アクセンチュア株式会社の年収・評判/第二新卒の経営コンサルタントの給料、残業時間、仕事の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:コンサルタント
年齢:24歳~26歳
現職(勤務年数2年~3年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:630万円
残業時間:30時間
有給取得率:87%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は内訳:基本給430万+住宅手当40万+残業代160万。ボーナスはなし。年収については、社内の同年代とほとんど同等、中途入社の分、同期に比べて1年遅れとなっている。同じランクで比べた時に、年収差はない。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4.375)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:経営コンサルタント


経営コンサルタント職(金融サービス本部所属のため、クライアントは金融機関のみ)。プロジェクトに参画し、クライアントやプロジェクトに関する問題を解決し、プロジェクト実行を推進していく仕事。また、新しいプロジェクトを提案するなども行い、クライアントの成長をサポートすることに尽力。私の所属は金融機関をお客さまにしている部署だったが、他にも流通・政府系・小売・メーカーなど幅広に部署はある。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

若いうちから、大企業の中期経営計画にかかるような責任の大きな仕事に携わることができるため、非常に成長スピードの高いところに仕事のやりがいを感じる。

一方で、クライアントはその業界のプロであり、プロを相手に企業経営やプロジェクトの問題を発見し、解決するというプロセスを回すため、日々の勉強はもちろんのこと、課題を見つける力は相当に求められるため、そういったところは通常の事業会社よりも圧倒的に大変だといえる。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

私は中途採用だが、ポテンシャル採用の要素が強かった。前職(銀行)で営業をやっていた際に、本当にお客さまのためになることができるのか?という疑問を解決するためには、銀行そのものの仕組みを改善し、よりお客さまに利益を届けるようにする必要があると感じていた。こういった自分のビジョンを買ってもらえたことや、純粋にケース問題と呼ばれる簡単なビジネスケース(牛乳配達屋さんが2年で利益を2倍にするにはどうすればいいか)の回答から、地頭の良さや、機転の効くところ、難題に直面しても落ち着いて回答できていたなどを評価していただいたと伺っているので、そういったところでポテンシャルを評価された。なお、特別な実績や資格などはない。

周囲の中途採用社員についても、ポジションや年収ははある程度適性だと考えるが、40歳近くの採用だと、周りの同年代社員と比べて少し冷遇されていると感じる。

新卒採用社員との実力差はほとんどない、むしろ中途採用者の方が、能力は高いが、その方々も会社の雰囲気に溶け込みにくいと感じている。会社の雰囲気は、プロパーの方だと、エリート意識と上昇志向が非常に強く、また働き方改革を推進する中でも、かつてのハードワークのイメージに引きづられ、ハードワークをよしとする雰囲気がある。これらの雰囲気が相まって独特の雰囲気がある。また少し排他的なところもあり、プロパーの人間か転職組か、といった見方をされているように感じるので、この雰囲気に溶け込めるかどうかがカギになる。

年収・ポジション・ランクは中途採用は新卒に少し遅れを取るものの、おおむね適正だと感じる。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースはなく、純粋に自分のスキルに依存する。出世するか否かは、キャリアカウンセラーと呼ばれる、上司とは別の評価者がいるため、ゴマすりなどによる出世の影響は大きくない。しかし、キャリアカウンセラーについても自分の上司から働きぶりなどをヒアリングするため、結局のところ上司とうまくやれているかどうかといった要素は重要になってくる。

総合して、出世する人材は自分の能力を遺憾なく発揮できる人であり、学閥などは特にない。また、一切年功序列制ではないため、一定の成果を残せない場合は、部署を異動するか退職をするかの選択になってくる。納得感はある。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

月の残業時間は30時間前後。プロジェクト・プライドとよばれるアクセンチュア日本法人が掲げる、働き方改革を実施しているため、全社的に日々の残業を減らす方向になっている。そのため、ワークライフバランスはとりやすい。また、フレックスタイム制が導入されている為、なおとりやすくなっている。

しかし、クライアント先で常駐して勤務することもある為、その場合はフレックスにはなっていない。同様に、繁忙期なども全てクライアントに依存するため、特に決まっていない。

