日立建機株式会社の年収・評判/高卒・部長代理の社員口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:部長代理
年齢:47歳~49歳
退職(勤務年数29年~30年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:文系



年収:1100万円
残業時間:50時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は月俸分720万、賞与分380万ほどです。役職が同じなら同等ですが、同年代の主任クラスもいるため、その方々よりは高い年収です。同一役職であれば、グレードが異なっても、年収額には大きな差が出ないように査定をしています。一番差が開くのは主任クラスで、査定でボーナスが大きな差がつきます。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.625)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:供給・在庫管理


製造、販売、サービスまでを行うメーカで、販売された機械のサービス部品をグローバルに供給する事業部に所属していました。その中でも、日本を含めた世界の需要予測と、そのための在庫コントロールを、日本で集中管理する役割を担うグループ(課)の管理職を務めておりました。このため、担当者と同行し、アジア、ヨーロッパを主体に、海外拠点への出張を伴いながら、グローバルな関係構築活動が重要な役目です。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

管理職になると会社の都合(方針)をより優先し従わなければならず、現場実態と部下をのびのびと動かしモチベーションを維持向上させることとのバランスが難しくなります。また、私が担当する需要予測は、世界経済において激変する需要動向に従来の方法で対応できなくなってきて、やり方を一気に方向転換する場合もあり、これまで積み上げてきたものが使えなくなってしまいます。

部長代理という中間的な立場に位置するため、主任以下の部下たちの考え方と、部長以上(特に役員クラス)の考え方は、実際にやっている現場と経営的な机上での考え方の間で合致しない面が多く、ただし、立場としては両方の考えた方をうまく両立させながら実効を上げなければならないという大変さがあります。

ただ、自分のチームが一体感をもって、日々成果を上げ、会社での存在価値を高めていくのを実感できれば、大きな充実感を得られます。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

礼儀正しく、会社に対し誠実な態度と忠誠心が発揮できそうな人材が歓迎されます。採用時は学生時代の評価(勉学や日常の生活態度)が良いか悪いかを見られます。採用後可愛がられるには、先輩や上司の話を良く聞き、逆らわない態度が重要です。失敗をきちんと反省しつつ、若さを前面に出して頑張る姿を見せられる人材は可愛がられます。どこか反抗的で、周囲との協調性に欠けると、個人の能力が優秀であってもあまりうまくいきません。

中途採用の場合、学歴が高いと、同年代の新卒採用社員とある程度同じレベルになります。高卒レベルだと、30歳未満なら同等でも、30歳を超えてからになると、5歳くらいの差でスタートになります。

人事制度や出世コースについておしえてください。

部長代理までは、高卒でも出世可能です。この場合、会社への忠誠心や誠実感を仕事に反映できる人です。高専や大卒でも、主任にもなれない人は沢山います。現在は、製造現場の直接員以外は、高専や大卒以上しか入社出来ません。東京大学、京都大学、東北大学、北海道大学、その他東京の有名私立大学卒で有れば、よほどの失敗が無ければ、順当に部長以上にたどり着けます。但し、理事以上の役員になるためには、その時点の専務や常務との関係性がどのように構築されてきたかが重要です。いずれにしても、どの部署出身であれ、入社から常に上層部に良い印象を持ってもらえる仕事でのアピールが欠かせません。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

私の残業は月50時間ですが、残業は少なくする動きを会社全体で厳しくやっています。有給休暇も比較的取得しやすいですが、部署やその上司によるところもあり、私の部門ではありませんが、特に開発部門は性質上残業が多く、年休も取りにくい環境です。

私の所属部署であるアフターサービスの部署は、残業については全体から見て多い方には入りません。もちろん、事業部内におけるグループや個別でのばらつきはありますので、中には36協定に常に引っかかるような残業が発生する場合も少なくはありません。ただ、事業部全体で比較すると全社の中では平均的な残業時間の範囲でした。

勤務の柔軟さについては、フレックス制度や半日休暇制度があり、全般的にはワークライフバランスがとりやすい環境です。実質、残業は各人の裁量に任されていますが、毎月管理職が残業時間を確認し、深夜残業の発生時は総務へ理由の報告、休日出勤が必要な場合は、労使協定を提出するなど、勤怠管理についてはかなり厳しく運用しています。

長期休暇は頻繁に取得できませんが、きちんと仕事の調整を行ったうえで、年末年始やGW・SWにからめて取得することは容易です。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

