株式会社VSNの社員評価、年収は?「他企業に派遣される仕事」

株式会社VSNは、IT・情報システム、メカトロニクス・エレクトロニクス、バイオ・ケミストリー分野におけるエンジニア派遣事業、開発請負などのサービスを提供する労働者派遣事業を行う企業で、約400社ほどと取引している。派遣形態は業務契約形態であり、常用雇用型派遣会社である。

株式会社VSNに勤務するNさんは、メカトロニクス(機械系)、エレクトロニクス(電気系)、IT(情報系)、ケミストリー(化学)の4部門の中では、IT(情報系)部門に所属するエンジニアだ。事業が特定派遣を生業としているため、派遣先の会社によって、仕事内容は様々だ。

「IT部門で言うと、
・プログラムや組み込みといった開発案件
・社内ネットワークなどインフラ関係の構築・運用案件
・サーバの構築・運用案件
などなど、この他にも数え切れない案件があります。IT系は4部門の中でも、一番人数が多い部署であるため、会社の中でも重要視されている部門であり、なにかと比較の対象になります。エンジニアがほとんどの会社ではありますが、文系の方も多数採用していましたし、汎用的なビジネススキルを重視して採用していたのもあり、ここ数年間の新卒・中途入社の社員はコミュニケーションスキルの高い方が多かった印象です。」

Nさんの仕事のやりがいは、派遣先の顧客に喜んでもらえたり、社内から評価されたときに感じられるという。
「もちろん、大変な業務を無事成功させた時なども、同様にやりがいを感じました。大変なところとしては、正社員雇用されているとはいえ派遣業となるため、顧客先へ派遣社員として配属され、基本的には即戦力を求められます。そのため、技術力を日々高めていかなければいけませんし、働く先で一緒に仕事をする人はみんなお客様なので、少なからず、気を使う必要があることです。」

また、配属先によって状況が異なるため残業時間は様々だ。まったくないところもあれば、月100時間を超えるところもあるという。
「大企業は残業は推奨していないので、あまり残業時間は多くないイメージです。逆に中小企業に派遣されれば、現場によっては残業が多いところもあります。そこら辺は、配属前に営業と相談しますので、残業が多い案件はNGと伝えておけば、意見を無視して配属になるようなことはありません。」

Nさんは新卒採用で入社し、5年目の27歳、正社員だ。配属される案件によって年収は様々だそうだが、Nさんの場合、年収は400万ぐらいだそうだ。
昇給は年1度で、基本的にここ数年は毎年上がっているという。
「評価は企業全体としては、成果主義であると思います。数年前までは、年功序列でしたが、現在は成果主義になっています。評価制度としては、知識が必要で難しい案件に配属されている場合、また、上流工程の案件についている場合は、評価が高いです。逆に、内容が簡単でマニュアルに沿って行う案件に配属している場合や、下流工程の案件に配属していると評価が低いです。しかし、そこまで単純でもないため、下流工程に配属している人でも会社への貢献度を見て、評価が上がることも多々あります。社内の昇進については、年齢に関係なく、実力に応じて昇進できるシステムになっています。若年でも責任のある役職についている方もいますし、部下に役職を取られることもあります。上司は適切に評価してくれますので、真面目に頑張って、会社に貢献しながら、自己アピールを行っていれば、おのずと昇進の道は開けると思います。」

また、女性のエンジニアの方もたくさんおり、管理職にも女性の方がたくさんいるそうだ。女性は比較的働きやすく、
性別に関係なく、対等に評価してくれる会社だとNさんは話す。なお、女性の育児に関しても理解はあるという。

最後に、Nさんに株式会社VSNで勤務することを他の方にお勧めするか伺った。
「私個人としては、勧めてもよいと思っています。数年前までは、ブラック企業として名前が出ていた時期もありましたが、現在はかなり、真っ当な会社になったと思います。会社内の風通しも良く、社員間の仲も良いですし、勤務形態や業務内容を社内に相談して本人の納得のいく職場で働くことも可能です。また、規則もしっかりしていますし、給与テーブルや資格手当テーブルなど、いろいろなものが目に見える形で整備されています。そのため、どの資格を取ったら、いくら給与が上がる、
どの案件に配属されたら給与がいくらぐらいになる等、自分で計算することが可能であるため、目標ができ、仕事に対するやる気も湧いてきます。業績も右肩上がりですしね。派遣業界なので、業界の市場に左右される可能性は高いですが、今後も売り上げは伸びていくことと思います。短期間で技術力を身につけたい場合や、いろいろな技術を身につけたい場合は、お勧めの企業だと思います。」

   ▼ sponserd link                       ▼ 高アクセス企業

よく検索される企業
よく検索される企業ランキング1位株式会社みずほ銀行
よく検索される企業ランキング2位トヨタ自動車株式会社
よく検索される企業ランキング3位 株式会社三菱東京UFJ銀行
4位東京海上日動火災保険株式会社
5位東海旅客鉄道株式会社(JR東海)
6位伊藤忠商事株式会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

RETURN TOP
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事