株式会社ジーシーの年収・評判/歯科衛生士の営業の残業、給料、お仕事口コミ

回答者プロフィール
性別

専門職(その他)
役職:なし
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数6年~7年)



女性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:短大卒(3年)
文理:理系



年収:470万円
残業時間:80時間
有給取得率:25%


社内における自分の年収状況:年収内訳は、基本給320万円、残業50万円、ボーナス100万円ほど。同じ会社の同年代と比べれば高い。予防分野が成長分野のため、ボーナスが多い。残業・出張や休日出勤が多いため、事務職の同年齢の社員に比べ手当てが多い。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(3)
仕事内容

職種:営業職(歯科衛生士)


営業職の中の、専門職枠である歯科衛生士として勤務しました。主な内容は予防製品(歯ブラシ・歯磨きペーストなど)や美容製品(ホワイトニング材・関連機器)などの歯科医院向けの提案営業と、歯科医師・歯科衛生士向けの製品の講習会を担当しました。業務は製品をより使いこなしていただくための知識を広める仕事です。その他、歯科関連職種の大学・専門学校での授業や、歯科医師会と連携した研修会の講師も務めます。営業範囲は愛知・岐阜・三重・静岡・長野です。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

仕事のやりがいは、販売のへの手ごたえを直に感じられるところです。また、販売後は定期的に歯科医院へ訪問することでその後の患者への拡販状況を知り、フィードバックまで実施できます。必要に応じて、セミナーや各種イベントを企画・開催し、メーカーファンを増やしていくことも大きな仕事です。その内容は、エリア担当者(歯科衛生士2名)が自由に発想することなので、自分の発想を形にすることができることで、大変なやりがいに感じます。

ただし、セミナーや学校の授業で登壇する際は、最大で200名ほど、最長で6時間ほどになります。準備はもちろん、大変体力と気合のいる仕事です。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用では、営業職では、やる気や根性のある体育会系の気質が歓迎されます。研究職では、東京大学を始めとした高学歴の院卒者採用がメインで、真面目な気質が歓迎されます。その他、英語・中国語のスキルがあると有利です。採用の可否は、面接で印象に残るかどうかが重要です。例えば、何か質問があるか?などの問いにきちんと質問を返すこと、役員や面接官と同じ出身地や出身校であること、部活でインターハイに出場したなどです。

社内でかわいがられる新人は、入社1年目までは、飲み会の翌日に「昨日はありがとうございました」と言えること、5年目までは、些細なミスが少なく、報告・連絡・相談がきちんとできること、それ以降は現状を打破できることとなります。なお、営業職では、上手に仕事用の仮面を被れない方は仕事をしていく上で難しいです。嬉しい・申し訳ないなどの感情を相手にきちんと伝えられない方は向いていないと思います。研究職では、研究成果を分かりやすくプレゼンしたり、実際の製品でどのようなメリットがあるのかなどの”伝える力”がない方は評価されず、向いていません。

中途入社は専門職以外のみの採用です。若手の中途入社が多いので、新入社員とそれほど待遇は違いません。そのため採用に条件は見合っていると思います。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースは、入社10年目まで、現場での先輩社員に引きずられる傾向があります。先輩社員が役職を得て異動をすると、先輩が仕事をやりやすくするために、子飼いの後輩を同じく引き抜きます。

役員や、部課長職も同様の傾向で、統括する部署のリーダーに、関わりの深い後輩を当てることがほとんどです。役員が退職や出向になると、次の異動時期には元の子飼いの方々も遠方に異動になることがあります。

こういったグループで仕事をすると、そこに加われないラインは活躍が難しくなるので、あまり納得感はありません。出世に向けて必要なのは、配属先のどの先輩社員に着いていくのか、どの先輩を一番に頼るのか、見極める目です。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業は80時間ほどで、ワークライフバランスはとりにくい会社です。自身の業務内容では休日出勤が多く、年間30~40日ほどの休日出勤があります。休日出勤をすると代休が付与されますが、消化しきれずに休出手当として還元することがほとんどです。

