株式会社富士通マーケティングの年収・評判/一人で完結できる仕事がないことが大変

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数5年~6年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:400万円
残業時間:40時間


社内における自分の年収状況:『同じ社内』且つ『同じ年齢』付近の社員と比べると平均。SEの方が深夜作業などもあり給与が多い傾向がある。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.75)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:営業


法人営業で、富士通製品を売っている。主に新規開拓を担当。テレコールで初回アポイントを取り顧客訪問から徐々にお客様の信頼を得て、自社製品の紹介やパソコン等のハードウエアに始まり、最終的には基幹システムを他社のものからリプレースし、自社製品のシェア率を向上させる。そのために、社内関係部署の調整や、親会社や製造元への価格交渉・納期交渉をする。セミナーの企画、運営も年に2回ほど実施しており、関係会社や講師の調整、費用交渉などを行う。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいは、お客様との会話でソリューションの機会を見つけることや、信頼を得て業務改善の相談を頂いたときに感じる。お客様と一緒に企業の成長を考えること、お客様の実現したいことを整理し、システムでどのようにサポートするかを考えるのは楽しい。

大変なところは、一人で完結できることが少なく、SEやCEはじめ様々な人が協力してくれないと何もできないこと。大きな会社なので、社内の人員調整が正直一番ややこしい。また、競合が多く、小さなIT企業の方がフットワークが軽く値段も安いことが多い。企業の経営者から見たらシステムの細かいことはどうでもいいことなので、いかに値段以外で納得してもらうかが重要。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新入社員で歓迎されるのは、明るく元気でいかにもフレッシュマンな人材。初対面の人とでもある程度うまく関われる人材が採用されると思う。千人に一人の逸材等でない限り、どれだけ才能があっても最初は広く浅く関われない人は新卒採用は難しいと思う

採用後に可愛がられるのは人当たりが良く、スケジュールを守れる人、相手の顔色を見て行動できる人。うまくいかないのは期限ギリギリでスケジュールを遂行する人、はっきりしない人、広く人間関係を構築できない人。

中途採用社員は高い能力を有しているが適性に評価されていないと思う。もっと評価されても良いと思う人の方が多い。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世する人の特徴は、世渡り上手で人を上手く扱える人、お客様からの評価もよく成績をあげている人、専門知識が豊富にあり常に情報を仕入れている人が多い傾向にあるのではないかと思う。学閥はまったく感じたことがなく、入社してからの実績や評価が直結していると感じる。

反対に、誰よりも知識があり成績も残しているが、人付き合いに何がある人は管理職ではなく、エキスパートとして評価・昇給している。エキスパートは基本給が格段に高く、残業時間の上限も高いが、その分会社に利益を与える人材として評価されている。様々なたくさんの人が必要な会社であるからこそ、評価方法が画一的でないのはは非常に良いことだと思う。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業は月平均40時間ほどで、それ以上すると上長からお叱りがある。有給休暇は入社3ヶ月以降に発生し初年度は10日、2年目以降は昨年度の繰越を当年度合わせて最大20日支給され、それ以外にGWと夏季休暇に1日ずつ支給される。私の年間の有休消化率は40%程度。

部署によるが、営業やSEなど法人のお客様を持つ部署はワークライフバランスはない。営業の場合、勤務時間のほぼ全てが外回りなので、勤務時間後に見積もりや提案書作成に取り掛かる。繁忙期の残業は多くて60~80時間、閑散期は40時間以下となる。有給取得は所属部署・所属長によって大きく違うが、私は年に一回は一週間海外に行くと印象付けていたので多少文句は言われながらも、長期休みを取っていた。フレックス勤務は勤続2年目から。最近は一部在宅(テレワーク)があると聞いている。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収は、役職なし:400万円、課長:800万円、部長:1,000万円超。課長到達年齢は早くて40歳前後、それ以降の役職は成果次第。残業代が出るので残業の多い部署かどうかで、同年代でも給料に差がある。

その他手当は、交通費は基本的に上限なし(新幹線や飛行機は事前申請が必要)、28歳までの社員は家賃補助あり、接待費等は部署ごとの会計なので所属長の許可が必要。福利厚生ではスポーツジムの割引や全国にある保養所をを利用できるようになっている。自社製品は半期ごとに割引購入できる(パソコン、スマホ、タブレットが主で、コンシューマーモデルのみ)。

大きな昇給タイミングは、前年度に大きな功績を残した場合(社長賞獲得など)。勤続年数によって基本給が少しずつ上がるので、年齢と給料は比例する傾向にある。新卒入社の人の方が昇進しやすい印象があるが、中途でも昇進している人は多い。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

サーバー・パソコン等のハードウェア、業種ごとに特化して作られた業務システムの導入実績はグループ内で最多。富士通グループでも一番の営業力およびシェアがあり、企業看板が大きいので苦労は少ないかもしれない。大きな経験もできるので、その後のキャリアにプラスになることは多いはず。市場の変化が大きいので、母体が大きくなりすぎて市場についていけなくなることや、親会社の方針でこれまでの顧客層のニーズとの乖離が大きくなると信用を失うのではないかというのが危惧する面。ソリューションプロダクトと市場ニーズがマッチしていないこともある。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

社内の人間関係はあまり難しくないと思う。ただ、業界全体に言えることだが、残業ありきでの仕事になるので、休暇の取りやすさやと体調や給与を天秤にかけると非常に辛いと感じる。

特に女性の営業職は、体調を崩すことも多く、結婚・出産を考えると、それ以降その部署での活躍は見込めない場合が多い。本社であれば、人事や経理など社内部署や営業サポート部署も豊富なのでそちらに移ることも可能だが、支店では人材が溢れているの他部署への転籍も聞いたことがない。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職は、人事や総務などの社内部署では多いが、営業やSEの顧客部署ではまだまだ。数年前に初女性営業課長ができたと聞いている。育休・産休・時短勤務も同じで、社内部署の人は多く取っているようだが、顧客を持っていると取りにくく、育休が明けたらついて行くのが難しい。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

定年近い世代は社内結婚の人が多いが、今はあまり多くない。よくある社外の出会いも様々で、大学の友人、知人の紹介、お見合いなど様々。同業他社の男性と結婚している人はいるが、同業他社の女性は聞いたことがない。

オフィス環境についておしえてください。

大阪駅・地下鉄西梅田駅が最寄駅。フリーアドレスで、最寄駅から徒歩10分以内、ランチはブリーゼブリーゼ内の中華レストランか三田米を扱っている和食がおすすめ。隣のビルに入っているスターバックスも開放感があって息抜きに良い。

アフター5に人気のスポットは、梅田の繁華街や北新地にも近いのでお店は豊富。北新地や堂島の路地裏にも、そのエリアにしてはお手頃なお店も多い。お手洗いは各フロアに一箇所あり、清掃が1日2回ほど入るので清潔。

回答日:2018-04-26  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事