日産自動車株式会社

の転職・就職評判

業界:メーカー/車・輸送用機器

平均年収
816
万円
平均年齢
42.8
勤続年数
20.2
従業員数
22209
※有価証券報告書(平成29年3月31日までの1年分)より
残業時間
5
時間
※月間残業時間、当サイトの口コミの平均

職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(5)
当サイトは企業の社員・元社員の勤務環境に関する口コミ掲載サイトです。そのため、掲載内容は個人の主観や記憶に基づく内容となりますが、これらをご認識いただけた方のみ、ご利用をお願いいたします。
日産自動車株式会社 の口コミ投稿

仕事のやりがい


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
一言に設計といっても様々な設計部門があり、中でも車体設計は取り扱っている部品の数が数千点におよびます。その部品をどういった設計で要求されている性能を満たしていくか考えながら、実験部門とも相談し進めていくのがやりがいです。骨格を形成していくので車が形として成り立ってきたころには達成感も感じられます。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

採用される人材・採用時のランク調整など


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
中途採用で業界未経験の方にはあまりお勧めできる企業ではありませんが、入社時点から即戦力として重宝されるのは、英語がTOEIC800点以上のレベルの転職者で、これがあれば出世も狙えます。

昇進に試験が設けれており、英語は必須項目です。英語力を必要としている部署は多々あり、基本的にほぼ全員英語でのコミュニケーションが取れるので、その中でもネイティブと対等に渡り合える実力があれば認められると思います。

業界経験者の方は技術職の方が人員不足になる傾向にあるため、設計や各種試験、実験などの経験者が優遇されると思います。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

人事制度・昇進


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
昇進については試験が必ずあります。英語は必須で面接も実施されますが、基本的に試験の前に推薦が前提となっています。異動を嫌がらずに色々な経験を積む事と、海外とのやりとりを積極的に行える人が求められる傾向にあります。

本当にトップの人は東大卒や京大卒が多く、早稲田も比較的多いです。ただし学閥という傾向はなく、比較的学歴で若干の優位性が出てくる程度だと思います。基本的には成果主義であるため、如何に自身をプロデュースして売り込みしていけるかが重要で、そのための研修やスキルアップについては会社がフォローしてくれます。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

残業時間・ワークライフバランス


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
残業についてはかなり厳しい管理をされます。ただし、成果はきっちり上げなければなりませんので、勤務時間内に必死に業務をする風土があります。

一方で休暇は取りやすい傾向です。連休はGW、夏季休暇、年末年始休暇とありますが、長い人は20連休の人もいます。それは連休の前後に有給を付けて消化する事が認められており、有給促進日として連休の前後が設定されているため、取得しやすいように会社が配慮をしているためです。

したがって、勤務時間内は忙しいですが、休暇はかなり取りやすく、残業も成果さえあがっていれば強いられる事はあまりないので、ワークライフバランスのとりやすい体制になっていると思います。

また勤務環境としてもフレックスを活用できる部署が多く、在宅勤務も一部で認められています。成果さえきっちり上げていればかなり自由な風土で仕事が出来ると思います。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

年収・賞与(ボーナス)など待遇


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
年収は主に勤務年数と年齢、役職で決まってきます。同年代であっても役職や職種によりかなり年収に差が出てきます。社内のコースは技術職と事務仕事をこなす一般職があり、基本的には技術職の方が給与は良い傾向にありますが、休暇は一般職の方が取りやすいようです。また、グローバル企業であるため英語は必ず必要とされます。

職種や勤務経験によりかなりばらつきはありますが、技術職であれば主任レベルで約650万円~700万円、課長レベルで800万~900万ほど、部長級だと約1000万程度はもらっていると思われます。(ちなみに私はチームリーダーで、主任の下です。正式な役職はまだありません。)手当としては一般的な福利厚生は一通りそろっていて、住宅手当や夜間勤務手当なども付きます。

残業に関してはかなり厳しい制限を強いられている部門もあり、残業代はかならず支払われますが、残業量に規制が掛かる場合があり、それによって給料も異なります。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

業界・企業の将来性


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
業界の傾向としては、インフラ整備が整い次第、電気自動車や自動運転が急速に発展していくと思います。また、自動運転が発展していく事で新たにインターネット産業の企業などが業界に参入してくる事が予想されますので、競争は激化していく事が予想されます。
また、自動車を保有しない家庭も増えており、若者の自動車離れが懸念されます。

今後は法人向けの販売を強化していく事が必須となる業界ですが、ある意味無くなるという事はまず無い業界ですので、倒産や廃業になるような事はないため安泰だとも思います。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

総合的な転職・就職感


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
職種による給与体系にもよりますが、給与面はかなり良いと思います。一方でグローバル企業であるため、かなり多くの人種の方々とコミュニケーションを取る必要があります。
性格的に外国人とやりとりするのが苦手な人は向かないと思いますが、積極的に海外に目を向けて業務にあたれる人にとっては、待遇も良く、給与も優遇されてくるため、お勧めの企業といえると思います。また、英語が公用語になるケースが多いため英語が得意という方は専門知識の点で劣勢であっても比較的すぐに環境に溶け込めると思います。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

女性の活躍


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
会社の方針として女性管理職の割合を上げるという方針をもっているため、同格の他企業に比べて女性管理職はかなり多いと思います。また、給与や待遇についても男尊女卑のような事は絶対に無いので、女性も活躍できる環境が整っています。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

退職後の社員の就職企業


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
転職先:日産車体株式会社
転職年齢:33歳
転職後雇用形態、役職:設計主担
年収の推移:前職に対して約+100万円ほど
転職の決め手:転職先が前職企業の子会社であるため、管理職として迎えられました。子会社への転籍という事でイメージは悪いかもしれませんが、年収としてはアップが保証されていましたので、それが決め手になりました。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27

社内恋愛・社内結婚


年代
30歳~33歳
職種
技術職/車体設計
役職
チームリーダー
雇用形態
総合職/正社員
退職
男性
社内恋愛はかなり多いと思います。その結果社内結婚も多いです。職場内での懇親会はもちろんのこと、系列会社やサプライヤーさんとの懇親の場もあるため、出会いには事欠かないと思います。同じ大学出身者のサークルがあったりもします。
年収
750万円
残業時間
5時間/月
回答日
2018-03-27
インタビュー記事
  1. 日産自動車株式会社は、スカイラインやフェアレディなどの自動車ブランドを有する自動車メーカーで、ルノーと資本提携している。また、このほど三菱自動車も買収してニュースになった。 今回は、日産自動車株式会社で自動車の研究開発を行うOさんに、…

  2. 日産自動車株式会社はカルロス・ゴーン氏がCEOを勤める自動車メーカーで、2014年の世界販売台数でも、ルノーと併せて4位の大手企業である。本社は神奈川県横浜市。 今回は、日産自動車株式会社においてCSR部の広報業務を行ってきた、元契約…

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事