住友電工|住友電気工業株式会社の年収・評判/30歳、大学院卒総合職の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:30歳~33歳
現職(勤務年数6年~7年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(修士)
文理:理系



年収:680万円
残業時間:25時間
有給取得率:75%


社内における自分の年収状況:年収の内訳は基本給380万円、残業90万円、手当50万円、ボーナス160万円ほどです。同年齢の社員内では平均年収以上と考えています。評価自体はさほど差はないと思いますが、残業時間が平均より多いためです。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.625)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(4)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:生産技術


品質管理手法等を用いて、電線等の被覆材製造における不良率低減や段取短縮の業務に取り組んでいます。具体的には、新製品や既存製品の材料配合の変更があった場合、異物混入や製品の外観に異常があったり、求められる特性が得られなくなるということが起こりえます。そのようなことがあった場合に、原因は何なのかを特定して状況を改善する対応をしています。また、段取短縮においては、工程分析を行い、適宜、作業内容の見直し修正を行っています。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいは結果が出たときに感じます。私は生産に関わる仕事をしているため、どの程度コスト削減につなげることが出来たのか数値として把握できるので、うまくいったときは、とてもやりがいを感じます。

大変なところは、他部署との調整です。仕事を進めていく上で、私の所属部門の他に、開発、生産管理、品質管理等の様々な部署と関わりながら仕事をする必要がありますが、それぞれの部門での考え方の違いから板挟みになることが多く、意見調整が大変です。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒であれば、自分の考えをきちんと伝えることができ、元気が良い人が歓迎されます。自分が学生時代に取り組んできた内容(理系であれば研究)について、背景や課題をきちんと理解しているか、それについてどのように取り組んで結果が得られたか、今後の取り組みはどう進めていくか等、考えて行動しているかが採用要否の差になっているように感じます。

若手のときは、面倒なことでも引き受けて行動する人が重宝され、自分の考えについて主張が強すぎる人はうまくいかない傾向にあります。

中途採用社員の方は、年齢が上というだけの理由で、自分の業務以外の面倒ごとを避ける傾向にあるように思います。

人事制度や出世コースについておしえてください。

出世コースは、製造に関する部門である生産技術、設備や研究開発の部署です。特に自動車関連の部門は出世しやすいようです。一方、コーポレート部門は、出世スピードが遅いように感じます。

出世する人材は、自分の意見をきちんという人、悪くいえば、自己主張が強い人が出世しているような印象を受けます。評価方法は、年に一度目標を立案し、それに対しての達成度により評価していますが、ほとんどの人が同じ評価になり、ほとんど差はつきません。頑張っても、評価が横並びなので多少不満ですが、毎年きちんと定期昇給はあるので、そこそこ納得はしています。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

ワークライフバランスはとりやすいとは言えないです。忙しいときは、月の残業時間が40時間程となり、毎日帰宅時間が22時くらいになることも多いです。ただ、有給については、最近、会社内で年間7割程は消化するように目標を掲げて取り組んでいるので、従来よりも休みやすくなってきてはいます。したがって、今後は、徐々にワークライフバランスはとりやすくなってくると考えています。

長期休みについては、毎年、GW、お盆休み、年末年始に、それぞれ8~9日程休むことが出来ます。ただ、長期休みの日程が固定されていることが残念です。シフト勤務やフレックス勤務の仕組みについても、最近は導入を進めている状況です。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

大卒の総合職で入社した場合の年収は、大まかに30歳で600万円、35歳で800万円、40歳で1000万円前後です。なお、有価証券報告書で公表している平均年収は約800万円(平均年齢41歳)です。

各役職の到達年齢は最短で、係長級32歳、課長級38歳、部長級46歳で、大卒入社であれば、ほとんどの人が課長級まで昇進しています。大きな昇給タイミングはそこまでなく段階的に昇給していきます。大学院卒であれば、入社後3、5、7年目に昇進試験があり横並びで昇進し、昇進のスピードに差が出てくるのは課長級からです。

定期昇給の額は評価によって決まりますが、ほとんどの人が同じ評価に落ち着くため、同年代であれば年収差は残業の過多や結婚の有無の影響がほとんどです。

年齢の中途・新卒で年収・昇進に差は特になさそうです。

福利厚生としては、独身寮(30歳まで1万5千円前後)、住宅手当(独身は最大3万円、既婚は最大6万円)、確定拠出年金、持株会等があります。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

将来性はあると考えています。リーマンショック後に売上・利益共に落ち込んだ時期がありましたが、ここ数年は売上・利益共に増加傾向です。また、年々、従業員も増加しています。会社の売上の半分以上は自動車関連の製品に関する売上であり、自動車自体もしばらくは新興国を中心に需要の増加が見込まれているので、それに伴い企業の売上・利益も増加してくるものと思います。

一方で、長期的な視点で考えると自動車関連の売上が半分を占めることはリスクにもなり得るので、他分野での売上を増加させることが課題です。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

男性であればトータルで考えた場合はおすすめします。仕事量は多いものの平均以上の待遇が得られるためです。また休暇についても毎年、長期休暇があり、有給休暇も取りやすくなっています。評価・人間関係については、年功序列であることと横並びの評価のため、若いときは不満なこともありますが、40歳前後の管理職までなった場合は、ある程度満足できると思います。また将来性もあると考えます。

一方、女性の場合は、仕事量が多く転勤の可能性もあることから、仕事と家庭の両立は難しいと思いますので、今のところあまりお勧めはしません。今後は良くなってくるとは思いますが。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職の道は開けています。具体的に女性管理職の比率目標を掲げて行動しており、徐々にですが増えてきています。

総合職女性の場合は、育休・産休・時短勤務については、そこまで取りやすいとは思いません。会社としていろいろと取り組んではいるようですが、仕事量の多さや、海外勤務、転勤の有無を考慮すると管理職と育児の両立は難しいと考えます。なお、一般職の場合は別で、転勤等はないので両立はできると思います。

時短勤務中の評価は特に変わらず、時短勤務中も評価基準が維持され、仕事内容に応じて昇進もあり得ます。時短勤務でも不当に役職が下げられる等といった不公平なことはありません。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内には男性が圧倒的に多いので、社内恋愛の数はそこまで多くありません。出会いについても多いわけではないので、出会いは合コンや婚活等、積極的に動く必要があります。

お相手はバラバラです。若いときに結婚する人は大学時代の人と結婚する人が多いです。

オフィス環境についておしえてください。

最寄駅は大阪製作所(安治川口駅の近く)、駅からの距離は徒歩で15分程度です。近くにコンビニがいくつかありますが、カフェやランチをするようなところはほとんどありません。オフィス内はエアコン完備なので快適に働くことができ、席は固定席です。お手洗いは各階毎に設置されています。ロッカー設備はいくつか場所が分散されていますがあります。昼食は社員食堂があり、最近、立て直しをしたのできれいです。また、1食当たり200円程となります。

回答日:2018-10-31  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事