新日鉄住金株式会社の年収・評判/総合職30代院卒の仕事内容、給料などの口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:なし
年齢:30歳~33歳
退職(勤務年数5年~6年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学院卒(修士)
文理:理系



年収:800万円
残業時間:80時間
有給取得率:20%


社内における自分の年収状況:年収内訳:基本給450万、残業180万、ボーナス170万。同じ社内、年齢の社員とほぼ同等。理由はまだ差がつく年齢ではなかった。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(3)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(1)
仕事内容

職種:技術職


生産技術職として工場に勤務。設備投資やプロセス改善を行い生産性向上による利益拡大、歩留改善による原価低減活動、また、老朽更新や安全対策など現場作業者が安全に仕事を出来る環境の構築などを行う。その中で私は担当者として、各案件の企画書を作成する為にデータ収集・分析を行い方向性の決定、その後設備部門やIT部門や生産計画部門などとテスト計画を作成・実行してテスト効果の検証により工場をより優れたプロセスへと改善していく役割を担っていた。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

BtoBメーカーであるが、関わりを持つ業界が自動車、建材、橋梁、造船、鋼管など非常に多岐に渡り、納入先も国内・海外問わずあり、世界を支えているという実感を持ちながら仕事に取り組める。

一方でいまだ工場では生産トラブルが絶えず、24時間稼働する工場のトラブル対策に追われる。また、大きな企業である為、折衝には苦労する。小さな範囲では前後工程の工場、大きな範囲では本社の財務部門などから挟まれながらもうまくかわしていく術が求められる。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用で入社する社員は、旧帝大出身かつ、体育会系ノリが強く自分の意見をはっきり言える人が多い。採用の際に工場見学・懇親会が開かれるが、そこの技術セッションで鋭い意見を言えるかどうか、また、先輩社員と話す機会が多く与えられ、そこで最低限の礼儀を見られている。

工場ではとにかく改善スピードが求められるため、それについていける人材は重宝される。24時間稼働する工場で勤務出来るタフさが無い人材はうまくいかない。

中途社員が花形と呼ばれるような仕事をするケースは少なく、中途採用社員については実力と役職が見合っているとは感じない。

人事制度や出世コースについておしえてください。

【出世する人材の特徴】声が大きく周囲を引っ張る人が多い印象だが、基本出世する人は合理的かつスピード感のある判断が出来、経営視点が身についている人である為、人事の公平感は強い。しかし、紙一重であるが、ワンマンシップで、紙一重でパワハラのようなことを平気でしてくる管理職もいる。学閥は私が聞く範囲では無く、実際にも無いように感じる。噂では東大学閥などもあるが私は感じたことは無い。

【評価制度】40歳くらいまでは年功序列だが、当然評価はされており、40歳以降にそれまでの成果に応じて成果主義で昇進が決まっていく。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

塹壕時間は月80時間ほど(残業の拘束時間の中で休憩時間として控除される時間含む)で、平日に家庭や趣味との両立をはかるのは困難。仕事に没頭することがワークライフバランスの基盤であると教えられる。残業は常に発生し、要因としては人員に対する仕事量の多さ・帰りづらい雰囲気の両方がある。

休日もどちらか1日は出社し、平日出来ないワークの穴埋めを行うことがほぼ定常化している。またトラブル時は休日、夜間問わず呼び出しがあることがある。有給取得しやすい雰囲気は無いが、家族の病気時など最低限の時は取得可能で、3~5日ほどは有給休暇を取得している。会社にいることが頑張っているとみなされる傾向が強い。

在宅、時短勤務、育児休暇など時々に必要な勤務制度を利用している人はほとんどいない。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

総合職の各年収は、一般社員が600万~800万程度(~33歳)。管理職になると900万~1100万程度(~40歳)。室長が1200万程度(~45歳)。部長は1500万程度(~50歳)がおおよその目安。

一般層の間に2回昇格試験があるが、そこでは差はほとんどつかない。一般から管理職にあがる際に若干年次差が生まれ、年収に差が開き始めるのは管理職から室長に上がれるか上がれないかという年齢になってから。

福利厚生については社宅・独身寮は一定レベルと言って良く満足できるが、社宅・寮を出たものには手当はない。

中途採用社員については、総合職の中途社員はほとんどおらず、いたとしても、新卒がやめてしまった過酷な職種を継いでおり苦労している印象。また、昇進は遅い。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

鉄が求められなくなることは無いが、他素材への切り替えは着実に進んでおり、これまでのように殿様商売の姿勢では時代遅れになりそう。また、海外新興国の台頭が著しい為、変化に柔軟に対応できないとこれまで以上に世界で見た時に序列が下がっていく可能性は高い。兎に角、変化を好まない社風であるため、そこを良しと見るかそうでないと考える化で見解が分かれる。(私は良いと見ず退屈であった)

ただ、社員は優秀な人が多いため、硬い思想から脱却してチャレンジングなマインドを持っていけば業界内での立ち位置を取り戻すことは可能であると思う。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇は良いが、残業代が多くを占めている為、長時間労働が苦にならない人にはおすすめ。また周囲の人間は優秀であり、また、採用方針かノリ・雰囲気が似ている人が多い為仕事はしやすい。

一方で、社風として堅く、変化が遅いことがある為、新しいことへのチャレンジや自分の意見を形にすることの難易度は非常に高い。そこをやりがいと見るか、無駄な社内の調整と見るかは人それぞれだが、私は困難と見たため、おすすめ出来ないポイントである。

女性が活躍しやすい環境ですか?

工場には女性管理職はほとんどおらず、また、長く勤める人がいないため、今後も同様の傾向は続くと思われる。

女性の少なさの理由として、産休・時短などの勤務事例が少ないことがある。1年前に1人時短勤務を取り入れたケースがあったのでそこをモデルケースとして増やしていければ環境は変わると思う。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

一般職or総合職の女性と総合職の男性が結婚する例が多い。同期であったり、同じ職場で良く顔を合わせる場合が多い。

県内での知名度はかなり高い為、合コンなどで出会うことも多く、自分から積極的に行動すれば出会いに困ることは無い。

オフィス環境についておしえてください。

大分県の工場で勤務。最寄り駅は高城駅(徒歩15分程度)。
工場へは車通勤する者がほとんど。駐車場の数や広さは十分。ロッカー設備の数も足りないことはまずない。

工場敷地内には食堂が1つ。しかし、食堂から遠い建屋が多く、そこでは売店がある。工場周辺にはカフェやレストランはない為、弁当持参・コンビニ弁当・売店利用のどれかに分かれる。工場作業者と共同の建屋である為、床・壁はどろ汚れが目立ち、また建屋も古いため全体的にきれいとは言えない。

回答日:2018-11-02  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事