西武鉄道株式会社の採用後の年収は?仕事内容、評判など【口コミ】

プロ野球好きな人なら誰もが知っている埼玉西武ライオンズ。この球団の親会社にあたる西武鉄道株式会社は、埼玉エリアに在住の方や池袋付近に在住の方ならよく利用する西武鉄道を運営している。社会のインフラを提供する老舗鉄道会社の社員となれば、一見すると安定していそうだが、その社内環境はどうなのだろうか。

西武鉄道株式会社で、駅係員としてホーム上での案内やICカードを含む乗車券類の取扱を行っていたJ氏にお話を伺った。

「わたしは駅係員として勤務していましたが、ホーム上での案内は列車の運転の安全に直接関係する部分であるので、危険があった場合にはすぐに列車の手配をとったりするなど、神経を使う部分もありました。ラッシュ時間帯などにはお客様がドアに挟まってしまったりすることもあり、素早く対応しなければ列車の定時運行の妨げとなってしいます。定時運転のために時間にも気を使いました。
また、金銭の取扱は券売機などでほぼ自動化されているので少額の過不足でも発生すると大問題になるため、お金の取扱にも厳しい部分がありました。
安全、時間、金銭、気を使う部分もありましたが、深夜にもかかり、そして宿泊勤務を伴う仕事です。カレンダーも関係ない仕事ですので、どちらかというと体力勝負な仕事です。」

お客さんと直接接する立場であるため、気遣いが多くて精神的にも楽ではなかったと語るJ氏。体力勝負ということは、残業が多かったのかとかと問うと、そうではなく、勤務日が変則だそうだ。

「残業はほとんどありませんでしたが、欠員が発生した場合などには休日出勤がありました。泊まり勤務が基本なので、基本的には朝から翌朝までの24時間勤務で一度に2日分を働くといった勤務体系ですが、休日出勤の場合には、前半、後半と朝から夕方までと、夕方から翌朝までの1日勤扱いを2つの勤務に分けたりする場合もありました。また、月に何日か転てつ器(ポイント)の清掃作業として深夜の終電後に1時間ぐらい清掃作業にあたることもありました。」

なお、残業代については、列車の遅延で終電が遅れたりしてもきちんと残業扱いとなり、基本的には働いた分はすべて賃金が付いていたという。

西武鉄道株式会社での勤務はJ氏にとってやりがいあることもあった。

列車が定時で走ってくれていることが一番安心できることですし、それがやりがいでもありました。特に泊まり勤務で朝から翌朝までという勤務体系なので、朝のラッシュと共に一日の仕事が終わります。次から次へとやってくる列車を定時に発車させ、通勤のお客様をお送りして落ち着いてくると、やりきったという満足感を覚えられました。
大変な面は勤務が不規則な点です。カレンダーとはまるで関係なく、泊まり勤務が基本ですので家のベッドで寝ることも月の半分強です。そして早番、遅番によっても違いますが、早番では3時台には起きだして初電の準備、遅番だと1時過ぎまで終電の対応をしなければなりません。明けの日には10時過ぎにはフリーとなって休日のように一日を使えるメリットもありましたが、疲れてずっと昼寝をするような日も多くありました。」

なお、昇格等は公務員と似ているが、試験があったようだ。

「昇格、職種転換など、すべて試験にて行われていました。上長の推薦もありますが、基本的には試験の結果がものをいいます。年が上でも責任のある仕事を任せてもらえなかったり、出向になってしまったりする方もいましたし、若くても管理職になっている方もいました。年収は、わたしは37歳で750万円くらいです。
ただし、年功主義というわけではないのですが、出世が早い方だと年上の部下や歳の離れた同格の管理職が多数できてしまうことにもなり、仕事をしにくそうにしている部分もありました。」

なお、女性が働く場所としては、女性は本社をはじめ駅や乗務員など職場によってはいる職場もあったが、J氏がいた職場にはいなかったという。宿泊勤務を伴う仕事のため、お風呂やトイレなど女性を受け入れるためには相応の設備を整えなければならず、すべての職場に入れるわけではないそうだ。だが、本社、現場共に女性も多数おり、管理職として活躍されている方もいたらしい。

最後にJ氏に、西武鉄道株式会社で働くことをどう思うか聞いてみたら、以下のように答えてくれた。

「体力勝負になる点、カレンダー通りの勤務でない点などを我慢できれば悪くない選択だと思います。明けの日には10時過ぎには終わってしまいますし、そこから先はまるできゅじつのように使えます。また予定があるときにはあらかじめ申し出ておけば勤務も配慮してもらえるので、全く予定が立てられないというわけでもありません。
そしてカレンダー通りの普通の仕事がしたければ、試験に挑戦すれば、本社等の非現業部門への登用もあります。しかし、基本的には試験を受けんければ仕事が変わることはありませんので、自分自身の努力が必要です。
泊まり勤務となるので、共同生活に近い部分もあるのでそのあたりが苦手な人はおやめになった方がよいかもしれません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事