タイヘイ株式会社の年収・評判/転職で採用された営業職正社員の口コミ

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:主任
年齢:27歳~29歳
退職(勤務年数1年~2年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:大学卒
文理:文系



年収:450万円
残業時間:90時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は基本給25万円プラス歩合月平均5万円プラスボーナス90万円。社内の同世代と比較したら、歩合があったため、2~3万円は高かったと思います。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.5)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(1)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(5)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容

職種:営業


業務内容は印刷物のルート営業、新規開拓です。当時営業は30名弱、全員に会社支給のタブレットと社用車がありました。主に折り込みチラシやフリーペーパーの印刷の営業を行っていました。会社としては広告代理店のような、作り込みから行う場所もあるので仕事の2割は広告代理店、8割はチラシなどの営業といったところです。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

やりがいは自分の手がけたものが世の中に出回るところでした。

一方で大変なところは多くあります。基本的に有給や時差出勤などの制度は形だけでほぼ、利用することができません。また、繁忙期には工場がパンクし、営業が自ら手伝いに行くなど、時期によって忙しさがまったく違います。また、クライアントによって納期も様々なため、日常の退勤時間もまったく読めなく、平均すると21時前後でした。それに売上主義なので残業代もつきません。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途入社で、もともとバリバリの営業スタイルの会社ですので体育会系出身の根性があるところを買われて採用されました。主任で迎え入れられたのは異例だったと思います。常務のいうことは絶対の会社なので多少のお気に入り待遇だったように感じます。そういう意味では実力以上の待遇だったと思います。

ただ、周囲の中途採用者の入社時の待遇が適正とは思いません。在籍時、そこが不満で中途社員の退職が多かったためです。スタート時の基本給は新卒より中途の方が良かったです。

人事制度や出世コースについておしえてください。

がっつり、稼ぐか、上司に気に入られる人がもっとも出世が早いです。気に入られるタイプは、社内営業もできて、体育会系、のりがよく宴会等でもしっかり盛り上げることができるタイプというところでしょう。また、接待の席もあるので上司をたてることもできて、対応もうまく酒も飲めるのがベストです。

あとはとにかく稼いでくること。数字が全ての会社のため、一番早い出世は結果を見せることです。プロセスは一切評価されることはありません。やったぶんは大きくボーナスに反映されます。ボーナスがよければ自動的に昇進がはやい目安となります。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

ワークライフバランスはまったく取れません。営業はお客さんに顔を見せていること(社内での見せ方)も重要だという考え方です。たとえ、事務処理に追われていても午前中のうちに営業にでなければならないので、そのぶん残業にまわります。

一方で一点だけ良かったとすると社用車の仕様が自由だったところです。申請さえすれば(簡単な書類の記入のみ)通勤時に使うこともできますし、プライベートでの使用も可能でした。営業全員に一人一台支給される点は、会社自体が大きかったためであると思います。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

営業職が社内でもっとも高収入です。役職は部長、次長、課長、主任、課員という構成でした。基本給は新卒で22万円、福利厚生は家賃補助が5000円です。基本給プラス歩合制ですので私は一年目主任で月平均30万弱でした。ボーナスは月の給料3ヶ月分ほどで年2回支給されます。部長、次長、課長は歩合制ではなく基本給が高額です。

当時ですが、部長:月70万円、次長:月60万円、課長:月45万円でした。

主任と課員に関しては月々の売上実績が目標より上回った場合に歩合が発生します。下回った場合には基本給のみです。中でも一番評価されるのは新規の獲得です。一件につき、4万円プラス売上の1パーセントが加算されます。昇進には新規獲得が一番のポイントです。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

業界としては縮小傾向にあります。そもそも紙媒体が減っていることにより、小さな印刷会社はどんどんと、潰れています。我が社も赤字続きのようでしたが、体力があったのは母体であるフード事業部(宅配食事サービス等)が、あったためです。

また、業界的にも商品の品質はどこがやっても大差がありません。なので、安さと速さ次第ではお客さんもベンダーをすぐに変える業界です。母体で大きい別事業を行なっていない会社は衰退していくと思います。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

個人的にはおススメはできません。業界自体伸びがありませんし、営業スタイルも変わることはないように思います。一方でがっつり稼ぎたい、やったぶんだけ評価されたいかたにはおすすめかもしれません。

中でも体調を、くずして辞める人は多かったです。突然いなくなってしまう人もいました。とにかく数字を作ることだけが、評価されます。合う人は長く勤めてがっつり稼いでいました。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職はいませんでした。今後も異例がない限り、出てこないと思います。営業職30人中、4人は女性でしたが、よっぽどの営業成績が2年以内にでなければ、大きな昇進はまずないと考えられます。完全な男性社会の業界です。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内では男性が圧倒的に多いため、社内恋愛はありませんでした。一方でグループ会社や関連会社には栄養士の女性が多くいたので、グループ全体の研修等で一堂に会した際には、多少の出会いがある場合もあります。社内たから特別祝いとかはないようです。

オフィス環境についておしえてください。

本社は瑞江ですが、印刷事業部の事務所は千葉県の市川市になります。最寄駅は、JR総武線の下総中山駅か東京メトロ東西線の原木中山駅になります。どちらも徒歩10分程度で事務所につきます。

下総中山駅付近には居酒屋が多く、社員証を、見せれば割引という店も3〜5店ほどありました。またどちらの駅とも、繁華街である西船橋駅まで一駅でしたので、忘年会や新年会は電車で一駅かタクシーにのっていくことが多かったです。カフェ等はあまり多くありません。

回答日:2019-01-25  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事