大正製薬株式会社の年収・評判/大卒以上は数年で異動、工業高校卒は現場一筋が多い

回答者プロフィール
性別

総合職
役職:主任(製造工程作業責任者)
年齢:40歳~43歳
退職(勤務年数19年~20年)



男性
中途採用
雇用形態:正社員
学歴:高卒
文理:理系



年収:850万円
残業時間:15時間


社内における自分の年収状況:年収内訳は、基本給450万円、ボーナス210万円、残業50万円、手当140万円。同期と比べると年収は高い。若い頃に業務に必要な資格を積極的に取得し、昇給が同期と比べて大きかった。(年収条件:制限なし)

勤務満足度
満足度総合
★★★★★
★★★★★
(3.125)
職場の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
勤務環境の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
年収・待遇の満足度
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容の満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
業界・企業の将来性
★★★★★
★★★★★
(2)
キャリアUPの満足度
★★★★★
★★★★★
(3)
評価・昇進の満足度
★★★★★
★★★★★
(2)
女性の待遇・機会均等
★★★★★
★★★★★
(4)
仕事内容

職種:医薬品製造


業務は医薬品の生産業務を行っており、本部から指示された生産計画に基づき原料などを搬入、計量、確認し実作業を行っていた。また、製造工程作業責任者であり、担当グループの人員配置、他グループとの連携、担当者への作用指示を行っていた。その他に、生産設備のメンテナンスも担当しており、生産機器の消耗部品交換、突発トラブル時の初期対応、メーカーへ連絡を行い指示を仰ぎ設備の復旧を行う。また、設備を安定稼働させるための改善提案、設備プログラムの見直しなどもあった。

口コミ回答

仕事のやりがい、大変なところを教えてください。

製造したものが消費されているのを薬局等で見かけること、テレビCMで消費者にプロモーションされていることがモチベーションアップになった。

大変な所は医薬品という間違いの決して許されない物を製造しているので、確認!確認!確認としつこいくらいにダブルチェックを行うところ。仕事の性質を考えれば当たり前ではあるが、慣れるまでは苦しく感じることが多々あった。

また薬品を取り扱うのでアレルギー等があると皮膚炎等になる可能性も否定できなかった。ただその様な事があれば配置転換等は柔軟に対応してもらえる。

活躍しやすい人、歓迎される人はどのような人ですか?

中途採用だったが、電気系の資格を多数持っていたので工場での生産に加え、メンテナンスも期待していると言われた。

一般社員として入社し、基本給21万位であった(23歳)同年代高卒者の水準と比べて普通かやや良いと感じた。私が入社した2年後くらいに丁度給与体系の見直しがあり、同年齢新卒との給与を合わせるという事でプラス是正があった。

私の中途入社時は、コネ入社(親戚が在籍や親も務めている)が大変多かったが給与自体は公平であった。毎年の昇給では頑張りしだいで額に差があった。役職は新卒、中途関係なくタイミングによって変わる状況だった。

人事制度や出世コースについておしえてください。

大学及び大学院卒は現場に数年勤務し、その後各研究部署や管理部署に異動する流れが多い。高校卒などは現場一筋で定年までという人がほとんど。

出世するには、どちらかと言えば「イエスマン」系の方が有利であった感がある。または改善などで大きな成果をあげた人など。学閥は製造現場レベルでは感じる事はなかった。
評価制度は年功序列がまだまだ色濃い。評価方法は年度初めに各個人の目標を作成、上司とすり合わせて完成させる。その後年度終わりに出来た事、出来なかった事と課程を確認し評価に反映させる。その反面、業務はほどほどに個人目標とやりましたアピールに注力し上司に取り入ってもらう社員も多々居て納得できない事もあった。

残業時間・ワークライフバランスの状況をおしえてください。

残業は月に15時間ほど。設備のメンテナンス時期などは30時間ほどになるときもある。有給休暇は年間15日間消化していた(リフレッシュ休暇の5日間含む)。希望を出せばほぼ休暇は取得できる仕組みになっていた。年に一度リフレッシュ休暇を取る仕組みが出来ていてほぼ一般や管理職問わずほぼ全員が取得していた。

有給休暇は年間最大20日あり、使いきれなかった分はストックされる。万が一の病気や家族の介護、怪我などで休まざるを得ない場合はストックされている休暇が30日ほどあり、有休と合わせて2~3か月は休むことが出来る。

