株式会社カンドーの年収・評判/総合職正社員の仕事内容、残業時間などは?

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:37歳~39歳
退職(勤務年数11年~12年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:520万円
残業時間:40時間
有給取得率:50%


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給30万円/月、残業代と休日出勤代10万円/月、ボーナス40万円/年ほど。年収は、同じ社内かつ同じ年齢であれば多くも少なくもないと思います。採用時に合わせてもらっているので、合併後もそこまでの開きはなかったと記憶しています。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.125)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:土工事


ガス、通信、給排水衛生設備等の配管工事や、各役所様から発注されている公共の工事、およびそれに付随するコンクリート製品の製造、販売などを行なっています。 各部署ごとに工事内容が異なっていて、その工事内容に即した現場代理人、設計者、営業マン、工場での作業者などが各部署に配置されています。管理職以外は基本的にその業務の専門家という形を取っているので、同じ工事部門での営業所の異動はありますが、例えばガスから通信といった、工事内容をまたいだ異動は極めて少ないです。私自身はガス配管工事部門で道路工事の現場代理人をやっていました。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

目的のためにチーム一丸となって取り組まないといけないところだと思います。ガス工事は監督者だけでなく、下請けの協力企業の力がなくては絶対に施工できません。その方たちとのコミュニケーション、近隣住民への配慮、実際の施工、全てに渡って1人では何もできないので、先輩社員や同世代の仲間達と常に連携を取りながら進めていく必要があります。

みんなとの連携がうまくいって、1つの現場を無事に終わらせることができたときの達成感がやりがいです。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

私自身は知り合いからの紹介で採用だったのですが、全くの未経験でした。ただ、父親の縁故があり、若い人間の不足している業界なので若さがポイントで採用されたようです。同世代の新卒がその時点で遇されている人事ランクに合わせて採用頂き、同じ扱いでした。

中途入社組の採用ランクは経験に応じて高くも低くもなりますが、経験のある人が多かったです。新卒とのギャップをあまり感じずに仕事をしていました。自分以外の中途採用者は同じ業界の他社からの転職組が多かったので、キャリアも違いますし、給与に差が出るのは当然だと思っていました。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

私のいた場所では残業は月に40時間くらいでした。月によって大きく変動していましたがならすとこのくらいでした。現場作業した後の事務処理になるケースが多いので、どうしても帰った後の事務処理時間が残業になってしまう場合が多いです。

有給は取りやすいとは言えなかったです。20日支給されていましたが毎年半分以上は残していました。長期の休みはGW、お盆、年末年始は取れていました。その期間は道路上での工事ができないので、必然的に休みになっていました。

シフト勤務やフレックス、在宅などは、現場の動きに合わせての仕事だったため、ありませんでした。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

各営業所毎に所長、部門毎のチームリーダー、グループリーダーが配置されていますが、各管理職の給与については公表されていないので分かりません。

話を聞いている限りでは所長で600万、各チームのリーダークラスで500万前後でした。管理職は休日出勤も残業手当もつきません。役職手当は支給されています。

一般社員は差が激しいですが、およそ400万前後、残業と休日出勤は手当がつきます。人の出入りが激しく、合併を繰り返して出来た会社なので、新卒だから特別優遇されるといったことはないと思います。上司からの評価と成績次第で昇進や降格があります。同年代であれば、残業や休日出勤、部署ごとで多少の上下はあっても極端に年収差が出るとは思えないです。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

今までは都市ガス業界は比較的守られた業界でした。ガス事業者の傘の下に各工事会社がいて、護送船団方式で進んでいたためです。2017年のガス事業の自由化により、これからどうなるのか、先行きが見えない状態になっています。

ただ、私の退職後に日本コムシスの傘下に入ったので、事業の展開や売上体系が大幅に変わっていると思います。ガス事業者とは異なる企業の傘下に入ったことにより、新たな収益性も期待できるため、将来的には安泰じゃないかと思います。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

もともと建設業で仕事をしていて、ガス工事や通信の工事がどういったものか分かっていて、業務内容も把握できているならオススメできると思います。会社の将来に大きな不安はないと思いますし。

新卒で大学出て、建築などを学んできたのであれば、他にももっと待遇良い会社はたくさんあると思います。

建設業界全体の雰囲気としては、やはり休みはなかなか取りづらかったです。現場主体の勤務になるので、自分が休むと現場も止まるくらいのことをおっしゃられる方も未だに多いので、そのあたりは御認識の上で就職、転職されるのが良いかと思います。

この企業に転職入社した方は、前職・ご出身企業・経歴について教えてください。

前職企業名:株式会社ディックルネサンス
入職、退職年齢:22歳で入社して、25歳で退職しました。
前職職種:スポーツクラブのインストラクター
前職雇用形態:正社員
前職役職:役職はありません
前職→本職への年収推移:400万円→400万円
入社の決め手:入社の決め手になったスキルは特になかったです。知人からの紹介であったこと、父親が同業の下請け業者であって、仕事の内容は理解できていたことだと、思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

建設業という職種柄もあって、特に現場部署には大変女性が少ないです。新卒なら同期同士、中途なら学生時代の友人や仲間の紹介が多いです。

聞いている、見ている限りでは学生時代の友人からの紹介というのが1番多かったと思います。

オフィス環境についておしえてください。

京成線のお花茶屋駅でした。駅から徒歩で10分ほどの所にあります。

座席については、自分の書類などが多いので、必ず固定です。新人でも自分のデスクをいただいていました。

お花茶屋駅前の商店街があるので、ランチが取れるところは豊富にあります。下町の商店街だから、そんなに高くない金額でお腹いっぱい食べられます。仕事後飲みに行ったりするのはお花茶屋でもありましたが、日暮里や上野といった京成線沿線のターミナル駅が多かったです。

回答日:2018-04-25  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事