伯東株式会社の転職評判・年収/経営企画職

伯東株式会社(はくとうかぶしきがいしゃ)は、エレクトロニクス関連およびケミカル関連を主とした専門商社である。電子デバイス、電子コンポーネント、電子・電気機器、化学薬品、化粧品などを扱っている。

別途、以下の記事で伯東株式会社の営業事務職として勤務しているLさんの就職評判についてご紹介したが、今回は、経営企画部に所属しており、近年退職したCさんの転職評判についてご紹介する。

▼営業部の事務のLさんの就職評判はこちら▼

伯東株式会社の企業評判、年収は? 新卒採用5年目の社員にインタビュー
営業部門として、客先やメーカーと交渉し利益を取得するという重要な部門です。しかし、実際は物流部門や技術部門、貿易や経理関係の部門に板挟みになることが多く、何かと気を遣う場面が多いように感じます。

仕事内容:経営企画の仕事

「わたしは経営企画部所属でした。経営企画部の主な業務は、予算立案・取り纏め・進捗管理、子会社管理、IR業務、新規ビジネスの立案・遂行などです。予算策定にあたっては、各部署から申請された売上・経費・人員・投資予算を精査・査定する立場で、必要に応じて見直しを要請するので、他部署からは面倒くさがられているかもしれない部署です(笑)一方、部署間で利害が対立する事案が発生した時に調整役を行うのも経営企画の役割です。こういった場合は他部署から感謝されることもあります。新規ビジネスの立案でも、営業部隊が思いついた案を具体的に落とし込み、その分野を調査し、時には専門家の意見を収集し、スケジュールや数字目標を定めた実行計画まで作り上げるので、経営企画をうまく利用する部署もありました。」

入社時の志望動機:エレクトロニクス分野の将来性に期待

「前職でも経営企画業務に携わり、この分野では一通りの経験があります。従って経営企画業務の募集には自信を持って応募しております。伯東株式会社が取り扱うエレクトロニクス部品は、近年益々生活に密着した商材となり、世界的に需要が伸びております。今後も更に広がるであろうこの商材を扱う御社は、今後さらなる発展をとげる可能性があり、微力ながら伯東株式会社の業容拡大に尽力したいと思い、応募いたしました。」

仕事評判:企業特有ではないが経営企画にあるやりがいがある

「営業であれば、新規取引先の開拓や、新商材を使った新製品の発売立ち上げなど、面白さ、やりがいを感じる場面は多いのかもしれませんが、私のような経営企画職だと、この会社だからこそできる『やりがい』というのは特にはありません。どの会社でも体験できる、新規ビジネスの立案・立ち上げであったり、新規投資先・提携先の選定であったりはあるので、そういった案件がうまくいった時の達成感があります。大変なところも同じく、この会社だからこそ、というのはあまりありません。強いて言うなら、各部の独立性を大切にしている会社なので、経営企画という立場であっても、必要以上に内政干渉しないことです。それでいて会社の方向性とは違う方向に向かった部署の軌道修正はしなくてはいけないので、部長クラスとの日頃からのコミュニケーションが大切になります。」

sponsored link

残業時間:平常運転時は20時間程度

「どこもそうだとは思いますが、部署や季節によって異なります。経営企画は通常月は20時間程度です。予算策定で多忙になる3月は50時間程度です。経理は年度決算処理を行う4月は50時間を超えているようです。総務は株主総会準備に忙しい5月中旬から6月中旬はやはり同じくらい残業しているようです。営業はみなし残業なのでデータはありませんが、平均すると月30時間程度だと思います。システム部門は、一時ERPの入れ替え作業を行っていた時は忙しかったと思います。毎月40時間は超えていたと思いますが、それがなければ20時間程度です。」

年収:経営企画の担当課長の年収

「中途採用3年目の43歳の担当課長で、年収は700万円程度です。管理職でしたので残業手当はありません。月給45万とボーナスが約4ヶ月分です。中途採用3年目でした。途中で体調を崩し2ヶ月ほど休職したので、中途採用された年と殆ど年収は変わっていません。昇給は年に1度の査定で行われました。」

評価制度:評価項目・目標数値は異常事態では設定が難しい

「新卒から3年目位までは大きな差はありません。経験年数を積み重ね、期待される役割・成果が大きくなるに従い成果報酬の比率が上がっていきます。評価制度はよくある方式で、直属の上司(課長クラス)による一次評価、部長クラスによる二次評価と進みます。評価項目は、各部門の役職毎に共通の項目と各部で設定する項目があります。各部で設定する項目は、年度初めに部長が部としての目標を定め、各部員に期待する役割・成果を伝え、本人との話し合いの上、評価項目・数値目標が決定されます。この方式は、通常通り1年間業務が遂行できた年度はいいのですが、リーマンショックのような異常事態があった時には評価項目・数値目標の見直しが難しいです。また、年度の途中で部署を異動した場合も、評価項目・数値目標の設定が難しいです。昇進についても一般的な企業と同じです。経験年数に応じて、次へ上がるための面接や試験があります。通れば昇進するし、落ちればまた来年チャレンジです。私が以前いた会社では、たった1年で一般社員から部長になるような制度があったのですが、そういう飛び級制度はありません。」

女性の待遇:管理職はまだまだ少ない

「育児休暇をとっている女性はいました。その部署では、復職しやすいような環境づくりを心掛けていました。女性の管理職は課長職が一人だけでした。社員は圧倒的に男性が多いので、女性が働きやすいかどうか、微妙です。取り扱っている商材が、得意ではない女性が多い分野なので、仕方がない感はありますが。。。」

社内恋愛:結婚後も夫婦で勤務可能

「社内恋愛はOKです。私がいた時も社内結婚した20代のカップルがいました。結婚後も夫婦で勤務されている方もいます。営業であれば、仕入先・販売先企業との出会いはあるでしょうが、男性が圧倒的に多い業界なので、女性との出会いは少ないです。女性が男性を探すのには適しているかもしれません。」

仕事はおすすめ?:時代の最先端技術を扱う刺激・面白さがある

「私が携わった経営企画業務は、全社的な方向性・判断・業界の将来性など全体を見渡すことが肝要です。また経営陣と直接コミュニケーションをとる機会も多いので、そういう業務がしたい人にはお勧めです。個人的にやりたいことを突き詰めたい人には不向きかもしれません。会社としては、いたって普通の会社です。すごくエキサイティングというわけではありませんが、業界が常に時代の最先端技術を求めるので、ある程度の刺激や面白さはあります。その分野についいては日々ブラッシュアップされる情報を取得し、勉強することが必要です。安定して毎日同じように過ごしたいならやめておいたほうがいいです。」

中途採用者の前職・退職後の転職先

「中途採用は多いです。離職率は5%程度ですので、特別に高くはありませんが、低くもないです。
営業の方は専門知識が必要なので、同じ業界から中途で来る人が多く、また辞めた人も同じ業界に転職することが多いです。私のような経営企画職は、どのような業界からが多いとか、どのような業界に転職する人が多いという傾向はありません。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事