株式会社KADOKAWAの年収・評判/残業代込みだと新卒2年目でも高年収、漫画編集社員の口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:24歳~26歳
現職(勤務年数2年~3年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:530万円
残業時間:40時間


社内における自分の年収状況:年収の内訳は基本給22万、ボーナス計130万、残りは残業代、休日出勤手当などです。残業代が高いため、年齢・社内ともに圧倒的に高い状態にあると自負しています。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.875)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:漫画編集


割り振られた漫画編集部に配属され、漫画を作成する仕事。主に雑誌やコミックスの刊行や、担当作家との連絡や打ち合わせおよびアニメ会社などとの連絡やグッズ制作を行う。他には、一般的な事務作業を行うこともあるがほとんどまれ。役職につくと更にメンバーのマネージメントや部署内での漫画や雑誌などを年に何冊作成するかや、予算に対してどれだけ達成できているかなどのチェックを行うこともあるが、他にも細かい仕事が多数発生する。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

繁忙期では帰れないくらいの残業があり、非常に寝不足で困ることもありますが、それ以外はフレックスなので自分の時間を大いに使うことができます。また世の中に出る本を作っているので売れたときの達成感は非常に強く、やっていて楽しい、自分のアイデアが採用されているというふうに思えます。

他には、基本的に他人のマネジメントが大きい業務になるので、人付き合いをしたくないときでもしなくてはならないのが非常に苦痛ではあります。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

歓迎される人材の特徴は、基本的にはクリエイティブで、どれだけ世間にアンテナを貼っている人間であるか?が主になってきており、基本的なことさえできていればマナーなどは重視されません。採用される人材についても、どれだけクリエイティブでアンテナを張っているか?に関わってくると思います。採用後可愛がられるのは頭がいい人間と人当たりがいい人間で、頭が固い人間と、融通がきかない人間はうまくいかないように思います。

中途社員は新卒に比べ、学歴がかなり低めの方が多く、同等の年齢の場合役職が低い人のほうが多いです。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースは基本的に営業職に行くか、技術職に行くかだと思います。その2つは基本的に成果主義のため、年齢、学閥、学齢問わず昇進することが可能になっています。それ以外は学歴や業務評価はほぼ関係なく、成り上がることはほとんどなく、年功序列でしかありえません。学閥は早稲田ではありますが、ほとんど関係ない状態が続いています。

評価方法は特に不満はありませんが、とりたてて大いに満足感や納得感があるというようなものでもありません。やりたいだけやればいいし、やりたくなければ永遠にそのままでもいいという環境のため、人によって大きく差がでる感じだと思います。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業の月平均だいたい40時間ほどです。その他に休日出勤もあります。年間の私の有給消化日数は15日ほどですが、会社からは年間有給が20日与えられます。さらに夏休み休暇と冬休み休暇が各5日あり、その他病気や産休における休暇なども多く与えられていて満足度は高いです。

ワークバランスはしっかり自分自身と部署の繁忙期さえマネージメントしていれば非常にいいです。有給も消化しやすいし、フレックスだったり、自宅勤務も可能なので、繁忙期以外は自分のやりたいように仕事をこなし、自分の思うままに仕事をすることができるため、ルーティン作業などが苦手な方には向いています。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

新卒2年目の総合職で約530万円ほどあります。基本給が22万程度であることからして、残業代が大きく響いてくるかと思います。ただ月残業時間40時間と休日出勤などでこれくらい行きますので、かなり割りに合っていると思います。役職への到達年数はかなり人それぞれで、営業職や事務職はほとんど40代以降役職が付きますが、技術職であれば20代でも役職につく事が可能です。また、技術職の場合は、技能によって大きく年収が変わるため一概にいくらと言うことができないのが難しいところです。

年に2回の昇給はありますが、それは微々たるものですので、基本的に技能職であれば、自分の成績と技術がどれだけのものであるか?が大きく関わってくると思います。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

紙の本が売れなくなっている時代ではあるため、そこが危ないとは思いますが、他の出版社に比べてその危険性をいち早く察知し、他の業務や事業に手を出しており、それが現在軌道に乗ってきています。出版に関しては、自社で工場を設けることで、印刷コストを削減していることや、出版以外のレストラン業、アミューズメント業、音楽業などを行うことで、多岐にわたるエンターテインメントを実現できてきています。

そういう意味では、未来を見据える力が非常に高い会社であると思われます。失敗も多くありますが、それも含めてトライアンドエラーをし続ける挑戦的で、かつ今後変わっていく世の中についていくことができる会社であると感じます。そういう意味では安泰であり、その未来を見ていきたいと思います。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

正社員の待遇は給料面から非常によいかと思いますが、不満点があるとすると家賃補助が出ないのでそこだけが注意な点かと思います。休暇や仕事量もそこまで問題があるわけでもないため、そこそこしっかり働きたいという人であれば非常におすすめできます。

人間関係や社風はかなりフレンドリーではありますが、そこまで個人個人に密着したり、詮索してくる人は男性はいないので、さっぱりしていていいと思います。女性同士についてはよくわかりません。総合的に見ておすすめです。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職はそこまで多くはありませんが、道は他の会社よりは開けていると思います。育休・産休・時短もとっている方が多く、休職してもすぐに戻ってこれるような社内環境や体制がしっかり整っているのは事実だと思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛はかなりおおいです。現部署については社内結婚しているカップルが5組いる程度だと思います。同業他社の方と恋愛する場合は、機密事項の問題があり大変ですし、出会ってもあまり会話をすることがない業種ですので、基本的には社内だと思います。

オフィス環境についておしえてください。

オフィスは千代田区飯田橋にあります。JR総武線や、東京メトロ有楽町線、南北線、東西線、大江戸線などが通っておりアクセスが非常に便利です。最寄り駅からもあるいて4分ほどなので非常に便利ですし、神楽坂が近いため、美味しい料理屋が多数あるのでおすすめです。更にランチタイムは目の前の道が歩行者天国になり、さらにお店もチェーン店、個人店含めて100店舗くらいが徒歩5分圏内にあるためとても充実しており、最高です。

回答日:2018-06-01  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事