっかりと相談をし、シフトを調整して長期休みを取ることも可能です。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収は大まかですが、総合職のサブリーダー(係長補佐のようなもの)400万円、リーダー(係長クラス)450万円、課長500万円~、部長(工場長)600万円~と考えられます。役職者は総合職のみです。正社員はすべて総合職となります。地域間の異動のない社員は準社員となり、時給制です。

各役職へのおおよその到達年齢ですが、サブリーダー28歳~、リーダー31歳~、課長34歳~、部長(工場長)42歳~で、いずれも早くてこのくらいです。その時の役職者の空き状況に大きく左右されます。

手当の種類は、営業手当・役職手当・地域手当・通勤手当・残業手当・深夜業務手当・弁当補助(会社指定の弁当なら1食100円)・保育料の手当などがあります。大きなものは2万円以下程度です。残業手当はちゃんと出ます。福利厚生は比較的良いほうに思います。
昇給のタイミングは年に1回、年間の評価で上げ幅が決まります。年齢が給料に響くことはないように思います。大体10年くらいで、そこそこの評価をとっておかなければ上げ止まりします。給料には等級が上がることが重要です。等級はかなり上がりにくいため、中堅クラス以降で年収差が開いてくると感じます。

入社年数が浅いうちは残業時間で年収に違いが出るくらいです。昇進は上司に気に入られるかが非常に大きいため、同じ能力でも上司との相性にもよります。また、中途採用社員よりは新卒採用社員のほうが比較的上がりやすい傾向があると思います。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

和菓子業界自体が縮小傾向であるため、売り上げアップはあまり業界全体で期待できないと思います。働き手が減少するため、ロボット化の導入を急いでいますが、汎用性の高いロボットの導入は高額になるためあまり進んでいません。働く環境についてはどんどん改善が進んでいますが、製品に対しては大きな変革を進める様子が経営に見られないため、倒産まではいかないものの、確実に推進力がなくなってくるのではないかと不安に感じます。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

向き不向きがある職場です。同じ職場で同様の内容の業務を毎日コツコツできる方であり、主に多くの女性と円滑にコミュニケーションをとれる方、昇進にあまり欲がない方にはお勧めできます。

一日立ち仕事になるため、慣れるまで大変ですが、慣れたらいい運動にはなるかと思います。働きやすい環境を実現できるように会社の方針が進んでいるため、休暇やワークライフバランスについては今後も改善が期待できると思います。特に、新卒三年目くらいまでは会社に非常に大事にされます。中途採用は新卒より3倍以上、優良社員であることを示せれば、昇進も見えてきそうです。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職を増やそうという方針はあります。製造部門・管理部門いずれも女性の管理職はいますが、まだ始まったばかりであるため、各部署の役職の中でも一番低い役職です。長くその部署に務めていれば、さらに上への道が開ける可能性もあります。(ただし、会社の体質的に上に上がりにくいと感じます)

育休・産休・時短は問題なく取れていると思います。管理職に就く女性で育児にかかわる方がまだいませんが、今の会社の制度的に、管理職と育児の両立を求められることになりそうです。時短期間中は、単純に短くした時間分の給与(時間給換算)がなくなります。評価項目は変更がないため、時短期間中は単純に評価のハードルが上がります。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛・社内結婚は年代が近いとよく見られます。製造部門の人数割合が多いため、製造部門が多いです。製造部門は同じ職場で働いていた方同士ばかりです。次いで、同期入社同士が多いです。

社内全体として、お相手がいる方は社外の方とのほうが多いです。大卒の若手社員は大学時代からの付き合いや、合コンなどが多いようです。

オフィス環境についておしえてください。

京都にある工場の最寄り駅は京阪中書島駅です。徒歩だと30分程度、自転車で10分程度かかります。交通量が多い道ですが、比較的広い歩道を通ることができます。

会社には個人のロッカーがあり、ロッカーに私物を置いて着替えます。部署として自由に使えるパソコンはありますが、業務内容的にパソコンが常に必要ではないため、個人の机はありません。

回答日:2018-09-19  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事