住友金属鉱山株式会社の採用後の仕事、年収、評価など【口コミ】

住友金属鉱山 採用
住友金属鉱山株式会社は住友財閥の源流企業であり、複数の鉱山を有する住友グループの非鉄金属企業である。非鉄金属メーカーの中で、ただひとつのTOPIX100構成銘柄である。

住友金属鉱山株式会社の技術開発室に技術補助員として勤務しているB氏の業務は、主に開発テーマを研究し、その実験、成果、データ収集報告の補助を行うこと。様々な業務に関係し、実験データを作り、その報告を実施し、エンジニアと連携をとり、成果を重ねていく業務である。また電子材料を担当している関係で、材料特性を把握するため、機器分析についても報告書に記入し、研究課題の資料として共用していた。

「主に材料分析が私の仕事でした。技術的に未解明の部分は、上の階に資料室があったので、常に文献調査し、新しい情報を手に入れていました。仕事のやりがいは、一人の人間に研究テーマを担当させ、その研究ために講習会・セミナーの参加を会社が奨励してくれたり、技術的熟練のために他関連メーカーの訪問を会社が許可してくれることで、自分のテーマをとことん突き詰めることができるところです。研究成果のためなら個人を尊重し、能力をよく理解してくれて自由に行動しやすい会社だと思います。
 又、大変なところは、ユーザーのクレーム内容が非常に細かいところです。他には、大量オーダーの中にある不良品の改善要求はたいへんでした。」

評価は、成果主義の気配はほとんどなく、学歴と年功序列によって昇格するようになっていたそうだ。
「社員ごとに等級があるのですが、高卒は7級社員から、高専卒は4級から、大卒は3級からスタートになります。私は高専卒だったので4級からでしたが、5年目から3級に昇格しました。25歳の時、年収は300万円くらいでした。職務上の成果については、おおきな差はつかなかったので、それぞれ均等に昇格しました。ただし、特に転勤命令があった社員や、研究所に留任した社員の昇格登用は早かったと思います。」

住友金属鉱山には組合があり、残業は労使交渉により、月50時間の制限があるそうだ。これに基づき、現場では残業をしていたという。
「毎日2時間から3時間の残業で月24日位の勤務で50時間過ぎないように実施していました。ただ、残業が多い時は、残業追加申請により、50時間から70時間に追加申請をして行ったこともあります。」

女性の労働環境については、労働組合があるため十分配慮されており、女性のための働きやすさを考慮し、育児休暇、生理休暇等整えてられているそうだ。女性の管理職登用についても昔はそういった例はなかったそうだが、今現在では、女性でも管理職登用があるという。常に、コンプライアンスについての重要性を意識し、女性の人権問題についても真剣に考える会社であるという。

住友金属鉱山株式会社についてどう思うか、最後に聞いてみた。
「昔に比べるとその規模はだいぶ縮小され、小さな規模のイメージはあります。なにぶん電子部品を取り扱っていた会社なので、不況の影響をだいぶ受けています。やや厳しい職務体制ではありますが、企業の規模は大きいので働くのはおすすめです。ただ、採用後にモチベーションを維持するのはなかなか大変です。日本の金属鉱山会社といっても、殆んどが海外に頼っていますし。材料関係の方面に強い方は仕事をしていて面白いと思います。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三菱電機 年収
  2. モトローラ 採用
  3. システムイメージ
RETURN TOP
sponserd link

おすすめカテゴリー記事

  1. ジェットスター・ジャパン株式会社(JETSTAR JAPAN)の社員評判・年収
  2. 合同会社西友の社員評判・年収「日本企業っぽい外資」
  3. 東急リバブル株式会社の就職評判・年収「配属される店舗による?」
  4. 全日本空輸株式会社(ANA)の客室乗務員の年収・仕事評判は?「時差や気候の変化はそれなりに大変」
  5. ヤンマー株式会社の年収・就職評判/30歳総合職口コミ、院卒が学部卒より昇級に有利