文字列抽出関数MID,LEFT,RIGHT,LENの使い方/Excel(エクセル)

Excelというと、主に数値を扱うイメージが強いかと思いますが、Excel関数の中には文字列を扱う便利な関数も存在します。

今回は、以下のような会員の住所一覧を具体例に、文字列関数の中でも代表的な、LEFT関数、RIGHT関数、MID関数、LEN関数をご紹介します。

mozi_01 (1)

LEFT関数、RIGHT関数の使い方

LFET関数とRIGHT関数は、それぞれ次のように記述します。

LEFT(文字列,文字数) 

RIGHT(文字列,文字数)

これらの関数は、指定した文字列に対して、それぞれ

LEFT関数:左から数えた文字数分の文字列
RIGHT関数:右から数えた文字数分の文字列

を取り出す関数です。

ここで、文字数は全角半角の関係なく、一つの文字を「1文字」と数えます。

まずは、LEFT関数から具体例を見てみましょう。

たとえば、先ほどの住所一覧から「都道府県」を抜き出したい場合、LEFT関数を用いて次のように入力します。

mozi_02 (1)

都道府県は、住所一覧の最初に入力されていますので、文字列である「住所」の左から、3文字分の文字列を抽出すればよいことになります。

ちなみに、関数を入力したセルを選択し、右下の■を押したまま下へドラッグすれば、オートフィル機能により、以下のようにすべての会員の都道府県を求めることができます。

mozi_03 (1)

一方で、住所一覧から「番地」を抜き出したい場合、今度はRIGHT関数を用いて、次のように入力します。

mozi_04 (1)

「番地」は文字列である「住所」の末尾に入力されていますので、右から4文字分の文字列を抽出すればよいのです。

こちらも、先ほどと同様にオートフィル機能を用いれば、全会員に対して「番地」を求めることができます。

mozi_05 (1)

MID関数の使い方

それでは、住所から文字列の中に有る「市町村」を抜き出したい場合はどうすればよいでしょうか?

そんな時には、次のMID関数を使いましょう。

 MID (文字列,開始位置,文字数)

MID関数は、指定した文字列の中で、開始位置から文字数分だけの文字列を抽出する関数です。

先ほどの具体例を用いて説明しましょう。

住所一覧から「市町村」を抜き出したい場合、次のように入力します。

mozi_06 (1)

今回の文字列住所」では、市町村の部分が4文字目から始まっていますので、開始位置に「4」、市町村の文字数である「4」を文字数に指定しています。

つまり、「住所」の中で、左から4つ目の文字を始点に、4字分の文字列を抜き出しているわけですね。

これも、オートフィル機能を用いれば、次のように全会員分の「市町村」を抜き出すことができます。

mozi_07 (1)

LEN関数の使い方

LEN関数は、これまでの関数とは少し機能が異なり、文字列の文字数を返す関数です。

LEN関数の書き方は次のとおりで、文字列のみを指定します。

 LEN(文字列)

たとえば、文字列に「”あいうえお”」と入力すると、次のように「5」と出力されます。

 LEN(“あいうえお”) ⇒ 5

もちろん、文字列には次のようにセルを指定することもできますので、LEN関数を用いれば、任意のセルの文字数を調べることができます。

mozi_08 (1)

まとめ

今回は簡単な住所の具体例でしたが、たとえば「郵便番号と住所と名前が、一つのセルにまとめて入力されている」といったデータに対して、任意のデータに分割する時などに、これらの関数は役立ちます。

他の数値関数ほど使う機会は多くないかもしれませんが、覚えておくといざと言う時に便利な関数ですね。

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事