また、営業範囲が会社から300kmほどの広範囲なので、外勤先によっては移動時間のみで往復6時間にのぼることもあります。その際は、出勤が5時台、もしくは退勤が23時頃ということもあります。

ただし、アポイントの入れ方は個人の裁量に任せられているため、前々から計画すれば、1週間連続での休暇取得も可能です。ただし、活動日の減少は賞与査定の営業実績に響くため、バランスを考えないといけません。外勤では、営業立ち寄り先をスマートフォンのアプリでチェックインして足跡を上司が確認することができます。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

年収は、自身の入社6年目で470万円です。
賞与を除く毎月の給与内訳は、
①生計給:勤務年数により決定
②業績給:個人の給与等級により決定(全6等級)
③営業手当もしくは研究手当:一律4万円 ※事務職は支給無し
④残業:残業代は1時間2000円(深夜22時以降は1.25倍)

以上のほかに、非課税の手当てがあります。金額は2等級の場合です。
・外勤費:1日に4時間以上の外勤で800円
・出張費:100km圏外への出張で13,000円
・日帰り出張費:100km圏外への宿泊を伴わない外勤。2000円

給与に関係する等級は以下の通りです。
等級1:高卒・専門卒・短大卒の新入社員。
等級2:大卒・院卒の新入社員。等級1で3年程従事後昇級。
等級3:10名ほどグループリーダークラス。自身の業績に加え、部下の育成が評価に入る。
等級4:係長クラス。各営業所の副所長。昇級には面接・作文などが必要。
等級5:課長クラス。営業所所長クラス。エリアマネージャー。昇級には面接・作文などが必要。
等級6:部長クラス。本社営業部など、全社の統括マネージャー。昇級には面接・作文などが必要。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

経営トップは家族経営なので、世代交代時に社長との合う・合わないがあります。ですので、次期経営トップについては不安はあります。

事業規模としては国内シェアトップではありますが、世界規模としては10程度です。

業界としては韓国製や中国製の製品が安く販売が広がりを見せています。また製造製品の流通が代理店から通販に変化してきており、販路に大きな変化が起きている途中です。通販メーカーの独自製品も価格が安く、ディスポーザブル製品から切り替えが進んでいて太刀打ちできない状況です。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

歯科衛生士の資格をお持ちの方は、働くことをお勧めします。理由は、歯科医院に勤務するとかなり狭い世界での仕事になり、一般的なビジネスマナーやPCスキル、プレゼンスキルが身につかないからです。また、医療業界の最先端の情報が耳に入ることや、詳しい製品情報、また競合製品を勉強することで、大学では学べなかった知識を得ることができます。

業務としては残業・休出が多いため、未婚の若い年代しか務めにくいと思いますが、5~10年ほどに限って見れば、勤めて益のある会社だと思います。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性で管理職になるのは難しいと思います。育休・産休はありますが、時短勤務は聞いたことがありません。

両立の難しさの理由としては、育休・産休後に配属先が変わってしまうためです。管理職を務めている者はほぼ全て、営業・研究職の出身ですが、育休・産休後、多くは営業職の早朝~深夜の勤務が不可能になり、社内事務にまわります。その後業務で評価されなくなるように思います。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内結婚がかなり多い会社です。入社1年目に1か月間、富士小山工場にて同期全員が同じ寮で工場研修を行います。そして社内恋愛・社内結婚がいくつかなされます。ただし、結婚相手が同じ部署の場合は、どちらか片方が別の部署に異動になることが多いです。

社外の出会いは、女性との出会いが多い業界です。

オフィス環境についておしえてください。

名古屋営業所について記載すると、最寄り駅は名古屋市営地下鉄、東山線、覚王山駅です。通勤は最寄り駅から徒歩5分。最寄り出口にはエスカレーター、エレベーターなし。雨天は傘が必要。歩道がきちんと整備されているが急な坂道。道中、ミニストップあり。

会社社内は、自動販売機、ポット、電子レンジあり。お手洗いは1~4階の各階に複数あり。男女別。ロッカーは個人に2個。更衣室も男女別であり。吹き抜けが多いため、空調は効きづらい。席はフリーアドレス制、ただし、実状は固定制。

回答日:2018-10-17  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事