プロジェクトとプロジェクトの間は最大1か月ほど連続して有休をとることは可能でメリハリがついている。私の昨年の有給休暇は13日消化だった。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収は階級ごとに分かれており、年俸制をとっている。経営コンサル所属の社員だと、
アナリスト→コンサルタント→マネージャー→シニアマネージャー→マネージング・ディレクター という5つの役職がある。

各役職内でもランクがあり、役職とランクによって年収が決まる仕組みになっている。
ランクは毎年必ず一つ上がるが、昇進すべきランクになってしまって昇進できないと今の部署から出ていくように促される。

新卒入社だと、おおよその各役職到達年次は以下。
アナリスト:入社1年目-3年目 年収400-600万
コンサルタント:3-6年目 年収600-800万
マネージャー:6年目-10年目 年収1000万-1200万
シニアマネージャー:10年目-15年目 1200万-1800万
マネージング・ディレクター :15年目-20年目 2000万~

ただし、各役職に到達できる年次制限などはないため、優秀であればすぐに昇進していくことも可能。もちろん、年齢による年収に与える影響はない。別途、アナリストとコンサルタントには福利厚生の一環として、住宅手当月3万が支給される、

コンサルは、戦略コンサル、経営コンサル、ITコンサルの3つに分かれているが、上記は経営コンサルの事例である。戦略コンサルはもっとも採用されにくく、人数も少ないコンサルだが、先程申し上げた年収モデルよりさらに高いと聞いている。当方は、上で言うところの経営コンサルにあたる。なお、ITコンサルと年収差はほとんどない。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

アクセンチュア日本法人に限ったことでいえば、年々成長しており、非常に将来性の見込める会社だといえる。ただし、業界特性上、クライアントに依存するため、クライアントを確保し続けることが非常に重要になってくる。直近では経営や事業に関しての不安はないが、商社不要論があるように、コンサル会社を通さなくてもクライアントが円滑にプロジェクトや経営を回せるようになった場合は、危ないと感じている。繰り返しになるが直近では不安はない。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇面では、業界比では少し劣るところもがあるが、一般的には相当好待遇で働けていると感じる。また、その他要素ではかなり納得感があるため、是非お勧めしたい。しかし、社風に関しては、コンサル業界独特の雰囲気があるコンサル業界はエリート意識が高く、ハードワークを好む傾向がある。また、論理性を何事においても大事にしますので、ロジカルに物事を考えることができるか、これらが一般的なコンサル業界独特の雰囲気のように思う。

これらに抵抗があるかないかによって、会社に合うか合わないかがはっきりする為、ご自身がどういった性格か、成長意欲が非常に強いかどうかが重要になってくる。

また、コンサル系採用とエンジニア系採用があるが、エンジニアの方はコンサルに比べて待遇も劣り、労働時間も長くなるのでそれほどおすすめはしない。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性の管理職登用率もあがっており、女性にとっては非常に働きやすい環境である。また、フレックスタイム制があるため、子供の送り迎えをしたあとに出社する社員も多い。育休産休も充実している。時短勤務も比較的可能であり、これらの制度を利用したことによる不利はない。総合して、女性管理職と育児の両立は非常にしやすい環境である。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

一般職という役職がないため、総合職同士の結婚になる。その場合、共働きになってしまうため、家事などの負担が増えることから、社内での結婚はあまり多いとは言えない。男性社員だと、いわゆる合コンなどでも人気企業と言われている為、そういった場での出会いが多い。

オフィス環境についておしえてください。

本社は赤坂(最寄りは溜池山王駅)に2つのビルがあるが、基本的にはクライアント先に行くことが多いため、あまり使うことはない社員も多い。

固定席などはなく、予約制で会議室やフリーワークスペースを使用することができる。また、駅直結となっているため雨に濡れることはない。赤坂周辺は、同様に会社が多いため、ランチする場所やカフェなどに困ることはない。総合して、環境としては相当優秀な部類だと考えられる。一方で、1万人いる企業に対して、オフィスの大きさは満足とは言えない。

回答日:2018-10-05  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事