富士通株式会社の年収・評判/マネージャーの口コミ、働き方改革で管理職の残業は増えた。

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:マネージャー(課長)
年齢:44歳~46歳
退職(勤務年数26年~27年)



男性
新卒採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:理系



年収:1080万円
残業時間:70時間


社内における自分の年収状況:年収は、基本給:260万、職責給:490万、ボーナス:330万。役職付きのため、平社員よりは高い。同じマネージャー職の中では一般的な年収。マネージャー昇格が平均的な年齢、かつ、評価が真ん中ぐらいであったため。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(2.125)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(1)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(1)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:SE


基本的に一次受けベンダとして、主にデータセンター及びオンサイト形態でのアウトソーシングサービスを提供。具体的にはインフラ構築、PC/サーバー運用、クラウドサービス、キッティング、ヘルプデスク等を実施。自身は管理職として通常業務におけるお客様カウンタ(責任者)としての立場でチームを率いています。最近は他社製品を扱うことが多いため、外部ベンダともアライアンス、協力関係を築きながら業務を行っています。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

一番はやはりお客様から感謝の言葉をいただいた時です。アウトソーシングを適用し、お客様事務所からデータセンタへのサーバ類移転や、オンサイトでも要員導入する際は一つの経営判断となります。そうしたプロジェクトが無事に完遂できた時はお客様から感謝され、長い時間をかけた労力が報われたとメンバと喜びを分かち合うことができます。


一方で大変なところは、基本的に24時間365日運用であるため、トラブル時はいつどこにいても電話がかかってきて、対応せざるを得ません。お客様が困っているため何とかしますが、プロジェクトにはギリギリの要員しかいないことがほとんどで、たまたまこのメンバが近くにいてくれて助かったというような綱渡りのことは日常茶飯事です。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

新卒採用は基本的にはコミュニケーション力重視のように思います。通常はチームでの業務が基本となるためです。ただ、面接ではどうしてもその時の印象に左右されてしまっていると感じます。何回か一次面接官を担当しましたが、人事からは「一緒に働きたいかどうかを基準にして結構です。」と言われていました。そうした背景もあってか、最近はインターン制度での採用にも積極的です。

雑用と思われる仕事でもまずはやってみる等、素直で何でも吸収しようという姿勢を持っていると社内でうまくいきます。大企業にありがちな、とんがった人材は落とされていく傾向はあると思います。技術的に天才的なものを持っていても、特別扱いはできないため、やはりチームとして和を持って働けない人は苦しい立場になってしまいます。

中途採用については、前職の給与やキャリアを鑑みた採用がされていると感じます。

人事制度や出世コースについておしえてください。

SEとしては、大規模プロジェクトに配属され、そこで技術力・マネジメント力を養い頭角を現して出世していくというパターンが多いです。まじめに黙々とやるタイプでも管理職にはなれますが、だいたい一番下の階層(課長~部長クラス)で止まります。それ以上(部長~事業部長クラス及び本部長クラス)になっているのは性格的に上昇志向が強いタイプです。

出世に関してはあまり学閥の影響は感じません。学閥ではないですが、やはり好き嫌いで引きあげられたり、いい評価(成果主義)したりということは存在します。一部、評価者に気に入られるということを最優先に仕事をしている方もいます。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

制度や環境面としては、シンクライアントシステム、サテライトオフィス等、整備されてきた部分はあります。しかしながら、私の立場としてはワークライフバランスは取りにくいと言わざるを得ません。

働き方改革、昨今の社会情勢から、若手は「極力残業をしないように。」と言われています。一方、中堅以上、管理職等はタイムカード管理ではないため、若手が残業できない分を中堅以上のメンバーがカバーしている実態があります。そのため、私の残業時間は60~80時間ほどになります。

制度や環境は整備しようという努力は見えますが、それで効率化できるのは移動時間程度のもので、根本的にやること(しかも社内事務)が多すぎるため、現場全体の負担が減っていないのが問題です。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

ボーナスによって変わる部分もありますが、概ね30代、残業込みで500~550万。但し、働き方改革や昨今の情勢もあり、残業は昔ほどはできなくなってきています。40代主任クラスで800~900万。評価が良い場合はボーナスの影響で1,000万を超えることも有ります。
平社員の場合はこの水準が続きます(降級等が無い場合)。

管理職は若手枠もあり、若い人では35歳ぐらいで昇進する人も結構いますが、平均では40歳前後で昇進が多いパターンです。管理職は3階層に区分されており、一番下のクラス(課長~部長レベル)で1,000~1,300万程度。真ん中のクラス(部長~事業部長レベル)で1,400~1,700万程度。一番上のクラス(本部長レベル)は2,000万程度。その上が役員となります。

業界的に人不足のため、特に最近は中途採用にも積極的です。中途入社者でも実力があれば上がっていくことはできます。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

業界的にはクラウド指向が一層強くなっていくと思われますが、本企業については将来性は危ないと感じます。本企業もクラウドサービスを展開していますが、アメリカ系企業の投資の足元にも及ばない額で、差が開く一方です。

実際、社内でもアメリカ系企業のクラウドのことを「メガクラウド」と呼んでおり、実質、自分達のサービスが劣っていることを認めています。

古くからのお客様が現場のSEに任せられるという安心から、多少の受注はできているようですが、 受注が少ない→投資が絞られる→一層差がつく という負のスパイラルに陥っていると感じます。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

入社する立場によると感じます。古い会社としてのいいところ(制度、福利厚生がしっかりしている等)もありますので、一般社員で入社するのであればありかもしれません。但し、事業環境はこの先かなり厳しくなっていくと思います。

管理職として入社すると上層部からの要求が多く、部下のマネジメントに関してもかなり細かく求めれられるため、あまりお勧めしません。仕事はどんどん降ってきますが、部下には残業させないように等制約がつきます。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性にはかなりやさしい企業であると感じます。育休・産休・時短勤務はかなり以前から制度化されているため、取得している人は多くいます。一部(というほど少なくないかもしれませんが)、自分の権利とばかりに「時短勤務なんで楽な仕事にまわして下さい」と声高に言っている人もいます。

また、ダイバーシティの名の元に女性管理職比率を目標にも掲げており、一部男性社員には逆差別と感じている方々もいます。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

私が入社したころ(1992年)はSE現場は男女比9:1程度でした。女性にとっては選ぶ側になれるため、女性の半数弱は社内結婚していた感じです。

最近は女性SE(営業)も増えてきていますが、どちらかというと大学時代から付き合っている相手と結婚にいたる比率が多いと感じています。

オフィス環境についておしえてください。

大阪、京橋駅が最寄の事務所について記載します。

基本は管理職のみ固定席で一般社員はフリーアドレスです。しかし、部門の独自運用として全員固定席としている部署もあります。建物自体は30年以上前のものですが、過去にリノベーション的なオフィス改造を実施していることもあり、全体的には綺麗です。
2017年に社員食堂やサテライトオフィスをリニューアルしています。

近隣はオフィスビル街であるため、ホテルのレストランや食堂街も多数あります。徒歩約5分で、途中までは屋根のある通路を通っていけますが、最後の1分ぐらいは屋根なしになります。

回答日:2019-01-29  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事