パナソニック株式会社の年収・評判/海外大学卒の営業職、主事の口コミ

※写真はイメージであり、当該口コミとは特に関係はありません。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:主事
年齢:44歳~46歳
現職(勤務年数18年~19年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:800万円
残業時間:60時間
有給取得率:15%


社内における自分の年収状況:年収の内訳:基本給550万円、ボーナス150万円、諸手当100万円。年収は同期のレベルと比較すると一般的。年功序列が文化で組合員である以上、仕事成果には差をつけない文化がある。但し、課長職になった同期は100万円以上年収が上。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.25)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(1)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容

職種:営業


自動車業界への営業開発が業務内容。具体的には自動車業界に対してシステム商品、部品を採用してもらうために技術提供する営業開発を担当。カーメーカーを頂点に、その下請けであるTier1や、2次請けであるTier2の位置づけで技術面を出し、評価を受け、認証をもらうプロセスに従事。認証後はカーメーカーまたはそのTierから試作、量産までの製造認証を受け部品納入するのが一連の営業開発。営業開発責任としては納品後の価格、品質クレームも納入先の窓口業務も実施。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

部品、システム商材を顧客に理解してもらうために自ら知識をつけることができ、顧客からは社内の文化や風土を含め評価してもらえる。ブランドネームと顧客からの信頼度については、非常にやりがいを感じる。また、社内では社内技術、品質評価、購買と連携しながら開発営業が主導となり進められるので満足度は高い。

反面、新規商材開発や新規提案となると、手間・研究費の増大で、なかなか社内提案ができない。結果、既存品の範疇で顧客に新規技術を提供できないジレンマが生じる。保守的な面が風土として強く、新たな挑戦については社内決済含め取得するために苦労する。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒については国際化の波で英語、語学力特に英検やTOIECの点数で積極採用しているように見える。私も海外の大学を卒業したが、グローバル適応力と英語力、昇進含めてTOIECのある程度の点数が取得出来なければ役職にもつけない。社内で上司と上手くやっていける人柄や順応度、明るさ、元気良さが重宝される。知識、スマート、クールで仕事とプライベートの両立を打出すと社内文化ではあまり好まれないのが実態。

中途採用の人材評価は、新卒同等の公平さを感じる。但し、独特の社内文化があるので、それにある程度順応できないと良い評価は得られない。独自の研修制度があり、入社時からその研修経験を体験できているのといないのとでは違いが出る。中途の方は、同期での合同研修等には参加できていないので不利なように思う。

人事制度や出世コースについておしえてください。

採用当初から、人事は総合職の中でも出世コースの人材を確保しており、配属先の処遇から異なる。例えば、営業であれば持たされる度合いが他の社員とは全く異なる。社員研修会の参加、費用の掛け方も異なり、職場の役割等も最初から異なる。

学閥は存在し、役員の目のかけかた一つも大きく変わっているように思うので、出世と学閥も大きく存在しているものと思われる。評価制度は年2回、上司と目標値を決め、KPIに対する評価を実施するため、見た目成果主義である。評価基準は毎年人事が変えるため、何が基準なのか不透明な部分が多い。よって、総じて年功序列のように思われる。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

私の残業時間は月60時間ほど、有給消化は年に3日ほどで、ワークライフバランスは取りにくかった。フレクッス等あるが、営業開発なので、客先の時間に拘束されることが多く、言葉のみ存在している社内メリットとなっている。業務実態は多くの労働時間を費やされ、フレックスも意味をなさなくなっている。

また、自動車業界の業務日程は祭日が可動の場合も多い。パナソニック社内で自動車業界に関わらない部門は休日であっても、自動車に関わる部門は可動となるので、私は出勤していた。代休はいただけるが、代休を取得できたとしても問合わせや突発業務で結果休めないことが多い。

開発営業の宿命として、社内で技術・生産に携わる他部署との調整や社内会議に追われ、日常業務がスムーズに行かず、残業を余儀なくされるケースも多い。良い面としては、年末、ゴールデンウィーク、お盆休みと、自動車業界は一斉に長期休暇を取得するので、その時だけは仕事から開放される。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

私の年収は主事で800万円(位置づけ総合職)、課長職で900万円、部長職で1200万円。到達年齢は課長職は45歳程度 部長職は50歳程度。課長職以上は組合から外れるので基本裁量労働制。

組合があるので年功序列。但し、役職者である課長以上になると年齢差、評価基準でもらえる金額は変わる。

組合員は残業代は支払われるが、組合と会社側が協定で20時間まで決められている。よって残業代を20時間申請するのはかなり稀なケース。

福利厚生の中で退職金の扱いに関しては2つの選択肢があり、賞与上乗せまたは確定拠出年金となる。

出張手当としては昼食500円、夕食を取った場合に1000円と合計で1500円が最高値。顧客との接待、交際は事前申請でなければ個人負担となる厳しい環境。また、役職が課長職以上となると、部下との交際手当等が付与される。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

既存技術に頼りすぎているように思われるが、新規技術がなければ業界から取り残されると感じる。自動車業界の部品商売と考えず、新たな視点でお客を獲得しなければ成長することは厳しいと思う。

社内文化、風土で新しいものや仕組みを取り入れる雰囲気があまり感じられないため、人材的にも飛び抜けた発想ができる環境にもないと思われる。安定を目指す職であれば非常に良い会社だと思うが、技術開発、顧客開発、市場開拓の目線では組織として革新的なことをすると否定される部分が多い。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

待遇面では一般的に向上心がなければ非常に働きやすい会社。社風、文化も独特でこれに合わせられるのであれば最高の環境だと思われる。また部署、職種によっては違いがあり、ラインとスタッフで考えるとスタッフ職は非常にやりやすい会社だと思う。

ものづくりや営業に携わる職についた場合は、日頃の業務をこなすのに能力、体力を要するので、それが出来るのであれば良い環境。残業、休日出勤もあるので、ゆとりを感じながら仕事をしたいのであればラインは合わないと判断する。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理者は増やす動きもあるが、まだまだ男性社会。役員で女性は未だいない。

但し、育児、産休に関しては2年間取れる仕組みが有る。時短勤務に関しては事業場の環境次第であり、周囲の理解があれば可能。但し、職場によってはそれも取れないところも実態としてはある。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

会社組織が大きいことと、社内業務での観点より、基本社内恋愛が多いと感じる。社外の人と結婚するケースと比較すると、半分は社内恋愛ではないかと思う。

また、社内行事やクラブ活動が充実しており、それらの効果も影響していると思われる。会社の親睦会が比較的多いのも要因の一部のように思う。

オフィス環境についておしえてください。

新豊田駅にある雑居ビルを賃貸したオフィスで、最寄り駅からは徒歩5分。雨天は傘必要。手洗いは他テナントとの共同。

固定席で、ロッカーは有り。その他、喫煙所、休憩所も備わっており、仕事をする環境としては特に不便は感じない。

カフェ・ランチをするレストランも多数存在する。駅近郊であり、食事、または職場での交際に使う居酒屋等は充実している。但し、鉄道路線があまり充実しておらず、終電時間が早いのが難点。また、バス、タクシー等、公共交通機関が限定されるため、移動には非常に問題がある。結果自動車通勤を余儀なくされていた。

回答日:2018-11-16  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事