残業は各配属グループ内で調整しバランスを取りながら行う様になっていた。

年収・賞与(ボーナス)など待遇についておしえてください。

基本的に年功序列的な給与体系。給与体系内にも階級の様なものがあり、主任迄は月給制、管理職以上は年俸制となっており同じ階級でも年々徐々に昇給する。

役職は一般→主任→主事→参事→参与・・・となっており主事以上は管理職扱いとなる。社内のモデルケースによると30歳代前半で主任昇格、40歳代前半で主事昇格となっている。私は主任迄しか知りえないので事実関係は分からないが、社内の(昇格モデル)にあった内容を思い出すと、年収は以下のようであった。

一般社員:J(新入社員)約18万円→R1→R2→R3
主任クラス:RL(主任)私が昇格した時は約35万円(年収だとボーナス・諸手当含んで約800万円以上)
主事クラス:ここより上位は年俸計算となる。(基本年俸と役職手当で900万円前後と思われる)
参事→参与→理事等・・・:主事年俸を考えると年俸1000万円以上と思われる。

聞いた話では主事(管理職)よりも主任で残業等を多くこなしている人の方が給与が多くなる事例も実際にあったと聞いた。ただ、階級が上がれば当然年に一度積みあげられてゆく退職金が大きくなっていく。昇格については、主任迄は勤務年数と前年度の評価を加味し、管理職内で推薦し昇格する形だった。

なお、実際には所属しているグループで上が詰まっている(自分の上の役職が多く余っている)と昇格が難しくなる傾向にある。

また、同職種であれば給与形態は基本的に給与形態は同一の下で管理されていると思われる。研究職、営業職など、異なる職種の間で給与の比較をしたことはない。研修で同席した営業職の方に聞いた話によると、営業職は結果(成績)でかなりの昇給差があるということだった。。人によってはモデルケースより早く昇格している人もおり、主任クラスで年収1000万円弱という人もいると聞いた。

手当は住宅手当、家族手当、通勤手当、指定地域に勤務の場合は寒冷地手当、その他では持ち株会や財形貯蓄等には会社から多少の補助が出る。基本的な手当はとても充実している。

中途と新卒の年収差はない事になっている。前職の勤務年数を現在の会社に勤務していたと換算する計算となっている。大きな昇給タイミングはやはり役職昇格時、数万円の昇給がある。

業界・企業の将来性をどのように思われますか?

製薬会社として需要の安定した仕事なので、勤務していての安心感がある。本業(製造)に徹するポリシーがあるので、会社の考え方の”芯”はぶれていない。数年前に社長が代替わりし、CM等でのタレントを使用したイメージ変換戦略も強まってきている。

リポビタン、パブロンなど誰でも知っている有名商品があるが、有名ブランドであるが故に転換の難しさ、守らなければならない苦しさがある。実際に生活者の多様化によりブランドの売り上げは年々下がっている事実がある事と、医科向け商品の弱さが不安要素。

総合的に転職・就職することについてどう思いますか?

基本的に安定した企業であり、働く側としても恵まれた環境(福利厚生、給与等)であり働く事はお勧めできる。私の勤務していた製造部署での話ではあるが、出世、昇格に関しては年功序列感がまだ強く、さらに仕事が優秀であっても直属の上司と合わせないと後回しにされる空気もまだある、良くも悪くも「イエスマン」であった方が上司受けは良いと感じた。

しかし、上記の事を考えてもトータルで働く事はお勧めできる、会社のブランド力が大きく安定イメージが強いので住宅ローンなどもほぼスルーで通過する。

女性が活躍しやすい環境ですか?

女性管理職を積極的に取り入れているが、現状では50~60歳の社員数にボリュームがあるので女性管理職はまだ少ない状況。

育休、産休は取りやすい環境である。実際に出産、育児休暇を経て職場復帰している方も大勢居た。男性も配偶者が出産した時に特別給がが数日付与される。

社内恋愛や社内結婚、社外の出会いはありますか?

社内恋愛は製造現場では少ない、新卒などの採用が数名しか居ない状況なのでお互い相手が居ない。研究所などは女性も多く社内恋愛から結婚という話はよく聞く。

社外での出会いの場はやはり友人や共通の趣味といった所から恋愛になる話をよく聞く。実際に私も社内ではなく共通の趣味で妻と出会った。

オフィス環境についておしえてください。

大宮工場(大正製薬の基幹工場)
最寄り駅:JR東大宮or宮原(徒歩で30分くらいかかる)
     埼玉新都市交通ニューシャトル吉野原駅(徒歩5分)

勤務環境:
各個人にメールアドレスが貸与され、基本的に共有PCを使う。立場により専用PC貸与もある。専用(無料)駐車場はあるが工場から徒歩10分、荒天時には工場につくまでに雨濡れする。工場内にはトイレ、食堂(有料給与天引き)、コンビニ、ATM等はあるので買い物等で外に出る必要がない。

回答日:2019-02-19  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
sponserd link

おすすめ記事

おすすめカテゴリー記事