INDEX,MATCH関数の使い方(組み合わせ)/Excel(エクセル)

たとえば、以下のような運賃表から目的の交通費を調べるのには、少々体力を使いますよね?

index_01

こんな時には、INDEX関数やMATCH関数を用いると、簡単に交通費を調べることができるようになるのです。

本記事では、INDEX関数とMATCH関数の使い方についてそれぞれ説明し、この2つの関数を組み合わせた応用方法についてご紹介します。

INDEX関数の使い方

INDEX関数は、選択した範囲の中から、任意のセルの値を取り出す関数です。

書き方は次の通りです。

 INDEX(配列,行数,列数)

具体的には、配列の中から、取り出したい値が入力されているセルの、行数および列数を指定します。

具体例を見てみましょう。

先ほどの運賃表から、「大阪から広島まで」の運賃を検索したい場合、次のように入力します。

index_02

今回の例では、運賃表から運賃を調べたいため、配列には「具体的な運賃が記載されている配列」として、「D4:K11」が入力されています。

さらに、運賃表では、出発地である「大阪」は4行目、到着地である「広島」は6列目に位置していますので、行数列数には、それぞれ「4」および「6」と入力しています。

結果として、運賃表の中から4行目6列目のセルが参照され、そのセルに入力されている値が、次のように表示されます。

index_03

MATCH関数の使い方

次に、MATCH関数の使い方を説明しましょう。

MATCH関数の書き方は次の通りです。

 MATCH(検索値,検索範囲,照合の種類)

MATCH関数は、検索範囲から検索値と一致するセルを探し、そのセルが検索範囲の中で何番目に位置しているのかを調べる関数です。

なお、照合の種類は検索値が数字の場合に使用できるオプションですが、今回は説明を割愛します。

基本的には、完全一致を意味する「0」と入力しておけばOKです。

具体例を見てみましょう。

出発地の一覧から「大阪」が位置する行数と、到着地の一覧から「広島」が位置する列数を調べたい場合、次のように入力します。

index_04

今回は運賃とは関係が無いので、とくに運賃の部分を選択する必要はありません。

例えば左側のMATCH関数の場合、出発地の一覧である「C4:C11」の中から、検索値の「大阪」に一致するセルが、何番目に位置しているのかを調べることになります。

右側のMATCH関数も同様です。

大阪は一覧の「4」行目、広島は一覧の「6」行目に位置していますので、結果は次のように表示されます。

index_05

INDEX関数とMATCH関数の組み合わせ

さて、ここまで紹介した2つの関数ですが、これらを組み合わせて使用することで、より便利なExcelシートを作成することができます。

具体例として、「出発地と到着地を入力すれば、その交通費を計算できる」といったExcelシートを作成してみましょう。

大まかなポイントは、

・INDEX関数の行数を、MATCH関数を用いて「出発地」の一覧から取得する
・INDEX関数の列数を、MATCH関数を用いて「到着地」の一覧から取得する
・MATCH関数の検索値は、それぞれ出発地と到着地を入力するセルから取得する

ということになります。

具体的な入力方法は、次の画像をご覧ください。

index_06

このように、INDEX関数の中にMATCH関数が入力されている形となっています。

順番に見ていきましょう。

INDEX関数の配列には、先ほどと同様に、運賃表である「D4:K11」が指定されています。

次に列数ですが、これはMATCH関数を用いて、出発地の欄「D14」に入力された値が、出発地一覧の「C4:C11」の何番目に位置するかを返しています。

行数についても同様に、MATCH関数によって、到着地一覧から「E14」の位置を取得しています。

以上のように交通費の欄に関数を入力しておけば、出発地と目的地を入力するだけで、次のように自動的に交通費を検索してくれるようになります。

index_07

まとめ

今回紹介したINDEX関数とMATCH関数は、具体例のような交通費はもちろん、他の表においても様々な活用が可能です。

似たような関数にはVLOOKUP関数が有りますが、列番号の指定など使いづらい場合も多くあります。

今回紹介した、INDEX関数とMATCH関数の組み合わせは少し複雑ですが、上手く活用できればVLOOKUP以上に使いやすくなるはずです。

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事