役職の種類と各年収は、事業部長1600万円、部長1400万円、部長代理1100万円、主任900万円、役職無し(300万~800万)※役職無しは、学歴と年功序列による幅です。

各役職へのおおよその到達年齢は、事業部長(高卒:到達しません、大卒以上:55歳)、部長(高卒:50歳、大卒以上:40歳)、部長代理(高卒:43歳、大卒以上35歳)、主任(高卒:33歳、大卒以上:27歳)。

手当は、主任以上になると、残業の有無にかかわらず業務手当が25時間残業相当額支給されます。その他、扶養手当が子供一人当たり1万円。福利厚生としては、ベネフィットワンにて年間一人4万円分が付与されます。これは規定にある様々な利用目的(住宅ローンなど)に適用されます。昇給自体は毎年行われますが、大きなタイミングはやはり役職が上がる(昇格)時です。年齢も給料にリンクする給与設定体系になっており、役職無しでもグレード設定(7段階)、役職者も役職内でグレード(5段階)設定がされています。同年代の場合、役職無しと有りでは数百万円の差がでます。

おなじ役職で同等の能力なら同じ水準ですが、査定で差がつけば、100万円程度は差がつきます。当該会社は、評価を能力主義に向けていますが、伝統的な面も否めず、実際のところ、学歴・年功序列の評価体系がベースになっています。そういう意味で、中途と新卒でも、学歴と年齢は、年収と昇給に影響する大きなファクターです。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

該当業界では、売上を含めた企業規模が格段に上で有る企業が2社あり、その他にも中国や韓国のメーカも勢力を伸ばしているため、厳しい3位争いがあります。日立建機の売上の海外比率が7割から8割と多い中で、為替変動や世界の経済情勢に大きく左右されるため、あらゆる変化にも対応できるような、グローバルな調達・生産体制やサービス網を構築し、いわゆるリスクヘッジできる体質が必要になります。これまでの日立建機における売上(利益)の実績は7年~10年の周期で大きな波になっており(ただし、何かしらの法則にもとづくわけではない)、一定程度の周期がある中のどこかのタイミングで経営が厳しくなる可能性もあります。

これまで2度の大規模な早期退職募集があり、その優遇も回を重ねると魅力が小さくなってきていますので、次のリストラがあるとすれば、その時期が業界内、もしくはグループ内で淘汰される可能性があるとみています。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

事前に事業内容をよく理解し、自分がどういった仕事で活躍したいか、また、そのための準備や覚悟をどれだけ持っているかということを十分に考えた上であれば、この企業で働くことをおすすめします。実際には、最初からやりたいことや配属されたい部署へいくことは誰でもかなうものではありませんが、野心と強い気持ちがある方なら成功するでしょう。入社するタイミングによっては、その時の経営幹部の派閥(出身大学や出身部署によるつながり)によって、仕事のやり易さや感じ方が一変しますので、柔軟に対応できる自信のある方は大丈夫です。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職はごくわずかです。近年はダイバーシティー推進を掲げ、女性の総合職への道も開いてはいますが、もともと男性優位(というか役割分担的な要素)の傾向が強いため、そもそも社内の女性自身の役職への意識が低いです。

一方で、働く女性への待遇自体は、世間一般の企業としては充実しているので、女性が働く環境としては十分に恵まれているといえます。要は、女性ならではの問題(結婚や育児)を包括的にカバーしている分、任せる業務や給与面、査定ではやはり男性よりも劣る見方となっています。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛での結婚は、昭和の時代に多く、平成からはあまり社内結婚のケースは増えていません。組合活動による、地域間での出会いもありますが、基本的には社内外にとらわれず、各自の交友関係での出会いや結婚が多いです。

オフィス環境についておしえてください。

私が勤務していた事業所は、最寄り駅が常磐線ひたち野うしく駅で、車で10分程度の距離です。2014年に新築した事業所なのでオフィスは綺麗です。固定座席ですが事業所内はWi-Fi環境で、どの会議室でも快適に事務作業が可能です。基本的にマイカー通勤者が大半なのですが、社内の飲み会などは、数は多くないですがひたち野うしく駅周辺にある居酒屋やイタリアレストランなどの利用頻度が高いです。また、つくばTXのつくば駅まで車で20分足らずなので、豊富にあるつくば駅周辺の飲食店も、帰りの足が確保できれば利用しやすい環境です。

回答日:2018-05-21  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事