グンゼ株式会社の年収・評判/総合職の組合本部配属で、仕事内容・やりがいは?

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:中央常任執行委員
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数5年~6年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:理系



年収:450万円
残業時間:40時間


社内における自分の年収状況:私の年収は、この会社の同年代社員に比べると高いと思います。総合職であり、私の所属していた部署において、私の役職では、役職手当があったためです。また勤務地に食堂がないので、勤務地手当として地方の工場勤務の人よりも手当てが多くついていました。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.875)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:労務


会社の労働組合専属の部署であり、会社の部署に属する組合本部という部署で、組合の仕事が業務となります。春闘や一時金交渉をはじめ、労働協約の改定など、従業員の代表として会社側と協議を行う部署の仕事です。そのほかにも、労働組合の機関紙(社内新聞)を発行し、随時組合情報を発信したり、研修会やセミナーなどを開催したりしていました。私の担当としては、研修会の企画開催業務、機関紙の作成、組合員に対するアンケート調査業務、ハラスメント相談窓口業務など多くの業務を兼任していました。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

個人の意見ではなく、会社の組合員全員の代表として意見しなくてはならなかったことです。もちろん全員の意見が一致することは絶対にないので、どのようなリスクがあるのか、どの層にどれだけのメリットがあるのか、そしてそれがどれだけ会社に影響するのかをすべて勘案したうえで意見しなくてはいけないことがとても大変でした。入社して4年目でこのような部署に配属となりましたが、まずは会社全体のことを知ること、勉強することで精いっぱいの日々でした。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用についてですが、グローバルな人材が歓迎されるかと思います。能力そのものよりも、面接において「夢」があったり「やりたいこと」がある人は採用されやすいのではないかと個人的に感じました。

入社後うまくいくタイプは、分からないことは分からないと正直に言える人だと思います。プライドが高く、分からないことも分からないと正直に言えない人はかわいがられないと思います。また、自身も成長できないと思います。また、上司や先輩に頼れない人はうまくいかないと思います。

中途採用は30代くらいの人が多いので、新卒よりかは少し年齢層は高めだと思います。新卒と中途でどちらが昇進しやすいということはありません。中途採用の場合の年収が分からず、比較ができませんが、役職などを見ている限りでは、差はないのかなと感じます。管理職についている方は新卒で入社した方の方が多い気がしますが、中途採用そのものの人数が少ないので妥当だと思います。

人事制度や出世コースについておしえてください。

私の在籍していた部署は出世コースだと感じました。人数も少なく、配属してすぐに役職がつきます。在籍年数を重ねると、ほかの部署よりも早くに管理職に就けると思います。もちろんその人の能力にもよりますが、確率は高いのではないかと思います。

また、組合本部を退任後も他の部署へ異動となりますが、良いポジションに異動になることが多く、実際に他の部署の課長になられた方もいます。業務内容も労働協約の改定など、重要な内容を早くから担当することになるので、評価も高くつきやすいと感じました

自分のやってきたことを十分に上司に伝えられるので評価には納得できます。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業は月平均40時間ほど、有休消化は年間5日ほどです。ワークライフバランスを訴えかける部署だったので、部署内での声かけがあり、取りやすい環境でした。もちろん、繁忙期は残業もかなりの時間に達し、有給も取得することができない日々が続くこともありました。そのかわり、閑散期は休みが取りやすく、定時退社もできていたかと思います。

全国の組合員からの問い合わせ対応などもあるため、そこまで長期のお休みは連続して取ることができませんでした。2日連続休みくらいが限界でした。有給をすべて消化できていたかというとそうではありません。環境が取りやすいといっても、やはり業務量の都合で取れないこともしばしばありました。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

まずは総合職と一般職、専門職があります。年収が高い職種としては、総合職となります。会社の部署は部署ごとに役職が微妙に異なることもありますが、基本的には係長、課長、工場長や事業部長などがあります。私の所属していた部署は特殊で、中央執行委員、書記長、副委員長、委員長などの役職が有り、書記長以降が管理職になります。私の肩書きである中央常任執行委員は組合固有の役職で他の部署にはなく、管理職ではありません。
詳しい役職ごとの年収は個人の評価により異なるため、分かりません。総合職の中でも、ランク付けされており、入社当初はK1,またはK2となります。そこからK3で昇進試験などがあり、K4まで上がると、Mランクに上がります。これらに昇進するためには研修会の受講や、面接などがあります。それぞれのランクには、最低在籍年数が決まっているものがあるので、毎年昇進することはできません。K3に上がると、業務の評価がかなり給料に影響するシステムに切り替わるので、ランクが上がったからと言って、気を抜いてしまうと給料が前の年より減ることもあります。

私はK2まででしたが、各ランクで、K1だとだいたい350万円くらい、K2だと450万円ほどの年収でした。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

下着の生産など、国内工場ではなく、人件費が安価な海外へ移管されることが多くなり、次々と国内工場の閉鎖につながっています。また、ファストファッションの流通により、品質のよい高い商品がだんだんと売れなくなってきており、高価格帯でいえば、有名なブランドから発売されるおしゃれ下着に客を取られていると感じます。

若者層の認知度が低いので、これからどんどん収益は下がるのではないかと心配です。ほかのプラスチック事業などの分野においては、伸びる可能性はあると思います。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

この企業で働くことをお勧めします。給料だけで見ると、そこまで高いとは言えない額だとはおもいますが、福利厚生がしっかりしていると感じます。とくに若年層の独身者に対する保障は充実しているのではないかと思います。

独身寮の家賃などの会社補助の額も多いと思うので、給料だけではそこまで稼いでいないように見えても、毎月の家賃などを考えるととても助かる部分が多かったと思います。

また、社内評価もしっかりと体制が整っているので、半期に一度の上司との面接などで自分の成果をしっかりと伝えられます。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職の道は開けていると感じます。数年前より、女性総合職を集めて、セミナーを開催したり、実際の女性管理職とペアになって相談できるシステムなどもできています。

ただ、一方で産休・育休のブランクはかなり痛いのかなと思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛は時々いらっしゃいました。どちらかと言えば、現場の総合職と現場の派遣社員・契約社員の恋愛・結婚のほうが多いのではないかと思います。しかし、全体の中でそこまで多いとは言えないかと思います。よくあるのは、大学からの付き合いでそのまま結婚したというケースが多く聞かれました。

オフィス環境についておしえてください。

最寄駅はJR大阪駅です。一般のオフィスビルの一室を借りていました。お手洗いなどは共同です。最寄駅からは徒歩15分程度、ランチなどは北新地が近かったので、お昼は新地のお得なランチセットを食べに行くことが多かったです。

アフター5は新地は価格帯が高いので、大阪駅前ビルの中の大衆居酒屋などによく行っていました。コンビニも近くにあったので、ちょっと買いに行くのにも便利で、お土産などを準備する際も百貨店が近いので便利でした。

回答日:2018-07-06  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事