TOTO株式会社「新聞記者から法務に転職、給料は安い?高い?」転職口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:34歳~36歳
退職(勤務年数6年~7年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:600万円
残業時間:15時間


社内における自分の年収状況:同じ社内の同じ年齢の社員と比べては低かったです。理由としては中途入社の社員であったこと、当該分野の経験年数が浅かったことが理由です。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(4.75)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(5)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:法務


法務部では、契約書チェック(国内・海外)やグループ会社を含めた全部門からの法律相談への回答が仕事です。1日5件程度は常に抱えている状態でした。それ以外に、法務コンプライアンスセミナーの講師、官公庁からの調査への対応が主な業務です。また、管理業務や一般事務もあります。会議や打ち合わせ、レビューへの参加も多く、各部署ごとに担当者を置きながら担当している形でした。                    

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

仕事のやりがいは、担当者レベルでも責任のある仕事に参加できることでした。自分が率先してやりたいことを伝えると、プロジェクトのリーダーとして進められることにやりがいを感じました。社内のあらゆる部署から相談がくるので、自分が会社の役に立てていることを実感できる仕事でした。

大変なところとしては、保守的な考えの方々も多いですし、組織として大きいので、社内で稟議を通したり、関係各所の了解をとるまでに時間がかかることが多かったことです。                                                                                     

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

法務は未経験で入れるのは新卒者のみ。弁護士資格があれば中途でも入社可能です。

新卒者の場合は、先輩社員について仕事をOJTで学んでいきます。法務全般に関する知識は身につきますし、社内でもジョブローテーションがあるので、活躍という意味ではバックオフィス管理部門全般で活躍しうる環境です。

社風としては安定志向の方々が多いですが、チャレンジ精神や積極性があり、年齢が高い方々ともコミュニケーションのとれる方は相性が良いと思います。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業はメンバーによりますが、平均して月15時間程度だったと思います。ワークライフバランスは比較的取りやすいです。相談や契約件数が多い時には残業が発生しますが、会社の体制としてあまり残るなという風潮なので、何もなければ皆さん定時で帰ります。

有休の取得も、上司の了解が取れれば直前の申請でもOKでした。産休に入るメンバーもいましたし、海外国籍の方で冬休みを2週間以上取るメンバーも居ました。障がいを持っている方の短時間勤務や、通院配慮なども考慮してくれる環境はあったので、このあたりの融通は効く方だと思います。                                             

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

役職への到達年齢は、主任:30代半ば、GL(課長):40代半ば、部長:50代前半、本部長:50代後半くらいの印象です。

年収はメーカーなので低い水準だと思います。管理部門の総合職の主任レベルで620万円程度(給与・賞与など500万円+借上社宅+地域手当+残業代)です。

ただし、営業部門は残業が多い(残業代フル支給)ですし・営業手当が付いていたので、年収は管理部門より高かったと思います。子会社・グループ会社の社員に比べると、本体の方が給与水準は高かったです。

役職への到達年齢は人によって差がありましたが、30代半ばで主任、40代前半で課長、50代前半で本部長、50代後半で役員というのが平均的でした。能力要件や役職レベルの昇進要件等はかなり明確に定めてあるので、昇給や昇進のタイミングは自分でも図りやすいと思います。同年代でも上司の評価によっては年収に開きが出ます。

福利厚生(地域手当・借り上げ社宅・カフェテリアプラン制度等)はかなり手厚かったので、そこを加味すると年収の低さは気にならない程度かと思います。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

シェアが非常に高い企業ですし、競合他社と比較してもブランド化・差別化が図れているので安泰と感じています。高級志向、品質の高さには定評があるので、取引先も常に確保できている感じでした。

将来性としては、今後グローバルで何処まで展開していけるかと、リフォーム業界にどれだけ食い込めるかだと思います。経営方針としても営業部門の方針が強く反映されている印象を受けるので、これからも仕事を取りに行く姿勢が見られれば成長する伸びしろもあると感じていました。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

自信をもってオススメできます。私自身は家庭の事情で離職せざるを得ない状況でしたが、そうでなければ定年までこの会社にお世話になっていたと思います。社内の雰囲気の良さや、安定性、仕事内容に対する評価、休暇の取り易さ、人も良い人達が多いことを考えると、待遇は満足できます。基本給は少なくてもボーナスは多いし、福利厚生を加味すれば同年代の他社同期よりは多いと思います。男性女性で働きやすさに違いもないし、フラットな組織だと思います。

女性が活躍しやすい環境ですか?

男性の管理職割合が多いですが、ショールームや広報部門では女性の地位も高くなってきています。育休・産休・時短勤務はそれぞれ制度として揃っているし、利用率も高いです。育休は男性社員も何日かとっている例もありました。評価としても、復帰して下がるわけではありませんでした。

この企業に転職入社した方は、前職・ご出身企業・経歴について教えてください。

【前職企業名】株式会社日本建設新聞社
【前職入社年齢】入社年齢24歳
【前職職種】新聞記者
【前職雇用形態】業務委託 
【前職役職】特になし
【前職退職からTOTOへの転職時の年収推移】350万円→480万円 
【入社の決め手】ロースクールを卒業したこと。法務系部門を拡大していく時期だったということもあり、法律知識の基礎的な知識があることが入社への決めてになったと思います。あとは、コミュニケーション能力や文章力など、基本的なビジネススキルがあったことだと思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

本社が福岡県の小倉ということもあり、本社周辺で生活している人にとっては出会う場が社内しかないのが現状でした。社内恋愛・社内結婚は割合としてかなり高い方だと思います。結婚する年齢も入社5年以内など比較的早い年齢で結婚している方々が多かったです

オフィス環境についておしえてください。

本社は福岡県小倉。東京は浜松町駅から徒歩5分。東京は、固定席です。1フロアーに何百人もが一斉に並んでいるようなオフィスです。一人ひとりのスペースは比較的広いデスクですし、収納も多かったです。PCは自己申告でデスクトップかノートPCかを選択できる環境でした。お手洗いは自社製品なので綺麗でした。

ランチは社内食堂があるので、皆さんそこで食べることが多いです。カフェも併設しているので、私は毎日そこでコーヒーを購入してデスクで飲んでいました。

回答日:2018-03-13  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事